今日の買取件数:20件/今月の買取件数:460件/累計買取件数:23,366件

【お話ください】と【お話しください】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

同じ「おはなしください」という読み方の「お話ください」と「お話しください」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「お話ください」と「お話しください」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。




「お話ください」と「お話しください」の違い

「お話ください」と「お話しください」の意味の違い

「お話ください」と「お話しください」の違いを分かりやすく言うと、「お話ください」は正しい表記、「お話しください」は昭和48年6月18日以前に使われていた表記という違いです。

「お話ください」と「お話しください」の使い方の違い

一つ目の「お話ください」を使った分かりやすい例としては、「今回のキャンセルの理由をお話ください」「お手数ですがご用件をももう一度お話ください」「あなたの経歴についてお話ください」「どうぞお話ください」などがあります。

二つ目の「お話しください」を使った分かりやすい例としては、「ここで何があったのかお話しください」「こちらでは英語のみでお話しください」「弊社への志望理由をお話しください」「注意点があるならお話しください」などがあります。

「お話ください」と「お話しください」の使い分け方

「お話ください」と「お話しください」はどちらも話して欲しいと頼むことを意味しており、大きな違いはありません。あえて違いを挙げるならば、「お話ください」は正しい表記なのに対して、「お話しください」は昭和48年6月18日以前に使われていた表記というのが違いになります。

ではなぜ、昭和48年6月18日以降は「お話ください」が正しい表記かというと、名詞には送り仮名を振らないというルールが文部科学省にて採択されたからです。しかし、それまではどちらの表記でも間違いではないとされてきました。

そのため、現代においてもその慣習は残っており、「お話しください」も間違った言葉と言えないのが現状です。

「お話ください」と「お話しください」の英語表記の違い

「お話ください」も「お話しください」も英語にすると「go ahead」「please talk me」となり、例えば上記の「どうぞお話しください」を英語にすると「Go ahead and talk」となります。

「お話ください」の意味

「お話ください」とは

「お話ください」とは、話して欲しいと頼むことを意味しています。

「お話ください」を「お話下さい」にするは誤り

「お話ください」を「お話下さい」と漢字にするのは、間違った表記なので使わないようにしましょう。

「お話ください」の使い方

「お話ください」を使った分かりやすい例としては、「あなたがここに来た本当の理由をお話ください」「こちらでは日本語のみでお話ください」「何か気になることがあればいつでもお話ください」などがあります。

「お話ください」は「お話になってください」を省略して、話して欲しいと頼むことを意味する敬語表現です。そのため、目上の人に対して使うこともできますが、尊敬語の命令形であるため威圧的に聞こえる可能性があります。

もし、威圧的に聞こえるのが気になるのであれば、謙譲語表現である「お話いただけますか」を使うのがいいでしょう。

「お話ください」は文部科学省のルールに則った正しい日本語表記です。昭和48年6月18日に名詞には送り仮名を振らないというルールが採択されたのが理由になります。

「お話してください」や「お話になられてください」は誤り

「お話ください」を使う上で注意しなければならないのは、「お話してください」や「お話になられてください」は誤用という点です。

前者の「お話してください」は間違った文法の使い方であり、後者の「お話になられてください」は二重敬語になります。そのため、正しい日本語である「お話ください」を使うようにしましょう。

「お話ください」の類語

「お話ください」の類語・類義語としては、聞かせて欲しいとお願いすることを意味する「お聞かせください」、

「お話しください」の意味

「お話しください」とは

「お話しください」とは、話して欲しいと頼むことを意味しています。

「お話しください」を「お話し下さい」にするは誤り

「お話しください」を「お話し下さい」と漢字にするのは、間違った表記なので使わないようにしましょう。

「お話しください」の使い方

「お話しください」を使った分かりやすい例としては、「それでは企画内容をお話しください」「差し支えなければご意向をお話しください」「何かご要望がありましたらお話しください」「お手数ですが当日の様子をお話しください」などがあります。

「お話しください」は「お話しになってください」を省略して、話して欲しいと頼むことを意味する敬語表現です。

「お話しください」は間違った日本語ではないものの、現代の送り仮名のルールには外れている言葉になります。文部科学省は昭和48年6月18日に名詞には送り仮名を振らないというルールを採択しました。

そのため、名詞に送り仮名を振っている「お話しください」は正しい表記ではなくなっています。ただし、裏を返せば、昭和48年6月18日以前に教育を受けている人は「お話ください」と「お話しください」どちらでも間違いではないと覚えているでしょう。

これらの背景もあり、正しい表記は「お話ください」となっているものの、「お話ください」と「お話しください」どちらでも間違いではないとなっているのが現状です。

「お話しください」の類語

「お話しください」の類語・類義語としては、相手に話して欲しいと促すことを意味する「おっしゃってください」があります。

「お話ください」の例文

1.なぜこのような捜査ミスが起き、犯人逮捕に時間がかかってしまったかをお話ください。
2.内容を正確に確認させていただきたいので、お手数ですがご用件をもう一度お話ください。
3.心の内にたまっていることがあれば、お気軽にお話ください。
4.明日の会場内では、英語かスペイン語のどちらかでお話ください。
5.何か改善して欲しい点があれば、遠慮せずお話ください。

この言葉がよく使われる場面としては、話して欲しいと頼むことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「お話ください」はビジネスシーンでも使うことができる言葉です。

「お話しください」の例文

1.本イベントが中止になった、本当の事情をお話しください。
2.あなたの問題行動について、何か弁明があるのであればお話しください。
3.犯人逮捕に関して、これほどまでに時間がかかった理由をお話しください。
4.何か困ったりご不明な点があれば、お気軽にお話しください。
5.本会場内では、ドイツ語かフランス語のどちらかでお話しください。

この言葉がよく使われる場面としては、話して欲しいと頼むことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「お話しください」はビジネスシーンでも使うことができる言葉です。

「お話ください」と「お話しください」はどちらも話して欲しいと頼むことを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、正しい日本語表記である「お話ください」を使うのが好ましいですが、「お話しください」でも問題ないと覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター