今日の買取件数:20件/今月の買取件数:400件/累計買取件数:9,206件

【生まれる】と【産まれる】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

同じ「うまれる」という読み方の「生まれる」と「産まれる」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「生まれる」と「産まれる」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。




「生まれる」と「産まれる」の違い

「生まれる」と「産まれる」の意味の違い

「生まれる」と「産まれる」の違いを分かりやすく言うと、「生まれる」とは出産時以外にも使える、「産まれる」とは出産時にしか使えないという違いです。

「生まれる」と「産まれる」の使い方の違い

一つ目の「生まれる」を使った分かりやすい例としては、「子犬が二匹生まれる」「この子は私が生んだ子です」「次から次へと問題が生まれる」「これは最近生まれたばかりの制度です」「私は東京で生まれた」などがあります。

二つ目の「産まれる」を使った分かりやすい例としては、「ついに赤ちゃんが産まれました」「子猫が三匹産まれる」「仕事を早めに切り上げたので子供が産まれる場面に立ち会えました」「彼らの所に男の子が産まれた」などがあります。

「生まれる」と「産まれる」の使い分け方

「生まれる」と「産まれる」はどちらも子が母親の胎内から出ることや卵から孵ることを意味する言葉ですが、使い方に少し違いがあります。

「生まれる」は出産時以外にも使えるのに対して、「産まれる」は出産時にしか使えないというのが一番の違いです。

例えば、出産した子供が小学生になった場合、「この子は私が生んだ子供です」とすることができますが、「この子は私が産んだ子供です」とすることはできません。そのため、「産まれる」は「先程子供が産まれた」のように出産時や出産前後しか使えない言葉と覚えておきましょう。

また、「生まれる」は物事が新たに作り出されることやある状況や感情などが生じることの意味も持っているのも違いの一つです。

「生まれる」と「産まれる」の英語表記の違い

「生まれる」を英語にすると「be born」「come into existence」「arise」となり、例えば上記の「私は東京で生まれた」を英語にすると「I was born in Tokyo」となります。

一方、「産まれる」を英語にすると「be born」となり、例えば上記の「彼らの所に男の子が産まれた」を英語にすると「A baby boy was born to them」となります。

「生まれる」の意味

「生まれる」とは

「生まれる」とは、子が母親の胎内から出ることや卵から孵ることを意味しています。その他にも、物事が新たに作り出されることやある状況や感情などが生じることの意味も持っています。

表現方法は「子供が生まれる」「赤ちゃんが生まれる」「記録が生まれる」

「子供が生まれる」「赤ちゃんが生まれる」「記録が生まれる」「誤解が生まれる」などが、「生まれる」を使った一般的な言い回しになります。

「生まれる」の使い方

「羊の赤ちゃんが生まれる」「次から次へと疑問が生まれる」などの文中で使われている「生まれる」は、「子が母親の胎内から出ることや卵から孵ることやある状況や感情などが生じること」の意味で使われています。

一方、「オリンピックの舞台で世界新記録が生まれる」「素晴らしい作品が生まれる」などの文中で使われている「生まれる」は、「物事が新たに作り出されること」の意味で使われています。

「生まれる」は「小鹿が生まれる」「姉の子供が生まれる」などのように、子が母親の胎内から出ることや卵から孵ることの意味だけではなく、「傑作が生まれる」「疑念が生まれる」などのように、物事が新たに作り出されることやある状況や感情などが生じることの意味でも使えるのが特徴です。

現代ではどの意味でも使われているため、様々な場面で見かける言葉でしょう。

「生まれる」の類語

「生まれる」の類語・類義語としては、何事かが発生することを意味する「起きる」、今までなかったものが新たに生じることを意味する「起る」、今までなかった物事や状態が発生することを意味する「生じる」などがあります。

「産まれる」の意味

「産まれる」とは

「産まれる」とは、子が母親の胎内から出ることや卵から孵ることを意味しています。

表現方法は「子供が産まれる」「赤ちゃんが産まれる」「産まれる気配なし」

「子供が産まれる」「赤ちゃんが産まれる」「産まれる気配なし」「産まれる瞬間」「産まれる兆候」「産まれる前の記憶」「産まれるまで100日」などが、「産まれる」を使った一般的な言い回しになります。

「産まれる」の使い方

「産まれる」を使った分かりやすい例としては、「もうすぐ女の子が産まれる」「子牛が五匹産まれました」「もう少しで犬の赤ちゃんが産まれる」「無事に子供が産まれたのでみんな喜んだ」などがあります。

「産まれる」は子が母親の胎内から出ることや卵から孵ることを意味しており、出産時や出産前後にしか使えないのが特徴です。

「生まれる」とは違い、物事が新たに作り出されることやある状況や感情などが生じることの意味では使えないので、限定的な場面で使用する言葉でしょう

「産まれる」の類語

「産まれる」の類語・類義語としては、人が生まれることを意味する「生誕」、生まれて現れることを意味する「生まれ出る」、生まれ出ることを意味する「出生」、聖人や偉人などがこの世に生まれることを意味する「降誕」などがあります。

「生まれる」の例文

1.政治家の家に生まれたので、将来は私も政治家を目指すことになるだろう。
2.4人も子供を生んでいるので、育児にはとても慣れています。
3.今年行われたワールドカップで、全試合ハットトリック達成というとんでもない記録が生まれた。
4.新しいアイデアが次々と生まれてくるので、良い作品ができそうです。
5.コミュニケーション能力が低いと誤解が生まれることがあるので、気を付けた方がいいだろう。

この言葉がよく使われる場面としては、子が母親の胎内から出ることや卵から孵ることを表現したい時などが挙げられます。その他にも、物事が新たに作り出されることやある状況や感情などが生じることを表現したい時にも使います。

例文1と例文2の「生まれる」は子が母親の胎内から出ることや卵から孵ること、例文3と例文4の「生まれる」は物事が新たに作り出されること、例文5の「生まれる」はある状況や感情などが生じることの意味で使っています。

「産まれる」の例文

1.明日赤ちゃんが産まれる予定なので、会社を休んで妻がいる病院へ向っている。
2.無事に元気な赤ちゃんが産まれたので、ほっとして寝てしまいました。
3.愛犬の子犬が産まれる瞬間に立ち会うことができて、本当に良かったです。
4.ヒヨコが産まれるには温度の管理がとても大切なので、孵卵器などを使うのがお勧めです。
5.子供が産まれるとの連絡が入ったので、急いで病院に向かいました。

この言葉がよく使われる場面としては、子が母親の胎内から出ることや卵から孵ることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように、出産時でしか使わない限定的な言葉になります。

「生まれる」と「産まれる」という言葉は、どちらも「うまれる」と読みますが使い方が少し違います。「生まれる」は出産時以外にも使える言葉、「産まれる」は出産時にしか使えない言葉と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター