hatahata

言葉の使い方の例文

【予定】と【計画】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「予定」(読み方:よてい)と「計画」(読み方:けいかく)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「予定」と「計画」という言葉は、どちらもあらかじめ定めることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【排斥】と【排除】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「排斥」(読み方:はいせき)と「排除」(読み方:はいじょ)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「排斥」と「排除」という言葉は、どちらも受け入れられないことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【度量】と【器量】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「度量」(読み方:どりょう)と「器量」(読み方:きりょう)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「度量」と「器量」という言葉は、読み方は似ていても意味は大きく異なりますので、ご注意下さい。
言葉の使い方の例文

【気楽】と【気軽】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「気楽」(読み方:きらく)と「気軽」(読み方:きがる)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「気楽」と「気軽」という言葉は、どちらも気が楽なことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使用する傾向があります。
言葉の使い方の例文

【今月】と【当月】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「今月」(読み方:こんげつ)と「当月」(読み方:とうげつ)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「今月」と「当月」という言葉は、どちらも今現在の月を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【抱負】と【目標】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「抱負」(読み方:ほうふ)と「目標」(読み方:もくひょう)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「抱負」と「目標」という言葉は、どちらも何かを達成するための決意を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【要望】と【希望】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「要望」(読み方:ようぼう)と「希望」(読み方:きぼう)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「要望」と「希望」という言葉は、どちらも物事の実現を望むことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【友人】と【知人】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「友人」(読み方:ゆうじん)と「知人」(読み方:ちじん)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「友人」と「知人」という言葉は、どちらもお互いに知り合っている人を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【意外】と【以外】の意味の違いと使い方の例文

同じ「いがい」という読み方の「意外」と「以外」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「意外」と「以外」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。
言葉の使い方の例文

【資質】と【能力】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「資質」(読み方:ししつ)と「能力」(読み方:のうりょく)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「資質」と「能力」という言葉は、どちらも物事を成し遂げることができる性質や力を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。