今日の買取件数:20件/今月の買取件数:80件/累計買取件数:10,621件

【詠嘆】と【感嘆】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「詠嘆」(読み方:えいたん)と「感嘆」(読み方:かんたん)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「詠嘆」と「感嘆」という言葉は、どちらも感動している様子を表しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




詠嘆と感嘆の違い

詠嘆と感嘆の意味の違い

詠嘆と感嘆の違いを分かりやすく言うと、詠嘆とは深い感動だけでなく感動して声に出すことも表し、感嘆と深い感動のみを表すという違いです。

詠嘆と感嘆の使い方の違い

一つ目の詠嘆を使った分かりやすい例としては、「人生の儚さを詠嘆する俳句を読む」「彼女の美しさを詠嘆の眼差しで見る」「詠嘆的無常観を描いた古典文学です」「名画を観て、見事だなぁと詠嘆する」などがあります。

二つ目の感嘆を使った分かりやすい例としては、「思わず感嘆のため息がこぼれます」「美しいドレス姿に感嘆の声が上がった」「心を揺さぶる歌声に感嘆する」「彼の並々ならぬ努力には感嘆の念を禁じ得ない」などがあります。

詠嘆と感嘆の使い分け方

詠嘆と感嘆という言葉は、どちらも物事に深い感銘を受けて、強く心を動かされるさまを表しますが、厳密な意味や使い方には違いがあります。

二つの言葉には「物事に深く感動すること」という共通する意味がありますが、さらに詠嘆は「感動を声に表すこと」という意味も持っています。「おお」「ああ」などの話し手の感動を表す間投詞は、詠嘆という言葉で表すことができますが、感嘆の場合は「感嘆の声」と表すことになります。

また、詠嘆は主に文章で用いられる書き言葉ですが、感嘆は書き言葉でも話し言葉でも用いられています。これらが、詠嘆と感嘆という言葉の明確な違いになります。

詠嘆と感嘆の英語表記の違い

詠嘆も感嘆も英語にすると「admiration」「exclamation」となり、例えば上記の「詠嘆する」を英語にすると「express one’s admiration」となります。

詠嘆の意味

詠嘆とは

詠嘆とは、物事に深く感動することを意味しています。

その他にも、感動を声に表すことの意味も持っています。

詠嘆の使い方

「すばらしい演奏に詠嘆する」「シェフの腕前に詠嘆する」「書家の筆の使い方や作法に詠嘆する」「俳句の詠嘆表現を英語で説明する」などの文中で使われている詠嘆は、「物事に深く感動すること」の意味で使われています。

一方、「一口食べたら詠嘆せずにはいられない美味しさです」「古文に出てくる詠嘆の意味が理解できません」「古典文学には詠嘆の表現が多い」「英語の詠嘆表現はOh!Wow!などです」などの文中で使われている詠嘆は、「感動を声に表すこと」の意味で使われています。

詠嘆は「詠歎」とも書きますが、常用漢字を用いた「詠嘆」と書かれることが一般的です。

詠嘆という言葉の「詠」は声を長く引いて詩歌をうたうこと、声に出して感動することを表し、「嘆」は感じ入ってため息をつくことを表します。詠嘆とは、強く心を動かされることや深く感動することを意味する言葉です。また、感動を声や言葉に出して表現することも意味します。

「詠嘆法」の意味

詠嘆を用いた日本語には「詠嘆法」があります。深い感動を表現する修辞法のことであり、詠嘆の助詞には、「よ」「か」「かな」「なあ」などがあります。また、「ああ、すばらしい」「お見事」などの一語文も含まれます。

古文における詠嘆表現には、文末に付く「けり」「かな」があります。訳し方は「~だなあ」が一般的であり、「今宵は十五夜なりけり」は「今夜は十五夜であったなあ」となります。また、俳句の詠嘆表現には、「けり」「かな」の他に「や」もあります。

詠嘆の対義語

詠嘆の対義語・反対語としては、むやみに相手をののしることを意味する「漫罵」、口汚くののしることを意味する「悪罵」、面と向かってののしることを意味する「面罵」などがあります。

詠嘆の類語

詠嘆の類語・類義語としては、声を上げて褒めそやすことを意味する「喝采」、感心してほめたたえることを意味する「賞嘆」、すぐれたものとして感じ入ることを意味する「嘆称」、深く感心してほめることを意味する「賛嘆」などがあります。

感嘆の意味

感嘆とは

感嘆とは、感心してほめたたえること、感じ入ることを意味しています。

表現方法は「感嘆のため息」「感嘆の声をもらす」「感嘆させる」

「感嘆のため息」「感嘆の声をもらす」「感嘆させる」などが、感嘆を使った一般的な言い回しです。

感嘆の使い方

感嘆を使った分かりやすい例としては、「幻想的な光景に見物客から感嘆の声が上がった」「タイ語の感嘆詞を教えてもらった」「あなたの文には感嘆符が多いですね」「ビジネスメールに感嘆符は付けないで下さい」などがあります。

その他にも、「ゴッホの名画を観て感嘆の念に打たれる」「ただただ感嘆するばかりでした」「英語の感嘆文が上手く作れません」「多くの観光客が感嘆のため息をもらすスポットです」「職人の技に凄いなあと感嘆する」などがあります。

感嘆の「感」は物事に触れて心が動くことを表し、「嘆」は感じ入ってため息をつくことや褒めることを表します。感嘆とは、感心してほめたたえることや、賞賛することを意味する言葉です。もともとは嘆き悲しむ意味もありましたが、現在この意味で用いられることはありません。

感嘆という言葉はプラスイメージを伴いますが、目上の人に対して使うことは失礼に当たるとされています。感嘆には「褒める」という意味合いがあり、目上の人が目下や同等の人を評価することになるためです。尊敬の念を含んだ「敬服」「感服」と言い換えると良いでしょう。

感嘆の対義語

感嘆の対義語・反対語としては、激しい言葉でののしることを意味する「罵倒」、痛烈に非難することを意味する「痛罵」、あざけりののしることを意味する「嘲罵」などがあります。

感嘆の類語

感嘆の類語・類義語としては、感心してほめたたえることを意味する「称嘆」、つくづく感心して褒めたたえることを意味する「嘆賞」、感心してほめることを意味する「嘆美」、大いに感嘆することや心から感心することを意味する「三嘆」などがあります。

詠嘆の例文

1.グランドキャニオンの絶景に詠嘆したことを英語で表現したかったが、上手く伝えられませんでした。
2.世界中の人々が詠嘆するバンクシーの絵がある場所を、ぜひ訪ねてみたいものです。
3.古典文法が苦手で、古文の助動詞「けり」が詠嘆なのか過去なのか訳し方が分かりません。
4.俳句の切れ字である「や」「かな」「けり」は、詠嘆の思いが込めらています。
5.日本海に沈む夕日の美しさに、私は無意識のうちに「あぁ」と詠嘆していました。
6.歳を重ねてもなお変わらぬその美貌に、会場内から詠嘆の声がもれ聞こえたのを私は聞き逃しませんでした。
7.はじめて彼女と出会った時は、あまりの美しさに思わず「美しい!」と詠嘆しそうになったほどだ。
8.日本人が人生で一番幸せな瞬間は、縁側で日向ぼっこをしながら春だねぇと詠嘆することだと思うのだ。
9.師匠の技を盗んでやろうとも思ったのに、その筆遣いにただただ詠嘆するばかりで、盗むどころではなかった。
10.和歌において「けり」や「なりけり」は過去形ではなく詠嘆を表すことが多いのでしっかり覚えておくように。

この言葉がよく使われる場面としては、 物事に深く感動すること、感動を声に表すことを表現したい時などが挙げられます。

例文1から例文4の文中にある詠嘆は、物事に深く感動することの意味で用いられています。例文5にある詠嘆は、感動を声に表すことの意味で用いられています。

感嘆の例文

1.浄土ヶ浜の素晴らしい景色を目の当たりにして、思わず感嘆のため息をついた。
2.このお料理を口にしたら、誰もが感嘆するに違いありません。
3.英語の会話で感嘆詞を伴って話す時には、顔の表情も大事になります。
4.注目の大リーガーの完封勝利に、解説者は「さすがです!」と感嘆の声をあげた。
5.LINEのメッセージに感嘆符や絵文字を付けないと冷たい印象になるけど、使いすぎると下品になるので加減が難しい。
6.突然ストリートピアノを弾き始めた男性の見事な演奏に、周囲には人だかりができ感嘆の声があがった。
7.ブルーインパルスの展示飛行に、その日は多くの人々が感嘆しながら空を見上げていたはずです。
8.その男の身体表現能力にはさすがのわたしも感嘆せざるを得ず、さすが一流のダンサーは違うと痛感したのであります。
9.わたしはとても驚いた。この驚きを文字で表現するには感嘆符をいくつ並べたらいいのかわからないほどであった。
10.プロのマーケターによる市場の分析能力に、多くの社員たちは感嘆の念を抱いていたが、納得していない男が一人いた。

この言葉がよく使われる場面としては、感心して褒めるさまを表現したい時などが挙げられます。

例文3にある「感嘆詞」とは、感嘆のあまり発する言葉を意味します。英語の感嘆詞には「Yeah」「Wow」「Oh」などがあります。例文5の「感嘆符」とは、「!」と書き表す符号のことで、感動や驚き、強調などの感情を表します。エクスクラメーションマークとも言います。

詠嘆と感嘆という言葉は、どちらも深く感動することを表します。さらに詠嘆には、「感動して声を発すること」の意味もあることを覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター