今日の買取件数:20件/今月の買取件数:440件/累計買取件数:8,050件

【偽造】と【捏造】と【改ざん】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「偽造」(読み方:ぎぞう)と「捏造」(読み方:ねつぞう)と「改ざん」(読み方:かいざん)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どの言葉を使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「偽造」と「捏造」と「改ざん」という言葉は、偽りのものを作り上げることという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「偽造」と「捏造」と「改ざん」の違い

「偽造」と「捏造」と「改ざん」の意味の違い

「偽造」と「捏造」と「改ざん」の違いを分かりやすく言うと、「偽造」は本物そっくりに作り上げることを表し、「捏造」は事実でないことを事実のように扱うことを表し、「改ざん」はを文書などを勝手に変えることを表すという違いです。

「偽造」と「捏造」と「改ざん」の使い方の違い

「偽造」という言葉は、「公的文書が偽造された」「貨幣の偽造は大罪である」などの使い方で、偽物を作ることを意味します。

「捏造」という言葉は、「彼の話は8割が捏造されただと感じる」「研究結果の捏造が明らかとなった」などの使い方で、事実でないことを事実のように作り上げることを意味します。

「改ざん」という言葉は、「企業内で帳簿の改ざんが行われていた」「記録が改ざんされていたことに気付かなかった」などの使い方で、文書などを勝手に直すことを意味します。

「偽造」と「捏造」と「改ざん」の使い分け方

「捏造」と「改ざん」は、前者が事実ではないことをあたかも事実かのように作り上げることを意味し、後者が元々存在しているものに勝手に手を加えることを意味します。どちらも、行為を終えた後に残るものは一つとなります。

一方、「偽造」は、手本になるオリジナルと同じような偽物を一から作ることです。そのため、「捏造」や「改ざん」と違って、行為を終えた後に結果残るものは本物と偽物の二つとなります。

これらが、「偽造」、「捏造」、「改ざん」の明確な違いです。

「偽造」の意味

「偽造」とは

「偽造」とは、偽物を作ることを意味しています。

「偽造」と似た言葉に「模倣」や「模造」がありますが、前者は公的に発行されたお金や権利の証明書などを真似た時に、後ろ二つの言葉は民間の商品などを真似た時に使われるという違いがあります。

表現方法は「偽造する」「偽造を防ぐ」「偽造を見抜く」

「偽造する」「偽造を防ぐ」「偽造を見抜く」などが、偽造を使った一般的な言い回しです。

「偽造」を使った言葉として、「有形偽造」「無形偽造」があります。

「有形偽造」の意味

一つ目の「有形偽造」とは、権利や権限がない人が他人名義の文書を作成することを指す言葉で、文書の名義人と作成者が同一だと偽って文書を作成することも意味します。これにより作られた文書を「不真正文書」や「偽造文書」と言います。

「無形偽造」の意味

二つ目の「無形偽造」とは、有形偽造と違って、文書を作成する権限を持つ人が虚偽の内容を記して文書を作成することを指す言葉です。これにより作られた文書を「虚偽文書」と言います。

「偽造」の類語

「偽造」の類語・類義語としては、本物に似せて作ることを意味する「贋造」、本来の作者の作品に見せかけて作ることを意味する「偽作」、本物を真似て作ることを意味する「擬製」などがあります。

「捏造」の意味

「捏造」とは

「捏造」とは、事実でないことを事実のように作り上げることを意味しています。

「捏造」の読み方

「捏造」は「ねつぞう」という読み方をしますが、これは慣用読みで、元は「でつぞう」と読んでいた言葉です。

表現方法は「捏造する」「捏造されている」「捏造である」

「捏造する」「捏造されている」「捏造である」などが、捏造を使った一般的な言い回しです。

「捏造」の由来

捏造の「捏」は、土に水などを加えて練ることを意味する言葉であることから、元は土を捏ねて形を造ることを表していましたが、ここから形だけの偽物を造ることを意味するようになり、何も無いところから存在を生むという意味に転じました。

捏造と同じように、ないことをあるように作り上げることを意味する「でっち上げる」という言葉は、「捏」(読み方:でつ)という動詞が使われるようになった後に生まれ、「捏ち上げる」と表記されていました。

「捏造報道」の意味

「捏造」を使った言葉として、「捏造報道」があります。これは、マスコミなどが虚偽の内容を報道することを指す言葉です。

最初から虚偽であることを認識したうえで行う架空のニュースや推測を事実のように報道することを捏造報道と言い、そうでないものは「虚偽報道」と区別して考えられることもあります。

「捏造」の類語

「捏造」の類語・類義語としては、既にある物を加工して形や内容などを変えることを意味する「変造」、嘘を言うことを意味する「虚言」、事実をわざと歪めて伝えることを意味する「歪曲」などがあります。

「改ざん」の意味

「改ざん」とは

「改ざん」とは、文書などを勝手に直すことを意味しています。

「改ざん」の漢字表記

「改ざん」は「改竄」という漢字表記が存在しますが、「竄」という漢字が常用漢字ではないことから、ひらがなに置き換えて使われることがほとんどです。

表現方法は「改ざんする」「改ざんされる」「改ざんを防ぐ」

「改ざんする」「改ざんされる」「改ざんを防ぐ」などが、改ざんを使った一般的な言い回しです。

「改ざん」の由来

改ざんの「竄」という漢字は、ネズミが巣穴に入ることを表していることから、逃れる、隠れるといった意味があります。

こういった、ネズミの動作が由来となって、こっそり文字を挿入することを意味するようになり、さらにこっそり文字を書き換えることを意味するようになりました。

今日では改ざん行為には悪意があり、不正な行いであると考えられていますが、悪意の有無は本来問わない言葉です。そのため、知識不足で間違った変更を行うといったことにも「改ざん」という言葉が当てはまります。

しかし、日本では改ざんを防ぐための法律が設けられていたり、企業が帳簿の改ざんを行い支払う税金を小さくする脱税や、業績不良を良好であるように見せる粉飾決算が存在することからも、悪意が込められた事案が多いことも事実です。

「改ざん」の類語

「改ざん」の類語・類義語としては、細かなところに手を入れて見た目を取り繕ったり誤魔化すことを意味する「細工」、自分の都合の良いように手を加えることを意味する「操作」、事実を曲げて書くことを意味する「曲筆」などがあります。

「偽造」の例文

1.偽造防止のためのお札のすき入れが不思議なのか、子どもは意味もなく光に透かしたがる。
2.政治を執り行う人に対して不平不満があったからと言って、署名の偽造を行う方法は間違っている。
3.処方箋の偽造を行い医薬品を不正に入手する人がいることは、本当に必要な人のもとに届かない事態も危惧される。
4.海外のお店で高額紙幣を差し出すと嫌な顔をされるのは、海外では日本よりも偽造紙幣が多いので、それを確かめるには手間がかかるのだ。
5.彼は真面目にデザインの仕事をする傍ら、免許証の偽造を裏稼業としてやっていて、一時はそちらのほうが稼ぎが良かったほどだ。
6.昔の磁気カードは偽造がしやすかったので、本物と見分けのつかないカードを作って勝手に現金を引き出す事件が多発していたのだ。
7.中国輸出向けの製品に偽造防止のステッカーを作ったから大丈夫だろうと思ったが、そのステッカーですら偽造されてしまったのでもうお手上げ状態だ。

この言葉がよく使われる場面としては、偽物を作ることを意味する時などが挙げられます。

どれもオリジナルに似た偽物を造ることを意味するため、「捏造」や「改ざん」を置き換えて使うことはできません。

「捏造」の例文

1.歴史には捏造されている部分もあるが、未発見の史料によって新たな過去の事実が明らかになるのは心躍る気持ちだ。
2.友人に恋人の話を聞いた後、相手の男性と話をしたら、友人の話が半分以上捏造であることにゾッとした。
3.病気の検査結果を捏造して隔離期間を免除してもらおうという人の気持ちがわからない。
4.いままでコンピュータによって写真を捏造することはあったが、AIが登場したことにより映像の捏造までも可能になったことは社会に大きな影響を与えるだろう。
5.教授は研究結果の捏造を部下に指示したとして、大学側から激しく糾弾されていたが、もうあの教授は研究者人生を諦めなくてはならないだろう。
6.彼は性格が変わっており、時折意味もなく話を捏造してしまうのだが、大真面目に話すものだから冗談とわからずに信じてしまう人もいるだろうな。
7.たとえ知能指数が高くても人々が時折思い違いをするのは、自己暗示による記憶の捏造を無意識に行っているのではないかと思うのだ。

この言葉がよく使われる場面としては、事実ではないことを事実として作り上げることを意味する時などが挙げられます。

「捏造」という言葉は、例文1や例文3のように学術的な話題に使うこともでき、例文2のように日常会話内でも使うことが出来る言葉です。

「改ざん」の例文

1.論文の改ざんが行われるとそれを参考にする学生たちや企業らも被害を被ることとなる。
2.人間は自分の記憶を都合の良いように改ざんしてしまうこともある。
3.データシステムの改ざんが行われたからか、アプリにおけるエラーの対応に追われている。
4.一昔前は車検証に走行距離が記録されていなかったために、やろうと思えば中古車の走行メーターは改ざんし放題だったと言えるだろう。
5.もしも赤字を隠すために帳簿の改ざんを行おうとしても、すぐにバレるし、社会的信用を完全に失ってしまうのだからやめたほうがいいだろうね。
6.先進国であるはずの日本で公文書の改ざんが頻繁に行われていた理由は、あらかじめ責任を追求されないようにという同調圧力が組織内で働いていたのではなかろうか。
7.ある自動車メーカーで燃費の試験データの改ざんを行っていたことがわかったことがきっかけで、もはや自動車メーカー全体が示し合わせているのではないかという疑念を生んだ。

この言葉がよく使われる場面としては、文書などを勝手に直すことを意味する時などが挙げられます。

例文2のように悪意がないものに対してや、文書ではない記憶に対しても使うことができます。

「偽造」と「捏造」と「改ざん」どれを使うか迷った場合は、偽物を作ることを表す場合は「偽造」を、嘘を事実のように扱うことを表す場合は「捏造」を、文書などを勝手に変えることを表す場合は「改ざん」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター