banban

言葉の使い方の例文

【進める】と【勧める】と【薦める】の意味の違いと使い方の例文

同じ「すすめる」という読み方の「進める」と「勧める」と「薦める」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どの言葉を使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。
言葉の使い方の例文

【明確】と【明白】と【明瞭】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「明確」(読み方:めいかく)と「明白」(読み方:めいはく)と「明瞭」(読み方:めいりょう)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どの言葉を使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。
言葉の使い方の例文

【掛ける】と【懸ける】と【架ける】の意味の違いと使い方の例文

同じ「かける」という読み方の「掛ける」と「懸ける」と「架ける」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どの言葉を使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。
言葉の使い方の例文

【引く】と【惹く】と【弾く】の意味の違いと使い方の例文

同じ「ひく」という読み方の「引く」と「惹く」と「弾く」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どの言葉を使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。
言葉の使い方の例文

【原理】と【原則】と【法則】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「原理」(読み方:げんり)と「原則」(読み方:げんそく)と「法則」(読み方:ほうそく)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どの言葉を使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。
言葉の使い方の例文

【依拠】と【準拠】と【根拠】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「依拠」(読み方:いきょ)と「準拠」(読み方:じゅんきょ)と「根拠」(読み方:こんきょ)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どの言葉を使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。
言葉の使い方の例文

【挙措】と【挙動】と【挙止】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「挙措」(読み方:きょそ)と「挙動」(読み方:きょどう)と「挙止」(読み方:きょし)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どの言葉を使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。
言葉の使い方の例文

【風情】と【風流】と【情緒】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「風情」(読み方:ふぜい)と「風流」(読み方:ふうりゅう)と「情緒」(読み方:じょうちょ)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どの言葉を使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。
言葉の使い方の例文

【備考】と【摘要】と【補足】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「備考」(読み方:びこう)と「摘要」(読み方:てきよう)と「補足」(読み方:ほそく)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どの言葉を使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。
言葉の使い方の例文

【盟友】と【親友】と【戦友】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「盟友」(読み方:めいゆう)と「親友」(読み方:しんゆう)と「戦友」(読み方:せんゆう)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どの言葉を使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。