今日の買取件数:20件/今月の買取件数:100件/累計買取件数:17,746件

【感謝の念に堪えません】と【感謝に堪えません】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「感謝の念に堪えません」(読み方:かんしゃのねんにたえません)と「感謝に堪えません」(読み方:かんしゃにたえません)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「感謝の念に堪えません」と「感謝に堪えません」という言葉は、どちらも抑えきれないほど感謝の気持ちがあることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「感謝の念に堪えません」と「感謝に堪えません」の違い

「感謝の念に堪えません」と「感謝に堪えません」の意味の違い

「感謝の念に堪えません」と「感謝に堪えません」の違いを分かりやすく言うと、「感謝の念に堪えません」は一般的に使われている、「感謝に堪えません」は一般的に使われていないという違いです。

「感謝の念に堪えません」と「感謝に堪えません」の使い方の違い

一つ目の「感謝の念に堪えません」を使った分かりやすい例としては、「いつも柔軟な対応をいただき感謝の念に堪えません」「この度の多大なるご配慮には感謝の念に堪えません」「あなたは私のフランス語を上達させるのを手伝ってくれたので感謝の念に堪えません」などがあります。

二つ目の「感謝に堪えません」を使った分かりやすい例としては、「部長には長年にお世話になっており感謝に堪えません」「昨年は格別のご指導を賜り感謝に堪えません」「皆様には何かとお力添えいただき感謝に堪えません」などがあります。

「感謝の念に堪えません」と「感謝に堪えません」の使い分け方

「感謝の念に堪えません」と「感謝に堪えません」はどちらも抑えきれないほど感謝の気持ちがあることを意味しており、大きな違いはありません。

あえて違いを挙げるならば、「感謝の念に堪えません」は一般的に使われているのに対して、「感謝に堪えません」は一般的に使われていないという点です。

したがって、どちらを使うか迷った場合は一般的に使われている「感謝の念に堪えません」の方を使えば問題ないでしょう。

「感謝の念に堪えません」と「感謝に堪えません」の英語表記の違い

「感謝の念に堪えません」も「感謝に堪えません」も英語にすると「I can’t thank you enough」となり、例えば上記の「あなたは私のフランス語を上達させるのを手伝ってくれたので感謝の念に堪えません」を英語にすると「You helped my French improve. I can’t help but thank you」となります。

「感謝の念に堪えません」の意味

「感謝の念に堪えません」とは

「感謝の念に堪えません」とは、抑えきれないほど感謝の気持ちがあることを意味しています。

「感謝の念に耐えません」「感謝の念に絶えません」は間違い

「感謝の念に堪えません」を「感謝の念に耐えません」や「感謝の念に絶えません」と表記するのは誤用なので、間違えないように注意しましょう。

「感謝の念に堪えません」の使い方

「感謝の念に堪えません」を使った分かりやすい例としては、「弊社の事業拡大に多大に貢献されましたこと感謝の念に堪えません」「困っている私を助けてくれて感謝の念に堪えません」「とても丁寧に対応してくださり感謝の念に堪えません」などがあります。

「感謝の念に堪えません」は、ありがたいと思う気持ちのことを意味する「感謝の念」に、抑えることをができないことを意味する「堪えません」が合わさり、抑えきれないほど感謝の気持ちがあることを意味する言葉です。

「感謝の念に堪えません」は日常生活ではあまり使いませんが、ビジネスシーンやお礼状などではよく使われています。

「感謝の念に堪えません」はビジネスシーンで目上の人にも使える

「感謝の念に堪えません」はとても丁寧な表現なので、ビジネスシーンで上司や取引先などの目上の人に対して使っても問題ありません。また、退職や転職などの異動の時の挨拶のフレーズとして使うことが多いです。

「感謝の念に堪えません」の類語

「感謝の念に堪えません」の類語・類義語としては、お礼を言いたい気持ちがあることを意味する「感謝申し上げます」、心から深く感謝することを意味する「深謝いたします」、感謝を伝えることを意味する「誠にありがとうございます」などがあります。

「感謝に堪えません」の意味

「感謝に堪えません」とは

「感謝に堪えません」とは、抑えきれないほど感謝の気持ちがあることを意味しています。

「感謝に耐えません」「感謝に絶えません」は間違い

「感謝に堪えません」を「感謝に耐えません」や「感謝に絶えません」と表記するのは誤用なので、間違えないように注意しましょう。

「感謝に堪えません」の使い方

「感謝に堪えません」を使った分かりやすい例としては、「いつも快く対応していただき感謝に堪えません」「昨年は大変お世話になり感謝に堪えません」「いつもながら貴社のご厚情には感謝に堪えません」などがあります。

「感謝に堪えません」は、ありがたいと思う気持ちのことを意味する「感謝」に、抑えることをができないことを意味する「堪えません」が合わさり、抑えきれないほど感謝の気持ちがあることを意味する言葉です。

「感謝に堪えません」は日常生活ではあまり使いませんが、ビジネスシーンやお礼状などではよく使われています。

「感謝に堪えません」はビジネスシーンで目上の人にも使える

「感謝に堪えません」はとても丁寧な表現なので、ビジネスシーンで上司や取引先などの目上の人に対して使っても問題ありません。また、退職や転職などの異動の時の挨拶のフレーズとして使うことが多いです。

「感謝に堪えません」の類語

「感謝に堪えません」の類語・類義語としては、お礼を言いたい気持ちがあることを意味する「お礼申し上げます」、謹んで例を伝えることを意味する「拝謝いたします」などがあります。

「感謝の念に堪えません」の例文

1.今月末をもって退職することとなりました。皆様には常日頃より何かとご指導いただき、感謝の念に堪えません。
2.あなたは私のドイツ語を上達させるのを手伝ってくれたので、感謝の念に堪えません。
3.この度は私たちの結婚式にご参加いただき、感謝の念に堪えません。
4.皆様のご協力によって本プロジェクトは成功したため、感謝の念に堪えません。
5.入社から現在まで多くの皆様のお世話になり、感謝の念に堪えません。

この言葉がよく使われる場面としては、抑えきれないほど感謝の気持ちがあることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「感謝の念に堪えません」はビジネスシーンでよく使われている言葉です。

「感謝に堪えません」の例文

1.右も左も分からない私に、一から指導してくださった皆様には感謝に堪えません。
2.営業成績に多大なる貢献をされましたことを感謝に堪えません。
3.この度は多くの方々にご参加いただき、感謝に堪えません。
4.本イベントは皆様のご協力によって成功したため、感謝に堪えません。
5.皆様には日頃より何かとお力添えいただき、感謝に堪えません。

この言葉がよく使われる場面としては、抑えきれないほど感謝の気持ちがあることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「感謝に堪えません」はビジネスシーンでよく使われている言葉です。

「感謝の念に堪えません」と「感謝に堪えません」はどちらも抑えきれないほど感謝の気持ちがあることを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、一般的に使われている「感謝の念に堪えません」の方を使えば問題ないでしょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター