今日の買取件数:20件/今月の買取件数:535件/累計買取件数:9,281件

【密か】と【秘か】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

同じ「ひそか」という読み方の「密か」と「秘か」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「密か」と「秘か」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。




「密か」と「秘か」の違い

「密か」と「秘か」の意味の違い

「密か」と「秘か」の違いを分かりやすく言うと、「密か」とは一般的に使われている、「秘か」とは一般的に使われていないという違いです。

「密か」と「秘か」の使い方の違い

一つ目の「密か」を使った分かりやすい例としては、「母の誕生日パーティーを密かに計画する」「彼に対して密かに思いを寄せています」「彼が密かに浮気していないかと疑っている」「二人は毎月密かに会っている」などがあります。

二つ目の「秘か」を使った分かりやすい例としては、「明日の修学旅行で秘かに思っている人に告白することにしました」「両親にバレないように秘かに家を出る」「重要な書類を秘かに持ち出した人がいる」などがあります。

「密か」と「秘か」の使い分け方

「密か」と「秘か」はどちらも人に知られないようにひっそりとすることを意味する言葉ですが、使い方に少し違いがあるので注意が必要です。

「密か」は一般的に使われているのに対して、「秘か」は一般的に使われていないというのが違いになります。そのため、どちらの言葉を使うか迷った場合は、広く一般的に使われている「密か」の方を使うようにしましょう。

「密か」と「秘か」の英語表記の違い

「密か」も「秘か」も英語にすると「secret」「private」となり、例えば上記の「二人は毎月密かに会っている」を英語にすると「They meet in secret every month」となります。

「密か」の意味

「密か」とは

「密か」とは、人に知られないようにひっそりとすることを意味しています。

表現方法は「密かに憧れる」「密かに楽しみ」「密かな楽しみ」

「密かに憧れる」「密かに楽しみ」「密かな楽しみ」などが、「密か」を使った一般的な言い回しになります。

「密か」の使い方

「密か」を使った分かりやすい例としては、「誰か声をかけてくれるんじゃないかと密かに期待しています」「彼に対して恋心を密かに抱いている」「彼みたいな格好に密かに憧れている」「密かに離婚準備を進めている」などがあります。

その他にも、「彼女に対する密かな恋心がある」「お葬式は密かに行われました」「彼女の密かな趣味は映画鑑賞です」「彼に対して心密かに思いを寄せている」「心密かな期待があります」などがあります。

「密か」は人に知られないようにひっそりとすることを意味する言葉で、日常生活などの様々な場面で使うことができます。

「密か」は別の漢字を使って「窃か」や「私か」と表記することができますが、あまり一般的ではありません。

「密か」の類語

「密か」の類語・類義語としては、人に知られないようにひそかに物事をすることを意味する「ひっそり」、動作などが静かで人目に立たないことを意味する「忍びやか」、他人に気づかれないように物事をすること意味する「そっと」などがあります。

「秘か」の意味

「秘か」とは

「秘か」とは、人に知られないようにひっそりとすることを意味しています。

表現方法は「秘かに思う」「秘かな○○」

「秘かに思う」「秘かな○○」などが、「秘か」を使った一般的な言い回しになります。

「秘か」の使い方

「秘か」を使った分かりやすい例としては、「夫が秘かに浮気していたことが分かり許すことができません」「父の昇進祝いを秘かに計画している」「今秘かに追っている事件があります」「彼女に対して秘かに思いを寄せている」などがあります。

その他にも、「結婚式は秘かに行われました」「心秘かに彼を呪いました」「彼女に知られないように秘かに計画を立てる」「私の秘かな趣味はアニメ鑑賞です」「隣国に秘かに潜入し諜報活動を行う」などがあります。

「秘か」は人に知られないようにひっそりとすることを意味する言葉で、日常生活などの様々な場面で使うことができます。

「秘か」は別の漢字を使って「窃か」や「私か」と表記することができますが、あまり一般的ではありません。

「秘か」の類語

「秘か」の類語・類義語としては、他人に知られないようにすることを意味する「秘密」、表沙汰にしないことを意味する「内密」、内におさえて人目に立たないようにすることを意味する「秘めやか」などがあります。

「密か」の例文

1.部員たちで、顧問の先生の誕生日パーティーを密かに計画しています。
2.毎年密かに楽しみにしていることは、ゴールデンウィークに行く一人海外旅行です。
3.彼の正体を探るために、私は密かに観察するようになりました。
4.結婚したが今の生活がとても退屈なので、別れた元カレと密かに連絡をとっている。
5.退職したら都会を離れて、田舎で密かに暮らそうと思っています。
6.都会の喧騒にうんざりしているので、老後は田舎にでも移住して、密かに暮らしたいと思っている。
7.カネもないし、人望もない男にとって一人で本を読みふけることは密かな楽しみであったのかもしれない。
8.友達の誕生日のサプライズパーティーを密かに計画していたのだが、うっかり誰かが漏らしてしまって台無しになった。
9.わたしが父親に対して密かに抱いていた疑問は、大人になっても解消されることなく今に続いている。
10.わたしは上司とは一見うまく付き合っているようにみえるが、実のところは好きじゃないし、密かに軽蔑しているほどだった。

この言葉がよく使われる場面としては、人に知られないようにひっそりとすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように、「密か」は様々な場面で使うことができる言葉です。

「秘か」の例文

1.こんな大規模なプロジェクトが、秘かに進行していたなんて未だに信じられません。
2.夫の目を盗んで不倫相手と秘かに会っているが、まだ気づかれていません。
3.妻に知られないように、結婚記念日のイベントの計画を秘かに立てている。
4.彼は政治家になりたいという、秘かな願望を抱いています。
5.毎年秘かに楽しみにしていることは、お盆休みに友人達とディズニーランドへ行くことです。
6.こんなにも災害が多いと言うのに対策をすることがないのは、それぞれの人々が自分だけは大丈夫だと秘かに思っているからだろう。
7.いつも有名選手たちばかりが脚光を浴びているが、彼女だけは縁の下の力持ちの選手たちを秘かに応援していた。
8.弟は秘かに楽しみにしていたおやつをわたしに食べられてしまいひどく当たり散らしていたが、もう食べてしまったのだから仕方がないのだ。
9.彼女は顔ではいつでも笑顔だったが、人がいないところでは秘かに心を痛めていることをわたしは知っていた。
10.元恋人と秘かに連絡を取り合っていたことが妻にばれて慰謝料を請求させられそうになったがなんとかなだめて事なきを得た。

この言葉がよく使われる場面としては、人に知られないようにひっそりとすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように、「秘か」は様々な場面で使うことができる言葉ですが、「秘か」の漢字を使うのはあまり一般的ではありません。

「密か」と「秘か」はどちらも人に知られないようにひっそりとすることを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、一般的に使われている「密か」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター