【シュミレーション】と【シミュレーション】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文
今日の買取件数:20件/今月の買取件数:20件/累計買取件数:2,459件
(例文買取センターでは日本語を売ってくれる人を募集しています)

似た意味を持つ「シュミレーション」と「シミュレーション」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「シュミレーション」と「シミュレーション」という言葉は、どちらも似た発音を持っているため、本来の意味は違いますが混同して使われる傾向があります。



「シュミレーション」と「シミュレーション」の違い

「シュミレーション」は「シミュレーション」の間違い

シュミレーションとシミュレーションの違いを分かりやすく言うと、シュミレーションはシミュレーションを間違えた発音で表記しているもので、シミュレーションが本来の正しい言葉であるという違いです。

正しいのは「シミュレーション」

日本のカタカナ語辞典を参考にすると、英語の「Simulation」という言葉は「シミュレーション」という言葉で表現するという風に記載されています。これは英語の音を無理やり日本人でもわかるようにカタカナに変換したものです。

英語のスペルを見ると、その読み方は明らかで「シュミレーション」ではなく「シミュレーション」であるとわかります。しかし、実際には英語のスペルを見ながら発音することは少なく、間違えやすい言葉であると言えます。

日本人にとっては、発音をする際に「シミュ」と発音するよりも「シュミ」と発音する方が言いやすいということも、この間違いが広まっているひとつの原因です。このように、言いやすいように言葉が変化してしまうことを「音位転換」と呼びます。

この「音位転換」という現象は、日本語の中でもよくあるもので、例えば「舌鼓」という漢字の読み方は、正しくは「したつづみ」ですが、「したづつみ」と読んでしまうことがあります。

他にもよくあるのが、「雰囲気」という言葉を「ふんいき」ではなく「ふいんき」と読み間違えてしまうことなどがあります。これらも全て、シュミレーション、シミュレーションの間違いと同じく音位転換の間違いであると言えます。

このように、音位転換というのは、発音しにくい言葉を、口馴染みの良い形で発音しやすく、勝手に変換してしまうことを言います。または、別の意味を持つ言葉の音に引っ張られるようにして、間違えた発音をしてしまうことなどもあります。

シュミレーションの場合には、日本語の「趣味」などの発音と同じであるので、その発音に引っ張られている可能性もあります。「シュミ」という発音は「趣味」と通じますが、「シミュ」という発音の言葉は日本語にはありません。

「シュミレーション」と「シミュレーション」の覚え方

シュミレーションかシミュレーションか、どちらの発音が正しいのか迷った場合には「趣味」という単語を思い出して、「趣味ではない」と考えて「シミュレーション」とするようにしましょう。

または、英語のスペルである「Simulation」を思い出して発音するのも分かりやすいでしょう。言葉で発する時だけではなく、何かに記載しなくてはならない場合にも、誤った表記をしないように注意をするようにしましょう。

「シュミレーション」の意味

「シュミレーション」とは

シュミレーションとは、英語で言うところの「Simulation」を誤った日本語で発音してしまったものを意味しています。このように、本来の言葉とは違う発音の方が言いやすく、間違えた読み方のまま広まってしまう言葉を「音位転換」の言葉と言います。

「シュミレーション」と間違えやすい理由

「Simulation」の発音である「シ」と「ミ」というのは、両方とも、その言葉を伸ばして発音した際に残る音が「イ」である(「シィ―」「ミィー」となる)ことから、子音が同音である言葉であるとわかります。

このように子音が同音になっている言葉が重なると、発音がしにくい場合があります。特に子音が「イ」の音は発音が難しく、例えば「イ」と「シ」と「ヒ」なども連続して発音するのが困難であったりします。

言葉というのは、発音のしやすい方向に流れやすい傾向があり、その結果、「Simulation」の発音も正しい「シミュレーション」という発音から「シュミレーション」という発音に変化をして広まっていきました。

しかし、あくまでも本来の正しい発音は「シミュレーション」です。会話の際に発音する場合も、何かに記載をしなくてはならない場合も、正しい表現が出来るように注意をするようにしましょう。

「Simulation」という単語のスペルで覚えても良いですし、語呂合わせのように「趣味ではない」と覚えて「シミュレーション」の方が正しいと判断するようにしても良いでしょう。

「シミュレーション」の意味

「シミュレーション」とは

シミュレーションとは、現実に近い状況を模擬的に作り出すことを意味しています。コンピューターなどのシステムを使用して、模擬的な実験を行ったりすることをシミュレーションと呼ぶのだと覚えておくようにしましょう。

シミュレーションが意味するところの「模擬実験」というのは、本物に似た状況や実際の状態と同じような場面を用意して、何かが起こった時にどのような結果が得られるのかを試す実験のことを言います。

「シミュレーションする」の意味

例えば、コンピューターシステムを使用して、都内で地震が起こった時にはどのような被害が考えられるのか、避難経路はどうなるのかなどを考えたりすることを「シミュレーションする」と表現したりします。

その他にも、ビジネスシーンなどでは経営の今後の状況などを、過去の景気推移などからシミュレーションすることにより割り出して考えたりする場合もあります。

「シミュレーションゲーム」の意味

また、娯楽としても、シミュレーションゲームと呼ばれる種類のゲームがあったりします。仮想的に都市を建設出来るゲームや、恋愛の疑似体験が出来るゲームなどをシミュレーションゲームと呼びます。

このように、現実ではないけれど、現実らしい状況を作り上げて、試してみることを「シミュレーション」と呼びます。英語のスペルは「Simulation」であり、発音は「シュミレーション」ではなく「シミュレーション」となることを覚えておきましょう。

「シミュレーション」の類語

シミュレーションと似た意味を持つ言葉として、エミュレーションという言葉があります。これは、あるシステムの動作を別の環境のシステムでも同じように動作させることを意味する言葉です。

シミュレーションという言葉は、エミュレーションよりも「テストをする」という意味合いを強く持つ言葉です。仮想的に現実と同じような状況を作り出して、実際にどういう状況が起こり得るのかをテストすることをシミュレーションと呼ぶのだと考えます。

シミュレーションの英語表記である「Simulation」というのは、「真似をする」「フリをする」という意味を持つ動詞形の言葉です。現実の真似をする、現実のフリをするというような意味を持っているのだと考えると分かりやすいでしょう。

「シュミレーション」の例文

1.シュミレーションと打つと、いつも変換で趣味レーションとなってしまうので、おかしいなと思っていたら、正しくはシミュレーションだった!
2.よくシミュレーションのことをシュミレーションと間違えて書いている人がいるよね。
3.シュミレーションかシミュレーションか迷った場合には英語のスペルを思い出すと良いね。
4.卒業論文でシミュレーションのことを全部シュミレーションと書いてしまっていて、教授に笑われてしまった。
5.シミュレーションのことをシュミレーションと覚えてしまうような間違いを、音位転換というそうだ。

この言葉がよく使われる場面としては、英語の「Simulation」を発音した際に、間違えて読みやすい形で「シュミレーション」としてしまった時などが挙げられます。会話の中でも、文章の中でも、間違えられやすい言葉のひとつです。

正しくは「シミュレーション」であり、シュミレーションという読み方は間違いです。しかし、発音をする際に「シミュ」と読むよりも「シュミ」と読む方が簡単なので、どうしてもそちらへ流されがちになってしまうものです。

このように、読みやすい方向に音が変化してしまうことを「音位転換」と呼びます。英語では「メタセシス」とも表現します。間違えやすい言葉として、忘れないように気を付けておくようにしましょう。

「シミュレーション」の例文

1.来年度の売上げのシミュレーションをしてみた。
2.私の妹は、恋愛シミュレーションゲームにハマっているようだ。
3.自分が結婚したらどういう風になるのか、念入りに頭の中でシミュレーションしてみた。
4.大都市で災害が起こった時のために、避難のシミュレーションをしておく必要がある。
5.上司から、経費削減のためのシミュレーションをするように頼まれた。

この言葉がよく使われる場面としては、現実と同じような状況を作り出して、実際に何かが起こった際、どのような状態になるのかを実験する時などが挙げられます。また、仮想現実の世界で遊ぶゲームなどもシミュレーションゲームと呼ばれたりします。

シミュレーションとは、「真似をする」「フリをする」という意味を持つ言葉です。現実の真似をした状況をコンピューター上などに作り出し、その仮想現実に何かの問題を発生させたりすることで、現実で問題が起こった時に対処する術を考えたりします。

シミュレーションとは、実際に近い状況を仮想的につくり出すことであると覚えておくようにしましょう。また、カタカナで表記する際には「シュミレーション」としないように注意をするようにします。正しくは「シミュレーション」です。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター