【固定観念】と【固定概念】と【既成概念】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「固定観念」(読み方:こていかんねん)と「固定概念」(読み方:こていがいねん)と「既成概念」(読み方:きせいがいねん)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どれを使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「固定観念」と「固定概念」と「既成概念」という言葉は、どれも物事の考え方を表すという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。

固定観念と固定概念と既成概念の違い

固定観念と固定概念と既成概念の違いを分かりやすく言うと、固定観念は頭から離れずその人の思考を拘束する考えのことで、固定概念とは固定観念の言い間違いから発生した言葉で、既成概念は既に出来上がっている物事の意味や内容を示すという違いです。

固定観念というのは、「固定」と「観念」という二つの言葉が一緒になって出来上がった表現です。固定というのは、一定して変化しないことを意味していて、観念というのは、物事に対して持つ考え方のことを意味しています。

つまり固定観念というのは、変化することがない物事に対しての考え方のことであると言えます。その人それぞれが持っている、変えがたい考え方や思考について表現するものであると考えると分かりやすいでしょう。

次に固定概念という言葉を考えます。これは、固定観念という言葉を間違えて使用した結果、一般的に広まった表現であり、辞書などには載っていない言葉です。造語として広まった言葉であると考えると分かりやすいでしょう。

固定概念とは、固定された概念という意味を持つ言葉です。ここで言う概念というのは、物事の内容の本質や、一般的な意味のことを表現しています。つまり、固定概念というのは、変えがたくある一般的な物事の意味や内容のことであると言えます。

固定概念というのは、常識や一般的であるとされている様々な考え方のことを指していると言えます。一人一人の個人が持っている考え方ではなく、広く一般的とされる考え方のことだと覚えておくようにしましょう。

最後に既成概念という言葉を考えます。これは四字熟語に含まれる言葉であり、既に出来上がっている大まかな物事の内容のことを意味しています。既成概念の「既成」という言葉は、前もって出来上がっているという意味を含むものです。

つまり、既成概念というのは、前もって既に出来上がってしまっている物事の本質のことを表現している言葉であると言えます。この言葉も固定概念と似ていますが、既成概念という言葉の方が正しいものです。

既成概念と言うのは、世の中が一般的に「当たり前である」「常識である」と考えているものを指す言葉であると覚えておくようにしましょう。

固定観念の意味

固定観念とは、いつも頭から離れず、その人の思考を縛るような考え方のことを意味しています。固定観念とは、打ち崩そうとしてもなかなか難しいものであり、一度確立してしまうと、根強くその人の中に残るものです。

固定観念という言葉は、四字熟語ではなく「固定」という言葉と「観念」という言葉が組み合わさって出来たものです。固定というのは、一定の位置に止まって動かないことや、動かないようにすること、一定していて変化のないことを意味する言葉です。

そして、観念というのは、物事に対して持つ考え方のことを意味しています。哲学用語としては、人間が対象の物事について持っている主観的な像のことを意味していて、心理学用語としては、対象の物事について心に残っている印象のことを意味しています。

つまり、固定観念というのは、その人の心に残って動かない、物事に対する印象や主観的な考え方のことを意味していると言えます。固定観念は、人によって異なるものであり、その人それぞれの考え方であることが多いものです。

場合によっては、固定観念から逃れたいと意識をして、別の考え方を持とうとする場合もあります。しかし、固定観念は、その人の思考そのものを拘束するような考え方なので、変化をさせることは難しく、時間のかかるものです。

固定観念という言葉で示されるものは、物事に対する善悪の基準であったり、幼い頃から刷り込まれてある考え方のようなものです。自分の中で常識として持っている思考のことであると考えると分かりやすいでしょう。

固定観念の「観」という字を使った別の単語としては、当事者ではなく第三者の立場から観察して考えることを意味する「客観」、広く大きな見通しをもっていることを意味する「達観」、規模が大きくてすばらしい眺めを意味する「壮観」などがあります。

固定概念の意味

固定概念とは、固定観念という言葉を間違えて使用してしまったために、定着している言葉を意味しています。本来、固定概念という言葉は存在しません。固定観念という言葉と非常に似ているため、間違えて使う人が多く、そのまま定着してしまった語です。

固定概念という言葉を、固定観念と同じように分解して考えてみると「固定」と「概念」という言葉に分けることが出来ます。固定とは、前述した通り、一定して変化のないことを意味する言葉です。

次に概念という言葉を考えます。この概念というのは、物事の内容の本質や、一般化されている意味のことを示す言葉です。例えば「物事の概念をつかむ」「基本概念から外れる」などのように使用される言葉です。

つまり、固定概念という言葉は、一定して変化をしない物事の内容や本質という意味になります。世の中にある物事の真理や、変えることの出来ない事実などを表現している言葉であるとも言えます。

固定概念の「概念」と固定観念の「観念」は類語の関係であり、非常に似た意味を持っています。また、その他の類語としては、ある物事についてこうあるべきだという根本の考えのことを意味する「理念」(読み方:りねん)などもあります。

非常に似た意味を持つ言葉ですが、固定概念という言葉は、実際には存在しません。辞書にも載っていない言葉なので注意しましょう。正しくは、固定観念です。しかし、言葉はイキモノでもあります。

固定概念という言葉を使っている人が増えているのも事実なので、今後、正しい言葉として採用される場合もあります。意味については、固定観念と非常に似通ったものであると覚えておくようにしましょう。

固定概念の「概」という字を使った別の単語としては、全体の要点を取りまとめたものを意味する「概要」、物事のあらましを見渡すことを意味する「概観」、困難にくじけない強い意志や気性を意味する「気概」などがあります。

既成概念の意味

既成概念とは、ある物事について既に出来上がってしまっている大まかな意味や内容を意味しています。既成概念という言葉は四字熟語です。前もって作ってあり、既に出来上がっている物事の意味のことを表現しているものです。

既成概念という言葉は四字熟語ですが、「既成」と「概念」という言葉に分けて考えるとその意味が分かりやすくなります。まず、既成というのは、既に出来上がっているもの、前もって作ってあるものを意味する言葉です。

そして、概念というのは、前述した通り、物事の内容の本質や一般化されている意味を示す言葉です。つまり既成概念というのは、既に作り上げられている物事の本質や意味を表現する言葉であると言えます。

既成概念というのは、社会全体が持っている物事のイメージ、決められた印象などを示すものです。大多数の人が同じ印象を抱くものについて既成概念という言葉で表現したりします。

例えば「既成概念に捕らわれない考え方をする」「既成概念を破り捨てて考える」などのように使用されるものです。ほとんどの場合が、否定の言葉と一緒に使われるものであり、常識を覆すような意味を持つものです。

既成概念という言葉に悪い意味は含まれませんが、一般的に「常識的すぎる」「面白味がない」「当たり前の考え」などのような意味合いで使用されます。そのため、わざわざ既成概念という言葉を使う際には、否定の言葉と共に使われる場合が多くなります。

既成概念の「既」という字を使った別の単語としては、すでに出版や発行がされていることを意味する「既刊」、すでに決まっていることを意味する「既定」、すでに得ていることを意味する「既得」などがあります。

固定観念の例文と使い方

1.固定観念に縛られ過ぎるというのも、あまり良いことではない気がする。
2.人間性というのは、その人の持っている固定観念によっても異なってくるものだ。
3.君は固定観念の塊のような人間だね、と言われたことがある。

この言葉がよく使われる場面としては、いつも頭から離れず、その人の思考を縛るような考え方のことを表現したい時などが挙げられます。つまり、自分の中で常識的に持っているような考え方のことを固定観念と表現します。

固定観念という言葉は四字熟語ではなく、固定と観念という言葉が合わさって出来上がった言葉です。自分の中にあって、既に固まって変化をしない程に根付いた考え方のことを意味しています。

物事に対する考え方というのは、人それぞれで異なるものです。つまり、固定観念というものも、人それぞれで異なるものであると覚えておくようにしましょう。また、変化を強制できるようなものでもありません。

固定概念の例文と使い方

1.固定概念という言葉は本来なくて、正しくは固定観念らしいよ。
2.彼は固定概念にとらわれ過ぎている気がするな。
3.固定概念という言葉が辞書に載るようになることもあるかもしれない。

この言葉がよく使われる場面としては、固定観念という言葉を間違えて使ってしまっている時などが挙げられます。固定概念という言葉は本来はなく、辞書にも記載されていないものです。

固定概念とは、固定という言葉と概念という言葉が合わさって出来ているもので、一定して変化のない物事の本質という意味を持っています。固定概念という言葉は正しい語とはされていませんが、使用する人も多い語なので意味は把握しておきましょう。

既成概念の例文と使い方

1.既成概念にとらわれない自由な発想が必要となる仕事だ。
2.そもそも君はその既成概念を捨ててしまわないと、新しいアイデアは生み出せないよ。
3.既成概念という考えは、一歩間違えると偏見や差別を生みかねない。

この言葉がよく使われる場面としては、ある物事について、既に出来上がっている大まかな意味や内容について表現したい時などが挙げられます。既成概念という言葉は、四字熟語に類されるものです。

既成概念とは、一般的に正しいとされていることや、常識とされているような物事のことを表現している言葉です。既にしっかりと作り上げられてしまっている物事の本質のことを意味しているのだと覚えておくようにしましょう。

既成概念というのは、一般的に広く知れ渡っているべきものであり、大勢の人が常識であると考えている物事のことを表現しているものです。