今日の買取件数:20件/今月の買取件数:440件/累計買取件数:26,326件

【チャーター】と【レンタル】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「チャーター」と「レンタル」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「チャーター」と「レンタル」という言葉は、「乗り物を借りること」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




チャーターとレンタルの違い

チャーターとレンタルの意味の違い

チャーターとレンタルの違いを分かりやすく言うと、チャーターは運転手付きで借りることを表現する時に使い、レンタルは運転手なしで借りることを表現する時に使うという違いです。

チャーターとレンタルの使い方の違い

一つ目のチャーターを使った分かりやすい例としては、「チャーター便であれば利用者のニーズに沿って旅をすることができる」「船舶をチャーターしてタクシーとして使うこともできる」「チャータースクールの歴史に興味がある」などがあります。

二つ目のレンタルを使った分かりやすい例としては、「レンタルビデオショップに行かずとも映画を配信で見れる時代になった」「多くのレンタルスペースから適した場所を吟味している」「車をレンタルするために少し早起きした」などがあります。

チャーターとレンタルの使い分け方

チャーターとレンタルはどちらも、乗り物を借りることを表す際に使うことができる言葉ですが、使い方が若干異なります。

チャーターは、船やバス、航空機などを借り切ることを指し、上記例文の「チャーター便」「チャーターする」などのように使われています。また、「チャータースクール」のように設立許可書を指す言葉として使われています。

一方のレンタルは、一時的な使用を目的として利用者に貸し出すことを指し、「レンタルビデオ」「レンタルスペース」などのように使われています。また、「レンタルする」と借りることを表す動詞としても使われています。

つまり、チャーターは運転手付きで乗り物を借り切る場合に使い、レンタルは運転手なしで乗り物を借りる場合に使うという違いがあります。また、乗り物以外の物品にもレンタルという言葉を使うことができます。

チャーターとレンタルの英語表記の違い

チャーターを英語にすると「charter」となり、例えば上記の「チャーター便」を英語にすると「a charter flight」となります。

一方、レンタルを英語にすると「rental」となり、例えば上記の「レンタルビデオショップ」を英語にすると「a rental video shop」となります。

チャーターの意味

チャーターとは

チャーターとは、船やバス、航空機などを借り切ることを意味しています。

その他にも、設立許可書を意味する言葉として使われています。

表現方法は「チャーターする」「チャーター料金」「チャーターメンバー」

「チャーターする」「チャーター料金」「チャーターメンバー」などが、チャーターを使った一般的な言い回しです。

チャーターの使い方

「旅行会社がチャーター便として航空機を押さえているプランを選んだ」「ジェット機をチャーターするなんてドラマでしか聞いたことがない」などの文中で使われているチャーターは、「乗り物などを借り切ること」の意味で使われています。

一方、「チャータースクールはアメリカにある認可を受けた学校である」「今団体設立に携わるならチャーターメンバーとして認められるだろう」などの文中で使われているチャーターは、「設立許可書」の意味で使われています。

チャーターは英語で「charter」と表記され、「貸し切り」「宣言書」「雇う」といった意味を持つ言葉です。日本語でも同じように使われますが、「雇う」という意味で使われることはありません。

「チャーター便」の意味

上記例文の「チャーター便」とは、特定の目的のために輸送機関の一部や全てを借り切る方法を指し、旅行会社が旅客機を貸し切りにする場合や、貨物の輸送に使用されるトラックやコンテナを貸し切って依頼主の荷物のみを運ぶ場合などに使われています。

また、設立許可書を指す言葉としても使われており、特別な認可を得た「チャータースクール」や、創立メンバーを指す「チャーターメンバー」などのようにも使われています。

チャーターの対義語

チャーターの対義語・反対語としては、違ったものを混ぜて載せることを意味する「混載」があります。

チャーターの類語

チャーターの類語・類義語としては、少しばかり借りることを意味する「寸借」人の好意によって金銭や品物を借り受けることを意味する「恩借」、運送用に船を借り入れることを意味する「用船」などがあります。

レンタルの意味

レンタルとは

レンタルとは、一時的な使用を目的として利用者に貸し出すことを意味しています。

表現方法は「レンタル家電」「レンタルサービス」「レンタル車」

「レンタル家電」「レンタルサービス」「レンタル車」「レンタル彼氏」「レンタル彼女」などが、レンタルを使った一般的な言い回しです。

レンタルの使い方

レンタルを使った分かりやすい例としては、「わナンバーであればレンタル車両だと一目でわかる」「レンタルスペースの予約をして催し物を行うことにした」「旅行に行くために持ち運びWi-Fiのレンタルをした」などがあります。

その他にも、「今では家電レンタルをして購入を検討することもできる」「家具レンタルで単身赴任中は過ごしていた」「出先で充電が切れそうになってもモバイルバッテリーのレンタルをするか買うかで対処できる」などがあります。

レンタルは英語で「rental」と表記され、「賃借料」「賃貸物」といった意味を持つ言葉です。日本語でも同じように使われており、貸し出す期間が一年未満と短いものに対して使われています。

「レンタル車両」「レンタルスペース」「家具レンタル」の意味

上記例文の「レンタル車両」「レンタルスペース」「家具レンタル」などのように、貸し出すことではなく、貸し借りの対象となっているものを表す言葉として使われますが、「レンタルをする」と動詞のように使うことも多くあります。

また、外来語の上につく形として「レンタ」と表記することもあり、「レンタカー」「レンタサイクル」などのように使われています。

レンタルの類語

レンタルの類語・類義語としては、機械や設備などの賃貸を意味する「リース」、金や物を貸し与えることを意味する「貸与」、人から借りているものをさらに別の人に貸すことを意味する「転貸」などがあります。

チャーターの例文

1.トラックを一台チャーターして荷物が運び込まれるタイミングを揃えた。
2.チャーター船をお願いして家族で釣りに出掛ける予定だったが、台風のため延期になってしまった。
3.チャータークルーズのためにおめかしをして船上パーティを行いたいと言ってから一年で計画が遂行された。
4.チャーターメンバーには専用のバッジと認可状が渡されているらしく、少しだけ興味を持っている。
5.チャータースクールでは成果を出さなければ廃校とされてしまうため、特定の分野に特化したカリキュラムが組まれるそうだ。

この言葉がよく使われる場面としては、船やバス、航空機などを借り切ることを意味する時などが挙げられます。

例文4や例文5のように、設立許可書を意味する言葉としても使われています。

レンタルの例文

1.成人式では着物をレンタルしようと思っていたが、せっかくなので気に入った振袖を購入することに決めた。
2.レンタルDVDの需要は低下したが、配信されていない映画やドラマを見たい場合には重宝するサービスと言える。
3.実際に家具をレンタルしてから購入するか返却するかを決めることができると聞いて試してみたいと感じた。
4.レンタルサーバーを借りてホームページを作っていたが、今ではもっと簡単に自分のページを作れるサービスもある。
5.見つけたレンタルルームは収容できる人数が多く設定されているため、同窓会に使えないかと思っている。

この言葉がよく使われる場面としては、一時的な使用を目的として利用者に貸し出すことを意味する時などが挙げられます。

特に、貸し出す期間が一年未満であれば機器類などの物品から会場となりうるスペースまで対象とされています。

チャーターとレンタルは、どちらも「乗り物を借りること」を表します。どちらを使うか迷った場合は、運転手付きで借りることを表す場合は「チャーター」を、運転手なしで借りることを表す場合は「レンタル」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター