honmahonma

言葉の使い方の例文

【味あわせる】と【味わわせる】の意味の違いと使い方の例文

似た日本語の「味あわせる」(読み方:あじあわせる)と「味わわせる」(読み方:あじわわせる)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「味あわせる」と「味わわせる」という言葉は、間違えやすい日本語なのでご注意下さい。
言葉の使い方の例文

【新規巻き返し】と【新規蒔き直し】の意味の違いと使い方の例文

似た日本語の「新規巻き返し」(読み方:しんきまきかえし)と「新規蒔き直し」(読み方:しんきまきなおし)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「新規巻き返し」と「新規蒔き直し」という言葉は、間違えやすい日本語なのでご注意下さい。
言葉の使い方の例文

【風の噂】と【風の便り】の意味の違いと使い方の例文

似た日本語の「風の噂」(読み方:かぜのうわさ)と「風の便り」(読み方:かぜのたより)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「風の噂」と「風の便り」という言葉は、間違えやすい日本語なのでご注意下さい。
言葉の使い方の例文

【犯罪を犯す】と【罪を犯す】の意味の違いと使い方の例文

似た日本語の「犯罪を犯す」(読み方:はんざいをおかす)と「罪を犯す」(読み方:つみをおかす)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「犯罪を犯す」と「罪を犯す」という言葉は、間違えやすい日本語なのでご注意下さい。
言葉の使い方の例文

【二の舞を踏む】と【二の舞を演じる】の意味の違いと使い方の例文

似た日本語の「二の舞を踏む」(読み方:にのまいをふむ)と「二の舞を演じる」(読み方:にのまいをえんじる)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「二の舞を踏む」と「二の舞を演じる」という言葉は、間違えやすい日本語なのでご注意下さい。
言葉の使い方の例文

【胸先三寸】と【胸三寸】の意味の違いと使い方の例文

似た日本語の「胸先三寸」(読み方:むねさきさんずん)と「胸三寸」(読み方:むねさんずん)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「胸先三寸」と「胸三寸」という言葉は、間違えやすい日本語なのでご注意下さい。
言葉の使い方の例文

【願わくば】と【願わくは】の意味の違いと使い方の例文

似た日本語の「願わくば」と「願わくは」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「願わくば」と「願わくは」という言葉は、間違えやすい日本語なのでご注意下さい。
言葉の使い方の例文

【先方様】と【先方】の意味の違いと使い方の例文

似た日本語の「先方様」(読み方:せんぽうさま)と「先方」(読み方:せんぽう)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「先方様」と「先方」という言葉は、間違えやすい日本語なのでご注意下さい。
言葉の使い方の例文

【そうは問屋が許さない】と【そうは問屋が卸さない】の意味の違いと使い方の例文

似た日本語の「そうは問屋が許さない」(読み方:そうはとんやがゆるさない)と「そうは問屋が卸さない」(読み方:そうはとんやがおろさない)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「そうは問屋が許さない」と「そうは問屋が卸さない」という言葉は、間違えやすい日本語なのでご注意下さい。
言葉の使い方の例文

【お目にかなう】と【お眼鏡にかなう】の意味の違いと使い方の例文

似た日本語の「お目にかなう」と「お眼鏡にかなう」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「お目にかなう」と「お眼鏡にかなう」という言葉は、間違えやすい日本語なのでご注意下さい。