【乗り換え】と【乗り継ぎ】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文
今日の買取件数:20件/今月の買取件数:484件/累計買取件数:3,556件
(現在、例文買取センターでは、買取数を増やして元気になって頂く負けるなキャンペーンを実施中!)

似た意味を持つ「乗り換え」(読み方:のりかえ)と「乗り継ぎ」(読み方:のりつぎ)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「乗り換え」と「乗り継ぎ」という言葉は、どちらも乗り物を一度降りて、乗りなおすという意味を持つ共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。



「乗り換え」と「乗り継ぎ」の違い

「乗り換え」と「乗り継ぎ」の意味の違い

乗り換えと乗り継ぎの違いを分かりやすく言うと、乗り換えは目的地に向かうまでの間に全く違う乗り物に乗りなおすことで、乗り継ぎは同じ乗り物に乗ったまま目的地まで向かうという違いです。

「乗り換え」と「乗り継ぎ」の使い分け方

乗り換えというのは、電車から飛行機、電車からバス、などのように別の乗り物に乗りなおすことを言います。または、電車は電車でも違う路線の電車に乗りなおす場合などにも乗り換えと表現します。

飛行機の場合、乗り換えることをトランスファーと表現することもあります。直行便ではなく、途中で別の飛行機に乗りなおす必要がある場合のことです。乗り換えというのは、乗り換える先の乗車口が遠いと上手く乗りなおすことが出来なかったりします。

目的地に向かうまでの間に乗り換えが必要な場合には、時間に十分なゆとりを持ったり、乗り換える先の乗車口がどのあたりにあるのかを確認したりして、スムーズに乗りなおしが出来るようにすると良いでしょう。

一方の乗り継ぎというのは、目的地に着くまで同じ乗り物に乗ったままで行くということを意味しています。同じ乗り物で目的地まで行くけれど、給油をする関係などで途中、一度乗り物を降りる必要がある場合があります。

長距離の移動をする場合などによく見られることであり、飛行機などの場合ではこれをトランジットと呼びます。同じ乗り物で目的地まで向かうため、乗り物から降りる必要がない場合もあります。

また、一度降りなくてはいけないけれど、荷物はそのまま乗り物内に残したままにして良い場合などもあります。乗り継ぎが必要な場合には、その時々の状況に合わせて係員などの指示に従うようにしましょう。

「乗り換え」の意味

「乗り換え」とは

乗り換えとは、目的地に向かう途中でその時に乗っていた乗り物から一度降りて、違う乗り物に乗りなおす必要があることを意味しています。

「乗り換え」の使い方

例えば、電車を降りて飛行機に乗ったり、同じ電車でも違う路線に乗ったりすることを乗り換えと表現します。

飛行機の「乗り換え」の意味

乗り換えというのは、特に飛行機などの場合「トランスファー」と呼ばれるものです。これは飛行機に乗って移動し、途中の空港で別の飛行機に乗りなおす必要のある交通手段のことを意味しています。

今まで乗っていた飛行機とは、全く別の飛行機に乗りなおすことであり、乗り換えるべき飛行機の搭乗ゲートや搭乗時間などを確認しておく必要があります。場合によっては、乗り換えにかなりの時間がかかる場合もあります。

電車の「乗り換え」の意味

反対に、電車と電車の乗り換えの場合には、別の路線への乗り換えという形になる場合が多くあります。この場合、乗り換えるべき線のホームが遠いと、乗り換え時間が足りずに上手く乗り換えが出来ないというケースもあります。

目的地までの移動に乗り換えが必要な場合には、乗り換えにかかる時間についてもよく考えて行動する必要があると言えます。

「乗り換え」の語源

乗り換えの「換え」という漢字は、取りかえる、入れかえるという意味を持つものです。交換をする、という言葉で考えるとその意味が分かりやすくなります。乗り物を交換するのが「乗り換え」であるということが出来ます。

「乗り換え」の類語

乗り換えの類語・類義語としては、二つ以上のものが繋がることを意味する「接続」があります。

乗り換えの「換」という字を使った別の単語としては、物品を売って現金に換えることを意味する「換金」、別の言葉で言い表すことや言いかえることを意味する「換言」、ある数量を他の単位に換えて計算しなおすことを意味する「換算」などがあります。

「乗り継ぎ」の意味

「乗り継ぎ」とは

乗り継ぎとは、目的地に向かう途中でその時に乗っていた乗り物から一度降りて、また同じ乗り物に乗りなおすことを意味しています。

「乗り継ぎ」の使い方

例えば、飛行機に乗っている際、途中給油のために着陸し、もう一度同じ飛行機で目的地まで行く事を乗り継ぎと言います。

飛行機の「乗り継ぎ」の意味

乗り継ぎというのは、一般的に飛行機に乗っている際に使用される言葉です。これは「トランジット」と呼ばれるもので、最終的には、最初から最後まで同じ飛行機に乗っている時に使用される言葉です。

乗り継ぎの場合には、同じ乗り物に乗ったままで目的地まで向かうため、乗り物から下車しなくても良い場合もあります。乗客が乗ったままの状態で、燃料の追加などを済ませて再び目的地まで出発する場合もあります。

その他にも、荷物などをそのまま乗り物内に置いた状態で、人だけ下車をして再出発の時間まで待つ場合もあります。同じ乗り物に乗車するため、大きな荷物を持って出る必要がありません。

観光バスの「乗り継ぎ」の意味

このパターンは、飛行機だけではなく、観光バスなどでもよく使われます。長距離の観光バスの場合、途中で休憩などを挟む場合があります。その際には、乗り継ぎ時間として、インターチェンジなどに停車したりします。

船舶の「乗り継ぎ」の意味

船での移動の際にも、途中で燃料を追加するために目的地ではない港に寄港して、乗り継ぎをする場合が多くあります。このように、同じ乗り物に乗る場合にも、一度降りなくてはいけない場合があり、それを乗り継ぎと表現します。

「乗り継ぎ」の語源

乗り継ぎの「継ぎ」という漢字は、引き続いて行うことを意味している漢字です。そのため、同じ乗り物が引き続き乗客を運ぶことを乗り継ぎと表現します。継続という言葉で考えるとその意味が分かりやすくなります。

「乗り継ぎ」の類語

乗り継ぎの「継」という字を使った別の単語としては、前代の人の身分や仕事、財産などを受け継ぐことを意味する「継承」、前から行っていることをそのまま続けることを意味する「継続」などがあります。

「乗り換え」の例文

1.乗り換えの時間が短すぎて、電車を逃してしまった。
2.飛行機の乗り換えで、半日以上を潰すことになった。
3.乗り換えをする時に慌てて下車したので、車内に傘を忘れてしまった。
4.乗り換え案内の掲示板を見る。
5.乗り換える先のホームがわからず、駅員さんに聞くことにした。

この言葉がよく使われる場面としては、目的地に向かう途中で乗っていた乗り物から一度降りて、別の乗り物に乗りなおすことを表現したい時などが挙げられます。乗り換えとは、全く別のものに乗りなおすことを言います。

これは飛行機などの場合には、トランスファーと呼ばれるものです。今まで乗っていた飛行機から一度降りて、別の飛行機に乗りなおすことを表現する言葉です。飛行機以外でも、電車で移動中、別の電車に乗りなおす場合には乗り換えと表現します。

「乗り継ぎ」の例文

1.直行便がなかったので、仕方なく乗り継ぎありの飛行機で向かうことにする。
2.船の乗り継ぎだと、半日くらい寄港することもあり得るよね。
3.実家に帰る時、乗り継ぎの時間を考えると、地理的には近くてもあまり近いという印象はないな。
4.乗り継ぎが必要な場合を「トランジット」と呼んだりするね。
5.乗り継ぎの際、荷物を持ちださなくて済むのが助かるな。

この言葉がよく使われる場面としては、目的地に向かうまでの間に、給油などの理由で、乗っていた乗り物から一度降りて、また同じ乗り物に乗りなおして向かうことを表現したい時などが挙げられます。

これは飛行機での移動の場合、トランジットと呼ばれるもので、最初から最後まで同じ飛行機で向かうけれど、一度降りる必要がある場合などを表現しています。場合によっては、降りることなく、乗客は機内で待機することもあります。

飛行機だけでなく、船や長距離バスでの移動の際にも、この乗り継ぎはしばしば行われるものです。別の乗り物に乗るわけではなく、同じ乗り物に乗ったままで現地まで向かう場合に乗り継ぎと使うのだと覚えておくようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター