hatahata

言葉の使い方の例文

【暗中模索】と【五里霧中】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「暗中模索」(読み方:あんちゅうもさく)と「五里霧中」(読み方:ごりむちゅう)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「暗中模索」と「五里霧中」という言葉は、どちらも方針が定まらないことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【我田引水】と【厚顔無恥】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「我田引水」(読み方:がでんいんすい)と「厚顔無恥」(読み方:こうがんむち)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「我田引水」と「厚顔無恥」という言葉は、どちらも自分勝手な行動を表すという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【魑魅魍魎】と【百鬼夜行】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「魑魅魍魎」(読み方:ちみもうりょう)と「百鬼夜行」(読み方:ひゃっきやこう)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「魑魅魍魎」と「百鬼夜行」という言葉は、どちらも妖怪や化け物を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【背信行為】と【背任行為】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「背信行為」(読み方:はいしんこうい)と「背任行為」(読み方:はいにんこうい)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「背信行為」と「背任行為」という言葉は、どちらも悪質な行為を表しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【門戸】と【門扉】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「門戸」(読み方:もんこ)と「門扉」(読み方:もんぴ)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「門戸」と「門扉」という言葉は、どちらも「門のとびら」を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【加入】と【入会】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「加入」(読み方:かにゅう)と「入会」(読み方:にゅうかい)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「加入」と「入会」という言葉は、どちらも「ある組織に入ること」を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【一旦】と【一端】の意味の違いと使い方の例文

同じ「いったん」という読み方の「一旦」と「一端」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「一旦」と「一端」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。
言葉の使い方の例文

【独壇場】と【独擅場】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「独壇場」(読み方:どくだんじょう)と「独擅場」(読み方:どくせんじょう)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「独壇場」と「独擅場」という言葉は、どちらも「ひとり舞台」を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【塩梅】と【按排】の意味の違いと使い方の例文

同じ「あんばい」という読み方の「塩梅」と「按排」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「塩梅」と「按排」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。
言葉の使い方の例文

【只々】と【唯々】の意味の違いと使い方の例文

同じ「ただただ」という読み方の「只々」と「唯々」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「只々」と「唯々」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。