今日の買取件数:20件/今月の買取件数:520件/累計買取件数:16,366件

【お手数おかけします】と【お手数をおかけします】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「お手数おかけします」(読み方:おてすうおかけします)と「お手数をおかけします」(読み方:おてすうをおかけします)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「お手数おかけします」と「お手数をおかけします」という言葉は、どちらも面倒をかけてしまった相手に感謝や労いの気持ちを伝えることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「お手数おかけします」と「お手数をおかけします」の違い

「お手数おかけします」と「お手数をおかけします」の意味の違い

「お手数おかけします」と「お手数をおかけします」の違いを分かりやすく言うと、「お手数おかけします」は文法的に間違っている表現、「お手数をおかけします」は文法的に正しい表現という違いです。

「お手数おかけします」と「お手数をおかけします」の使い方の違い

一つ目の「お手数おかけします」を使った分かりやすい例としては、「お手数おかけしますが、こちらの文章を見てもらってもいいですか」「お手数おかけしますが、こちらの用紙にご記入をお願いいたします」などがあります。

二つ目の「お手数をおかけします」を使った分かりやすい例としては、「お手数をおかけしますが、明日までにご返信をお願いします」「お手数をおかけしますが、対応の方よろしくお願い申し上げます」などがあります。

「お手数おかけします」と「お手数をおかけします」の使い分け方

「お手数おかけします」と「お手数をおかけします」はどちらも同じ意味を持つ言葉で大きな違いはありません。あえて違いを挙げるならば、「お手数おかけします」は文法的に間違っている表現、「お手数をおかけします」は文法的に正しい表現というのが違いです。

「お手数おかけします」は助詞「を」を省いており、文法的に正しい表現ではないので、書き言葉として使うのはあまり適していません。

一方、「お手数をおかけします」は文法的に正しい表現なので、メールや文章などの書き言葉として使う場合は「お手数をおかけします」を使うのが適しています。

ただし、話し言葉として使う場合は、「お手数おかけします」と「お手数をおかけします」はどちらの表現を使っても問題ないと覚えておきましょう。

なぜなら、日本語の日常会話においては、「仕事した」「運動した」「アイス食べた」などのように、助詞を省いた言葉を使うの一般的になっているからです。

「お手数おかけします」と「お手数をおかけします」の英語表記の違い

「お手数おかけします」も「お手数をおかけします」も英語にすると「I’m sorry for your inconvenience」「I’m sorry to trouble you」「I know it’s a big ask」となります。

「お手数おかけします」の意味

「お手数おかけします」とは

「お手数おかけします」とは、面倒をかけてしまった相手に感謝や労いの気持ちを伝えることを意味しています。

「お手数おかけします」の読み方

「お手数おかけします」の読み方は「おてすうおかけします」です。誤って「おてかずおかけします」と読まないようにしましょう。

「お手数おかけします」の使い方

「お手数おかけします」を使った分かりやすい例としては、「お手数おかけしますが、ご確認のほどよろしくお願いいたします」「お手数おかけしますが、本日中の提出をお願いします」「お手数おかけしますが、明日までにご連絡いただけると幸いです」などがあります。

「お手数おけします」は「お手数をおかけします」の助詞「を」を省略した言葉になります。文法的には間違っている表現ですが、広く一般的に使われているため話し言葉として使う場合は日常的に使用しても問題ありません。

ただし、書き言葉やかしこまった場面で使う場合は、文法的に正しい「お手数をおかけします」の方を使った方がいいでしょう。

「お手数おかけします」の類語

「お手数おかけします」の類語・類義語としては、相手に時間を取らせてしまったことを意味する「お手間を取らせてしまい」、相手にお願いする際恐縮することを意味する「大変恐れ入りますが」などがあります。

「お手数をおかけします」の意味

「お手数をおかけします」とは

「お手数をおかけします」とは、面倒をかけてしまった相手に感謝や労いの気持ちを伝えることを意味しています。

「お手数をおかけします」の読み方

「お手数をおかけします」の読み方は「おてすうをおかけします」です。誤って「おてかずをおかけします」と読まないようにしましょう。

「お手数をおかけします」の使い方

「お手数をおかけします」を使った分かりやすい例としては、「お手数をおかけして申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします」「お手数をおかけしますが、こちらの用紙にお名前をご記入ください」などがあります。

「お手数をおかけします」は面倒をかけてしまった相手に感謝や労いの気持ちを伝えることを意味しており、相手に対して依頼やお願いをする時に使うクッション言葉になります。

クッション言葉とは、「大変恐れ入りますが」「大変申し訳ございませんが」「大変ありがたいお話なのですが」「不本意ではございますが」などのように、伝えたい本題に入る前に一言添えて気遣いを示す言葉のことです。

また、「お手数をおかけします」はビジネスシーンにおいて頻繁に使われている言葉で、正しい敬語表現なので上司や取引先などの目上の人に対して使っても問題ありません。

「お手数をおかけします」を使う上で注意しなければならないのは、「お手数をおかけしますが、そこにある資料を取っていただけませんか」のように、簡単なお願いに使うの適していないという点です。

この場合は「すみませんが、そこにある資料を取っていただけませんか」「申し訳ありませんが、そこにある資料を取っていただけませんか」などのように別の言葉を使うようにしましょう。

また、「お手数をおかけしますが、資料をお送りします」のように自分の行動に対して使うことはできません。もし資料を送ることを言いたいのであれば、「お手数をおかけしますが、資料をお送りしましたのでご確認のほどお願いいたします」とするようにしましょう。

「お手数をおかけします」の類語

「お手数をおかけします」の類語・類義語としては、面倒をかけることを意味する「面倒をおかけします」、迷惑をかけたことを謝罪することを意味する「ご迷惑をおかけしました」などがあります。

「お手数おかけします」の例文

1.お手数おかけしますが、こちらにお名前と電話番号の記入をお願いします。
2.お手数おかけしますが、必要事項をご記入の上こちらの住所にご返送お願いいたします。
3.お手数おかけしますが、入店時にはこちらで消毒の方をお願いいたします。
4.お手数おかけしますが、明日までにご返信いただければ幸いです。
5.大変お手数おかけしますが、明日の10時頃お伺いしてもよろしいでしょうか。
6.お手数おかけしますが、こちらの書類に住所氏名を記入してもらってもよろしいでしょうか?
7.お手数おかけしますが、申請書類は明日までに提出してください。窓口業務は17時までとなっていますのでそれまでにお願いします。
8.当選金を受け取るためにはサイトへの登録が必須となります。お手数おかけしますが、ご登録をよろしくお願いいたします。
9.本日は仕事で外出のため、お急ぎの方はお手数おかけしますが、下記の電話番号にご連絡くださいませ。
10.携帯プランについてお手数おかけしますが、ご希望内容についてご教示いただけますでしょうか。

この言葉がよく使われる場面としては、面倒をかけてしまった相手に感謝や労いの気持ちを伝えることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「お手数おかけします」は話し言葉として使うのが一般的です。

「お手数をおかけします」の例文

1.お忙しいところお手数をおかげしますが、今週中にご返信のほどよろしくお願いいたします。
2.大変お手数をおかけしますが、一度こちらへ足を運んでいただけると幸いです。
3.お手数をおかけしますが、こちらの内容についてご教示いただけますでしょうか。
4.お手数をおかけしますが、1月31日までにお振込みをお願いいたします。
5.お手数をおかけしますが、何卒ご容赦のほどよろしくお願いいたします。
6.弊社は2月28日より固定電話が廃止となります。お手数をおかけしますが、今後は担当の社用携帯電話に直接ご連絡していただきますようお願いいたします。
7.再起動していただくと改善する可能性がございます。お手数をおかけしますが、それらをお試しいただいた上で、もし改善しない場合は再度カスタマーセンターにご連絡ください。
8.お困りのようでしたらご対応したく存じますので、お手数をおかけしますが、下記のメールアドレス宛に詳細を送付いただけますと幸いです。
9.ただいま展示会のアンケートをお願いしております。ご来場の皆様にはお手数をおかけしますが、どうぞご協力をお願いいたします。
10.ご請求の料金につきまして、入金が確認されておりません。お手数をおかけしますが、2月1日までにお振込みをお願い致します。

この言葉がよく使われる場面としては、面倒をかけてしまった相手に感謝や労いの気持ちを伝えることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「お手数をおかけします」はビジネスシーンにおいてよく使われている表現です。

「お手数おかけします」と「お手数をおかけします」はどちらも相手に感謝や労いの気持ちを伝えることを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、書き言葉として使う時は「お手数をおかけします」を、話し言葉として使う時はどちらを使っても問題ないと覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター