honmahonma

言葉の使い方の例文

【華金】と【花金】の意味の違いと使い方の例文

同じ「はなきん」という読み方の「華金」と「花金」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「華金」と「花金」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。
言葉の使い方の例文

【復興】と【復旧】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「復興」(読み方:ふっこう)と「復旧」(読み方:ふっきゅう)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「復興」と「復旧」という言葉は、どちらも戻すことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【習得】と【修得】の意味の違いと使い方の例文

同じ「しゅうとく」という読み方の「習得」と「修得」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「習得」と「修得」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。
言葉の使い方の例文

【愚息】と【豚児】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「愚息」(読み方:ぐそく)と「豚児」(読み方:とんじ)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「愚息」と「豚児」という言葉は、どちらも自分の子供を謙って言うことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【自粛】と【自重】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「自粛」(読み方:じしゅく)と「自重」(読み方:じちょう)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「自粛」と「自重」という言葉は、どちらも行動を慎むことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【終息】と【収束】の意味の違いと使い方の例文

同じ「しゅうそく」という読み方の「終息」と「収束」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「終息」と「収束」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。
言葉の使い方の例文

【照会】と【照合】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「照会」(読み方:しょうかい)と「照合」(読み方:しょうごう)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「照会」と「照合」という言葉は、どちらもを確かめることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【工程】と【行程】の意味の違いと使い方の例文

同じ「こうてい」という読み方の「工程」と「行程」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「工程」と「行程」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。
言葉の使い方の例文

【指向】と【志向】の意味の違いと使い方の例文

同じ「しこう」という読み方の「指向」と「志向」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「指向」と「志向」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。
言葉の使い方の例文

【熟考】と【熟慮】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「熟考」(読み方:じゅっこう)と「熟慮」(読み方:じゅくりょ)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「熟考」と「熟慮」という言葉は、どちらもよく考えることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。