honmahonma

言葉の使い方の例文

【お気に召される】と【お気に召す】の意味の違いと使い方の例文

似た日本語の「お気に召される」(読み方:おきにめされる)と「お気に召す」(読み方:おきにめす)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「お気に召される」と「お気に召す」という言葉は、間違えやすい日本語なのでご注意下さい。
言葉の使い方の例文

【手落ち】と【手抜かり】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「手落ち」(読み方:ておち)と「手抜かり」(読み方:てぬかり)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「手落ち」と「手抜かり」という言葉は、どちらも何かをする過程でその手続きや方法に不手際や不足があることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【反省を生かす】と【反省を活かす】の意味の違いと使い方の例文

同じ「はんせいをいかす」という読み方の「反省を生かす」と「反省を活かす」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「反省を生かす」と「反省を活かす」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。
言葉の使い方の例文

【行き届かない】と【至らない】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「行き届かない」(読み方:いきとどかない)と「至らない」(読み方:いたらない)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「行き届かない」と「至らない」という言葉は、どちらも配慮が足りていないことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【指折り】と【粒揃い】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「指折り」(読み方:ゆびおり)と「粒揃い」(読み方:つぶぞろい)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「指折り」と「粒揃い」という言葉は、どちらも優れていることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【筋を通す】と【仁義を切る】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「筋を通す」(読み方:すじをとおす)と「仁義を切る」(読み方:じんぎをきる)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「筋を通す」と「仁義を切る」という言葉は、似ていても意味は少し異なりますので、ご注意下さい。
言葉の使い方の例文

【購入する】と【買う】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「購入する」(読み方:こうにゅうする)と「買う」(読み方:かう)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「購入する」と「買う」という言葉は、どちらも代金を払って自分の所有とすることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【落ち着く】と【落ち付く】の意味の違いと使い方の例文

同じ「おちつく」という読み方の「落ち着く」と「落ち付く」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「落ち着く」と「落ち付く」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。
言葉の使い方の例文

【不足の事態】と【不測の事態】の意味の違いと使い方の例文

同じ「ふそくのじたい」という読み方の「不足の事態」と「不測の事態」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「不足の事態」と「不測の事態」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。
言葉の使い方の例文

【足が遠のく】と【足が向かない】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「足が遠のく」(読み方:あしがとおのく)と「足が向かない」(読み方:あしがむかない)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「足が遠のく」と「足が向かない」という言葉は、どちらもその場所へ行かなくなることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。