言葉の使い方の例文

【京間】と【団地間】と【江戸間】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「京間」(読み方:きょうま)と「団地間」(読み方:だんちま)と「江戸間」(読み方:えどま)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「京間」と「団地間」と「江戸間」という言葉は、どれも畳の大きさ、規格を意味しているという共通点があります。
言葉の使い方の例文

【幽霊】と【妖怪】と【お化け】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「幽霊」(読み方:ゆうれい)と「妖怪」(読み方:ようかい)と「お化け」(読み方:おばけ)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「お化け」と「幽霊」と「妖怪」という言葉は、どれも人知を超えた存在を意味しているという共通点がありますが、本来の意味は少し違います。
言葉の使い方の例文

【舟】と【船】と【舩】の意味の違いと使い方の例文

同じ「ふね」という読み方、似た意味を持つ「舟」と「船」と「舩」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「舟」と「船」と「舩」という言葉は、どれも水上を移動する乗り物を意味するという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【野菜】と【果物】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「野菜」(読み方:やさい)と「果物」(読み方:くだもの)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「野菜」と「果物」という言葉は、どちらも食用の植物を意味しているという共通点があります。
言葉の使い方の例文

【貴社】と【御社】と【弊社】と【当社】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「貴社」(読み方:きしゃ)と「御社」(読み方:おんしゃ)と「弊社」(読み方:へいしゃ)と「当社」(読み方:とうしゃ)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「貴社」と「御社」と「弊社」と「当社」という言葉は、どちらも会社を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【川】と【河】と【河川】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「川」(読み方:かわ)と「河」(読み方:かわ)と「河川」(読み方:かせん)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「川」と「河」と「河」という言葉は、どれも水の流れている土地とその形を意味するという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【絞る】と【搾る】の意味の違いと使い方の例文

同じ「しぼる」という読み方、似た意味を持つ「絞る」と「搾る」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「絞る」と「搾る」という言葉は、どちらも物に含まれている水分を取り出す動作を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【異常】と【異状】の意味の違いと使い方の例文

同じ「いじょう」という読み方、似た意味を持つ「異常」と「異状」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「異常」と「異状」という言葉は、どちらもいつもとは違うことを意味するという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【ドキドキ】と【ワクワク】と【ハラハラ】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「ドキドキ」と「ワクワク」と「ハラハラ」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「ドキドキ」と「ワクワク」と「ハラハラ」という言葉は、どれも興奮や緊張を意味するという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【先祖】と【祖先】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「先祖」(読み方:せんぞ)と「祖先」(読み方:そせん)の違いを分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、このページの使い分け方を参考にしてみて下さい。「先祖」と「祖先」という言葉は言葉は同義語で、どちらも世代を遡った血縁者という同じ意味を持ちますが、それぞれの言葉の使い方には少し違いがあります。