今日の買取件数:60件/今月の買取件数:560件/累計買取件数:26,446件

【ジャストアイデア】と【フラッシュアイデア】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「ジャストアイデア」と「フラッシュアイデア」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「ジャストアイデア」と「フラッシュアイデア」という言葉は、「思いつき」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




ジャストアイデアとフラッシュアイデアの違い

ジャストアイデアとフラッシュアイデアの意味の違い

ジャストアイデアとフラッシュアイデアの違いを分かりやすく言うと、ジャストアイデアはフラッシュアイデアよりもネガティブな意味で使う場合があるという違いです。

ジャストアイデアとフラッシュアイデアの使い方の違い

一つ目のジャストアイデアを使った分かりやすい例としては、「ジャストアイデアを一度飲み込んで持ち帰って考えることにした」「ジャストアイデアで恐縮ですが、スケジュールを変更するのはどうでしょう」などがあります。

二つ目のフラッシュアイデアを使った分かりやすい例としては、「いくつかのフラッシュアイデアをまとめたような製品を開発できたら売れるに違いない」「フラッシュアイデアが入浴中に浮かぶ場合も多い」などがあります。

ジャストアイデアとフラッシュアイデアの使い分け方

ジャストアイデアとフラッシュアイデアはどちらも、思いつきを意味する言葉でほとんど違いはありません。ただし、若干異なるニュアンスで使われる場合もあります。

ジャストアイデアは、単なる思いつきという意味で使われており、良案とは言い難いという意味を含んでいることもあり、ネガティブな意味でもポジティブな意味でも使われています。

一方のフラッシュアイデアは、閃光のように思いついたアイデアという意味で使われており、ブラッシュアップされる前のパッと思い付いた考えに対して使われることが多くあります。

つまり、ジャストアイデアは、フラッシュアイデアよりもネガティブな使い方をすることがあるという違いがあります。ですが、どちらも他者に対して、特に目上の人に対して使う言葉ではないため注意が必要です。

ジャストアイデアとフラッシュアイデアの英語表記の違い

ジャストアイデアとフラッシュアイデアに該当する英語表現は存在しないため、「An idea occur to me just then」「a flash of inspiration」などのように、間接的に「閃いたアイデア」を表現します。

ジャストアイデアの意味

ジャストアイデアとは

ジャストアイデアとは、単なる思いつきを意味しています。

ジャストアイデアの使い方

ジャストアイデアを使った分かりやすい例としては、「ジャストアイデアを口にして場を混乱させてしまうのは良くない」「制作過程でジャストアイデアを盛り込もうとすると計画が狂う」「ジャストアイデアが必ずしも良いものとは限らない」などがあります。

その他にも、「ジャストアイデアで恐縮ですが、という前置きをする」「ジャストアイデアなのですがこんなのはどうでしょう」「ジャストアイデアと言ったが謙遜する必要はないと言ってもらえた」などがあります。

ジャストアイデアは英語で「just idea」と表すことができますが、和製英語であり英語圏で使うことはできないため「just an idea」など別の表現が使われています。

英語では「just」という語が「ちょうど今」「ただの」を意味することから、日本語ではその場しのぎの考えやふと頭に浮かんだ考えを表す言葉として、特にビジネスシーンのカジュアルな場面にて多く使われています。

そのため、上記例文のように「良案ではないかもしれないが」などの謙遜の意味を含んで使われることがほとんどで、ネガティブな意味で使われることもしばしばあることから、他者の考え、特に目上の人の考えに対して使う場合失礼に当たります。

ジャストアイデアの対義語

ジャストアイデアの対義語・反対語としては、物事をよく調べて考えを巡らせることを意味する「考察」、あれこれと考え合わせることを意味する「勘案」があります。

ジャストアイデアの類語

ジャストアイデアの類語・類義語としては、別の思いつきを意味する「一案」、浅い考えを意味する「浅慮」、その場しのぎで将来を深くは考えていないことを意味する「小手先」などがあります。

フラッシュアイデアの意味

フラッシュアイデアとは

フラッシュアイデアとは、閃光のように思いついたアイデアを意味しています。

フラッシュアイデアの使い方

フラッシュアイデアを使った分かりやすい例としては、「フラッシュアイデアを生み出す天才に教えを請いたい」「フラッシュアイデアはまるで原石のようだ」「フラッシュアイデア自体を売買する時代になっている」などがあります。

その他にも、「後輩のフラッシュアイデアによって開発段階の商品がさらに魅力的になった」「フラッシュアイデアのおかげで宣伝広告は従来より一風変わったものになった」「フラッシュアイデアばかりであるためお手柔らかにお願いします」などがあります。

フラッシュアイデアは英語で「flash idea」と表すことができますが、和製英語であり英語圏で使うことはできないため「idea come in a flash」など別の表現が使われています。

英語では「flash」という語だけで「ひらめき」「急に浮かぶ」といった意味を持つことから、日本語でもフラッシュアイデアという表現で同じように使われ、もちろんフラッシュのみで使われることもあります。

フラッシュアイデアの対義語

フラッシュアイデアの対義語・反対語としては、よくよく考えることを意味する「熟慮」、色々と考え巡らせることを意味する「千慮」があります。

フラッシュアイデアの類語

フラッシュアイデアの類語・類義語としては、瞬間的に浮かぶ考えを意味する「インスピレーション」、素晴らしい考えなどが瞬間的に思い浮かぶことを意味する「ひらめき」、物事の意味などを直感的に判断することを意味する「勘」などがあります。

ジャストアイデアの例文

1.先日の会議における上司のジャストアイデアは結果的にプロジェクトの混乱を招くことになったらしい。
2.ジャストアイデアでしかないために検証できていない部分も多くあり、今回は見送る結果となった。
3.ジャストアイデアで恐縮ですが、こちらの案に対してご意見いただければ幸いです。
4.ジャストアイデアではありますが、使用するタイミングを変更するのはどうでしょうか。
5.ジャストアイデアなのですが、という言葉の後に提案された案が魅力的ですぐに検討を重ねることとなった。

この言葉がよく使われる場面としては、単なる思いつきを意味する時などが挙げられます。

例文1や例文2のように、ネガティブな意味で使われることもありますが、例文3から例文5のように謙遜の意味を込めて使われることもあります。

また、例文1のように、他者の考えに対してジャストアイデアを用いることは本来失礼であるため、使い方に注意が必要です。

フラッシュアイデアの例文

1.フラッシュアイデアが浮かんだものの未だにアイデアベースであるため、これからブラッシュアップしていかなければならない。
2.全てのフラッシュアイデアが天才的なひらめきとは限らないが、形にするためにはアイデアを生むことが必要となる。
3.企画会議でメンバー全員のフラッシュアイデアを付箋に書き込んで並べ、徐々にプロジェクトの方向性をまとめていくこととなった。
4.フラッシュアイデアを出す特訓方法があるのであれば、是非教えてほしいと思ってしまう。
5.場合によってはフラッシュアイデアのせいでスケジュール進行に遅れが出てしまうこともある。

この言葉がよく使われる場面としては、閃光のように思いついたアイデアを意味する時などが挙げられます。

例文1の「アイデアベース」は、まだアイデアの段階である状態を指す言葉で、フラッシュアイデアの類義語とされる言葉です。

ジャストアイデアとフラッシュアイデアは、どちらも「思いつき」を表します。どちらを使うか迷った場合は、「ジャストアイデア」は「フラッシュアイデア」よりもネガティブな意味で使うことがあると覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター