今日の買取件数:20件/今月の買取件数:260件/累計買取件数:27,306件

【コミッショナー】と【チェアマン】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「コミッショナー」と「チェアマン」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「コミッショナー」と「チェアマン」という言葉は、「最高権威者」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




コミッショナーとチェアマンの違い

コミッショナーとチェアマンの意味の違い

コミッショナーとチェアマンの違いを分かりやすく言うと、コミッショナーはプロ野球における最高権威者を表現する時に使い、チェアマンはサッカーにおける最高権威者を表現する時に使うという違いです。

コミッショナーとチェアマンの使い方の違い

一つ目のコミッショナーを使った分かりやすい例としては、「プロ野球のコミッショナーは広く知られている人物だ」「コミッショナー賞では一体何が貰えるのだろうか」「バスケのコミッショナーは若干性質が異なる場合がある」などがあります。

二つ目のチェアマンを使った分かりやすい例としては、「名誉チェアマンや名誉会員などと呼ばれる人はファンに愛されていた」「初めてのチェアマンとして多くの期待を背負っていた」「チェアマンはどういった仕事をするのだろうか」などがあります。

コミッショナーとチェアマンの使い方の違い

コミッショナーとチェアマンはどちらも最高権威者を表す言葉で、特にスポーツ業界にて使われていますが、使われ方が若干異なります。

コミッショナーは、プロ野球、プロボクシング、プロバスケットボールなどにおける最高権威者を指す言葉として使われています。また、バスケットボールやボーイスカウトでは、特定の分野や業務を担当する人を表す言葉としても使われています。

一方のチェアマンは、サッカーやゴルフの最高責任者を指す言葉として使われ、その他の企業や組織のトップを表す言葉として使われることもあります。

つまり、野球業界における最高権威者をコミッショナーと呼び、サッカー業界における最高権威者をチェアマンと呼ぶという違いがありますが、別のスポーツやビジネスシーンでもでも使われている言葉です。

コミッショナーとチェアマンの英語表記の違い

コミッショナーを英語にすると「commissioner」となり、例えば上記の「プロ野球のコミッショナー」を英語にすると「the professional baseball commissioner」となります。

一方、チェアマンを英語にすると「chairman」となり、例えば上記の「名誉チェアマン」を英語にすると「the honorary chairman」となります。

コミッショナーの意味

コミッショナーとは

コミッショナーとは、スポーツ業界における最高責任者を意味しています。

表現方法は「コミッショナー賞」「プロ野球コミッショナー」

「コミッショナー賞」「プロ野球コミッショナー」などが、コミッショナーを使った一般的な言い回しです。

コミッショナーの使い方

コミッショナーを使った分かりやすい例としては、「次期コミッショナーに選ばれるのは元選手なのだろうか」「コミッショナーは任期2年で基本的に解任されることはない」「コミッショナーの年収は2400万ほどらしい」などがあります。

その他にも、「マンツーマンコミッショナーは円滑に試合を行うために設置される」「次回の大会日程がコミッショナーによって明言された」「先日就任したMLBコミッショナーが記者会見を開いた」などがあります。

コミッショナーは英語で「commissioner」と表記され、「委員」「理事」「長官」といった意味を持つ言葉です。日本語ではこのような意味で使われることはなく、スポーツ業界、特にプロ野球における最高権威者を指す言葉として使われています。

上記例文の「MLBコミッショナー」の「MLB」は、メジャーリーグベースボールの略称で、日本では「メジャーリーグ」「メジャー」などと呼ばれています。1919年にアメリカ判事をコミッショナーとしたのを契機にこのポジションが設置され続けます。

日本でも、1951年にはプロ野球界でコミッショナー制度が成立し、1952年にはボクシング業界、1967年にはバスケットボールにおける会長がコミッショナーと呼ばれるようになるなど、様々な場面で使われる言葉となりました。

「マンツーマンコミッショナー」の意味

また、特定の分野や業務を担当、管理する人も表します。上記例文の「マンツーマンコミッショナー」は、バスケットボールの試合におけるマンツーマンディフェンスを監督する人を指す言葉で、規則違反が認められた場合に旗をあげて注意を促します。

コミッショナーの類語

コミッショナーの類語・類義語としては、任務を中心になって行う人を意味する「主任」、編集者や新聞社などで取材や編集の総括をする人を意味する「デスク」、企業などにおける管理職の役職名である「プロデューサー」などがあります。

チェアマンの意味

チェアマンとは

チェアマンとは、組織や団体のトップを意味しています。

表現方法は「歴代チェアマン」「Jリーグチェアマン」

「歴代チェアマン」「Jリーグチェアマン」などが、チェアマンを使った一般的な言い回しです。

チェアマンの使い方

チェアマンを使った分かりやすい例としては、「新しくチェアマンに就任した人が女性であるため新鮮さを感じる」「チェアマンだからといってスポーツ経験があるということでもない」「チェアマンによる話は非常に簡単なものだった」などがあります。

その他にも、「初代チェアマンが取材に応じたとのことでインタビュー記事が掲載されていた」「企業の副会長を意味する英単語にはチェアマンという言葉が使われている」「チェアマン曰く、今後の課題は事業発展とのことだった」などがあります。

チェアマンは英語で「chairman」と表記され、「議長」「社長」といった意味を持つ言葉です。1650年以降、「議長の座席」を意味する「chair」と、男性を意味する「man」を組み合わせて、「権威ある椅子を占有する者」を表す言葉として使われるようになりました。

日本語でも同じような意味を持ちますが、スポーツの中でもサッカーやゴルフの最高責任者を表す言葉として使われています。また、企業の会長や最高権威者などの職に対しても使われることがあります。

上記のチェアマンの由来の通り、「マン」という表現は今日でも男性を連想させることが多いことから、女性に対して使う際は「チェアパーソン」と呼ばれることが多く、「〇〇チェア」のように名前の後につけて呼ぶ場合もあります。

チェアマンの類語

チェアマンの類語・類義語としては、会議で議事を進行させて採決する人を意味する「議長」、委員会の代表者として統括や指揮をする人を意味する「委員長」、人々の中心となって全体をまとめる人を意味する「主宰」などがあります。

コミッショナーの例文

1.コミッショナー特別表彰に選ばれた選手は誰もが応援していた選手だった。
2.球界のOBこそコミッショナーになるべきだという意見も少なくない。
3.先日コミッショナーに就任した人の略歴を調べる機会があった。
4.今回の新コミッショナーの内定はオンラインでの理事会で決められたようだ。
5.コミッショナーの指示に従って、自然とふれあったり、協調性や責任感を身に付けていく活動がボーイスカウトだと思う。
6.子どもの権利や利益を保護し政策提言を行う第三者機関「子どもコミッショナー」の整備が必要だという意見がある。
7.バスケットボール協会のコミッショナーは、リーグの競技力向上とファンエンゲージメントの向上に全力を注いでいます。
8.コミッショナーの決断により、スポーツイベントの運営費用が削減され、経済的な持続可能性が高まりました。
9.コミッショナーは、スポーツ界の不正行為や八百長に対する厳しい監視体制を構築し、公正な競技環境を維持しなければならない。
10.彼はビジネスマンとしてのその経営手腕を買われて、スポーツ界のコミッショナー事務局に引き抜かれた。

この言葉がよく使われる場面としては、スポーツ業界における最高責任者を意味する時などが挙げられます。

例文5のように、ボーイスカウト運動の基準維持や発展を図る指導者を指す言葉としても使われています。

チェアマンの例文

1.Jリーグにてチェアマンを務めていた人がバドミントンに関する職務についたらしい。
2.サッカーの歴代チェアマンについて調べる機会があったが長い期間務めている人もいた。
3.その会社のホームページにはチェアマン挨拶も載っているため、近々見てみようと考えている。
4.チェアマンプロフィールに略歴とメッセージだけでなくムービーメッセージも添えられていた。
5.現チェアマンが理想を語ったのを聞いて前チェアマンも似たようなことを言っていたと思い出した。
6.今から30年前Jリーグが開幕したとき初めてチェアマンという言葉を聞き祖父はまあ理事長みたいなもんだなと言っていた。
7.Jリーグのチェアマンの努力により、日本のサッカー界は国際的な競争力を獲得しました。
8.新しくチェアマンに就任した人が初の女性であることから、テレビでもしきりに報道されました。
9.その試合では一度は主審が反則を取ったが、後にチェアマンが一方的に判定を覆してしまい、会場内からはブーイングが鳴り止まなかった。
10.海外の監督を切望したのは、チェアマン自身であった。彼はアマチュア出身の監督では限界があると考えていたのだ。

この言葉がよく使われる場面としては、組織や団体のトップを意味する時などが挙げられます。

例文1や例文2のようにサッカーに関する話題で使われることが多い言葉ですが、例文3から例文5のようにビジネスシーンで使われても問題ない表現をすることもできます。

コミッショナーとチェアマンは、どちらも「最高権威者」を表します。どちらを使うか迷った場合は、プロ野球業界に関する話題では「コミッショナー」を、サッカー業界に関する話題では「チェアマン」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター