今日の買取件数:20件/今月の買取件数:100件/累計買取件数:17,746件

【アンチテーゼ】と【アンチ】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「アンチテーゼ」と「アンチ」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「アンチテーゼ」と「アンチ」という言葉は、「反対のもの」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




アンチテーゼとアンチの違い

アンチテーゼとアンチの意味の違い

アンチテーゼとアンチの違いを分かりやすく言うと、アンチテーゼは反対の理論を表現する時に使い、アンチは反対者を表現する時に使うという違いです。

アンチテーゼとアンチの使い方の違い

一つ目のアンチテーゼを使った分かりやすい例としては、「主流のアンチテーゼとして扱われるものに魅力を感じる性質だ」「彼の意見に対するアンチテーゼとして自身の見解を発表する」「アンチテーゼの特徴を持つが両立できそうだと感じた」などがあります。

二つ目のアンチを使った分かりやすい例としては、「両親は最近アンチエイジングに勤しんでいる」「彼女のアンチだろう人が悪口ばかり口にしていた」「アンチも行き過ぎればいじめなどの犯罪行為になりかねない」などがあります。

アンチテーゼとアンチの使い分け方

アンチテーゼとアンチはどちらも反対のものを表す言葉として使われていますが、若干意味や使い方が異なります。

アンチテーゼは、反対の理論や対極にあるものを指しますが、両者が必ずしも対立するわけではありません。特に、哲学や文章構成技術などにおいて使われることが多い言葉です。

一方のアンチは、対象のものに反対する人や対抗する物を指します。単なる反対者ではなく、対象に対して嫌悪感を持つ人も意味します。

そのため、アンチテーゼは反対意見や理論を表すのに対して、アンチは反対者そのものを表すだけでなく、対象を嫌う人や対抗する人や物も表します。

また、アンチはアンチテーゼの略称であると言われることもありますが、英語ではアンチという単語が存在するため略称ではありません。

アンチテーゼとアンチの英語表記の違い

アンチテーゼを英語にすると「antithesis」となり、例えば上記の「主流のアンチテーゼ」を英語にすると「the antithesis of the mainstream」となります。

一方、アンチを英語にすると「anti」となり、例えば上記の「アンチエイジング」を英語にすると「anti-aging」となります。

アンチテーゼの意味

アンチテーゼとは

アンチテーゼとは、反対の意見や理論を意味しています。

アンチテーゼの使い方

アンチテーゼを使った分かりやすい例としては、「現代社会に対するアンチテーゼに関する書籍を手に入れた」「アンチテーゼを弁論に盛り込むだけで説得力が増す」「アンチテーゼを使った作家は少なくない」などがあります。

その他にも、「テーゼもアンチテーゼも事実であることに違いない」「テーゼがなければアンチテーゼやジンテーゼは成立しない」「アンチテーゼによって描写された二人は争うわけではなく相棒として互いを支え合っている」などがあります。

アンチテーゼは英語で「antithesis」と表記され、正反対や対照を表す言葉として使われています。日本語でも同じ意味で使われていますが、日常会話でアンチテーゼという言葉が使われることはあまりありません。

もとはギリシア語で対立を意味する言葉が語源となっており、古代ギリシアで登場した弁証法からある考え方です。「テーゼ」は真や偽の性質を持つ命題を意味する言葉で、「アンチ」が頭につくことで反対命題を表すようになります。

また、弁論や説得における技術として対照法や対句法と訳されることもあり、文学などの創作物においては性格などの要素が正反対のキャラクター同士を表す場合もあります。

アンチテーゼの類語

アンチテーゼの類語・類義語としては、否定的な判断や命題を立てることを意味する「反定立」、相対する点を意味する「対極」などがあります。

アンチの意味

アンチとは

アンチとは、反対や対抗のものを意味しています。

その他にも、反対する人や対抗心を持つ人を意味する言葉としても使われています。

表現方法は「アンチコメント」「アンチが湧く」「アンチが多い」

「アンチコメント」「アンチが湧く」「アンチが多い」などが、アンチを使った一般的な言い回しです。

アンチの使い方

「アンチウイルスソフトを導入しておく必要がある」「アンチコメントばかりで辟易とする」「アンチエイジング効果に期待して様々なことを試してみる」などの文中で使われているアンチは、「対抗するもの」の意味で使われています。

一方、「アンチによる誹謗中傷はSNSの普及によって増えた」「有名女優は物言いのせいでアンチが多い」「その企業の製品は不具合が多いためアンチでなくとも辛辣なレビューになる」などの文中で使われているアンチは、「反対者」の意味で使われています。

アンチは英語で「anti」と表記され、反対者を表したり、反対や対抗を意味する接頭辞として使われています。もとは「antipathy」の「anti」から取られたもので、「アンティ」と発音されることもあります。

日本語でも上記例文の「アンチによる誹謗中傷」「アンチが多い」などのようにアンチという言葉のみで、対象とするものを嫌う人や認めない人を意味します。

また、上記例文の「アンチウイルス」「アンチコメント」などのように固有名詞と一緒に使うことで、そのものに対する否定や対抗を意味する言葉として使われています。

アンチの対義語

アンチの対義語・反対語としては、熱心な愛好者を意味する「ファン」、同調者や共鳴者を意味する「シンパ」があります。

アンチの類語

アンチの類語・類義語としては、反発する気持ちを意味する「反感」、一つの意見に対して不服を主張する意見を意味する「異議」、あざけり罵ることを意味する「嘲罵」(読み方:ちょうば)などがあります。

アンチテーゼの例文と使い方

1.彼女のファッションセンスは流行とは異なるため、彼女なりのアンチテーゼなのだろうと思っている。
2.社会的な風潮へのアンチテーゼの主張に絵画を用いる人もいたため、場合によっては風刺画とも呼ばれている。
3.アンチテーゼ作品から読み取れることを、情勢なども考慮しながら自分なりに文章に書き起こしてみるのはいい経験になるかもしれない。
4.タイトルからアンチテーゼだとわかるため、読む人を選ぶ本かもしれないと思っていたがそんなことはなかった。
5.アンチテーゼは決して嫌味や皮肉ではないが、誤って使う人が多いように思う。

この言葉がよく使われる場面としては、反対の意見や理論を意味する時などが挙げられます。

例文5のようにアンチテーゼは誤用されることが多いですが、皮肉といった意味はありません。

アンチの例文と使い方

1.アンチエイジングとして筋トレやストレッチをルーティンに組み込んでみようと考えている。
2.動画にコメントが付けられる機能は皆で共有している感覚がして面白いが、アンチコメントが付いていると悲しい気持ちになる。
3.アンチファッション精神を持つインフルエンサーのコーディネートをSNSで見るのが最近の趣味だ。
4.企業製品を実際に使ってアンチとなってしまった場合は仕方ないが、使ってもいないのに文句を言うのは間違っている。
5.万人に受け入れられるものはほとんどなく、大体はアンチが少しは生まれるものだと思っている。

この言葉がよく使われる場面としては、反対や対抗のものを意味する時などが挙げられます。

例文1の「アンチエイジング」とは、若くいることや若く見られたいために老化を防ぐことを意味する言葉です。

アンチテーゼとアンチは、どちらも「反対のもの」を表します。どちらを使うか迷った場合は、反対の理論を表す場合は「アンチテーゼ」を、反対者を表す場合は「アンチ」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター