【トレーナー】と【スウェット】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「トレーナー」と「スウェット」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「トレーナー」と「スウェット」という言葉は、どちらも服装の名称という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。



トレーナーとスウェットの違い

トレーナーとスウェットの違いを分かりやすく言うと、日本でしか通じない名称であるか、海外でも通じる名称であるかの違いです。トレーナーとスウェットシャツという言葉は同じ意味を持っています。

トレーナーとは、厚手の木綿生地で作った洋服のことです。かぶって着る形のゆったりとした上着を意味しています。

本来は、主に運動選手が体を冷やさないようにするために着る練習着のことを指していましたが、現在では普段着としてもよく着られているものです。

トレーナーの語源は「トレーニング」であり、トレーナーという名称は日本で出来た言葉です。日本で作られた言葉なので、海外では通じない言葉でもあります。

トレーナーとは、練習着の上着だけを指す言葉です。ズボンの部分を指す言葉はありません。トレーナーが作られる生地は、汗をよく吸収するのが特徴です。

一方、スウェットというのは、英語の「汗」を語源としたもので、海外でも通じる言葉です。スウェットシャツという名称で呼ぶ際には上着を指しますし、スウェットパンツという名称で呼ぶ場合はズボンを指します。

服の裏地を起毛させたパイル織りという作りになっているものが主流です。パイルとは「毛羽立った」という意味の言葉で、起毛している布地のことを指します。タオル生地などを想像するとわかりやすいでしょう。水分を吸収しやすい素材です。

他にも綿のメリヤス生地が使われることも多くあります。メリヤスとはニットの古い名称で、伸縮性に優れていて、スウェットの他にも下着や靴下などによく利用されているものです。

スウェットもトレーナーと同じく、運動選手が着ることを目的としている洋服です。汗を吸収しやすく、ゆったりとした動きやすい作りになっているのが特徴です。

スウェットシャツとトレーナーというのは、同じ意味の言葉ですが、ズボンを指す場合にはスウェットパンツと表現します。

トレーナーの意味

トレーナーとは、運動選手が練習の際に着る服の日本で作られた名称を意味しています。トレーナーとは日本で作られた言葉なので、海外では通じないことがあります。

トレーナーの語源は「トレーニング」であると言われています。運動選手が練習着として着る服をトレーナーと呼んでいます。現在では、運動選手だけでなく、日常生活でもファッションのひとつとして着られることが多くなりました。

トレーナーは、かぶって着られるゆったりとした上着であり、体を冷やさないように厚手の木綿生地などで作られていることが多いものです。汗を吸収しやすいのも特徴です。

トレーナーとは、上着のことだけを指し、ズボン部分を指す言葉はありません。トレーナーとスウェットシャツというのは同じ意味の言葉です。日本で作られた言葉であるか、海外でも通じる言葉であるかの違いです。

スウェットの意味

スウェットとは、運動選手が練習の際に着る汗を吸収しやすい服の名称を意味しています。スウェットとは、汗という意味の英語が語源となっている洋服のことを指します。

スウェットには、スウェットシャツとスウェットパンツが存在していて、どちらとも汗を吸いやすい生地で作られた洋服です。裏側を起毛させているものが多く、水分を吸収しやすく、伸縮性に優れているのが特徴です。

運動がしやすいように、動きやすくゆったりとした作りになっているものが多くあります。現在では、運動選手だけでなく、部屋着などの普段着としても利用されるようになりました。スウェットシャツは日本のトレーナーと同じ意味の言葉です。

トレーナーの例文

1.トレーナーは生地が厚いので、冬でもよく着ている。
2.最近は可愛いトレーナーが増えていて、普段着としても人気がある。
3.トレーナーという言葉が海外では通じないとは知らなかった。
4.近くのスーパーに買い物に出かける際は、トレーナーにスウェットパンツというラフな格好で出掛ける。
5.大会にむけて、チームでお揃いのトレーナーを買った。

この言葉がよく使われる場面としては、日本で運動着について話す際などが挙げられます。トレーナーという言葉は日本で出来た言葉なので、日本人の間でしか通じない場合があります。

トレーナーとは、本来は運動選手が練習の際に着るための服装を指していましたが、現在では普段着としてもよく着られるようになりました。伸縮性に優れていて動きやすく、汗を吸収しやすいのが特徴です。

木綿の素材で出来ているものが多く、かぶって着るかたちのものが主流です。トレーナーとスウェットシャツというのは同じ意味の言葉です。

スウェットの例文

1.休日は、上下ともスウェットを着て過ごすことが多い。
2.スウェットの生地とタオル生地は同じような作りらしいよ。
3.スウェットは汗を吸収しやすいので、体を冷やさずに済む。
4.スウェットはメリヤス生地で作られていることも多いのだけれど、最近はメリヤス生地と聞いてもあまりピンとくる人はいないのだろうね。
5.スウェットは伸縮性に優れているので、運動をする際にはもってこいの服装である。

この言葉がよく使われる場面としては、運動選手が練習の際に着る上下の服装のことを話す際などが挙げられます。スウェットとは汗を意味する英語が語源となった言葉で、水分を吸収しやすい生地で作られているのが特徴です。

スウェットには、スウェットシャツとスウェットパンツがあり、両方とも汗を吸いやすく伸縮性に優れているものです。タオル生地などにも使われるパイル織りや、ニットのような質感のメリヤス生地でつくられていることが多いものです。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター