今日の買取件数:20件/今月の買取件数:480件/累計買取件数:9,801件

【ご多忙の折】と【ご多忙の中】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「ご多忙の折」(読み方:ごたぼうのおり)と「ご多忙の中」(読み方:ごたぼうのなか)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「ご多忙の折」と「ご多忙の中」という言葉は、どちらもとても忙しい時なのにを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「ご多忙の折」と「ご多忙の中」の違い

「ご多忙の折」と「ご多忙の中」の意味の違い

「ご多忙の折」と「ご多忙の中」の違いを分かりやすく言うと、「ご多忙の折」と「ご多忙の中」は意味や使い方の違いはなく、どちらを使っても同じです。

「ご多忙の折」と「ご多忙の中」の使い方の違い

一つ目の「ご多忙の折」を使った分かりやすい例としては、「ご多忙の折恐縮ですが何卒よろしくお願いします」「ご多忙の折にもかかわらず対応していただきありがとうございます」「ご多忙の折恐縮ですがお手伝いお願いします」などがあります。

二つ目の「ご多忙の中」を使った分かりやすい例としては、「ご多忙の中対応していただきありがとうございました」「ご多忙の中申し訳ありませんがご確認していただけると幸いです」などがあります。

「ご多忙の折」と「ご多忙の中」の使い分け方

「ご多忙の折」と「ご多忙の中」は、どちらもとても忙しい時なのにやとても忙しい最中なのにという同じ意味を持つ言葉です。そのため、お互いに置き換えることが可能になっています。

例えば「ご多忙の折、ご返信いただきありがとうございます」という文章は、「ご多忙の中にもかかわらず、ご返信いたがきありがとうございます」と置き換えることができます。

また反対に、「ご多忙の中恐縮ですが何卒よろしくお願いします」という文章を「ご多忙の折恐縮ですが何卒よろしくお願いします」のように置き換えることも可能です。

「ご多忙の折」と「ご多忙の中」の英語表記の違い

「ご多忙の折」も「ご多忙の中」も英語にすると「I’m sorry to bother」となり、例えば上記の「ご多忙の折恐縮ですがお手伝いお願いします」を英語にすると「I’m sorry to bother you but I would like your help」となります。

「ご多忙の折」の意味

「ご多忙の折」とは

「ご多忙の折」とは、とても忙しい時なのにを意味しています。

表現方法は「ご多忙の折恐れ入りますが」「ご多忙の折恐縮ですが」

「ご多忙の折恐れ入りますが」「ご多忙の折恐縮ですが」「ご多忙の折お手数をおかけしますが」「ご多忙の折にもかかわらず」「ご多忙のお時間」「ご多忙の折と存じますが」「ご多忙の折でございますが」などが、「ご多忙の折」を使った一般的な言い回しになります。

「ご多忙の折」の使い方

「ご多忙の折」を使った分かりやすい例としては、「ご多忙の折恐縮ですがご連絡いただければ幸いです」「ご多忙の折恐れ入りますがご確認のほどよろしくお願いします」「ご多忙の折にお邪魔して申し訳ございません」などがあります。

「ご多忙の折」とは非常に忙しいことを意味する「多忙」に丁寧語の「ご」をつけた「ご多忙」と時、場所、状況を表わす「の折」が合わさりとても忙しい時なのにという意味で使われる言葉です。

「ご多忙の折」はビジネスメールなどの前置きのクッション言葉

「ご多忙の折」はビジネスメールなどの前置きでクッション言葉としてよく使用されています。また、上司や取引先などの目上の人に対しても使うことが可能です。

クッション言葉とは「大変恐れ入りますが」「大変申し訳ございませんが」「大変ありがたいお話なのですが」「不本意ではございますが」などのように、伝えたい本題に入る前に一言添えて気遣いを示す言葉のことです。

「ご多忙の折」の類語

「ご多忙の折」の類語・類義語としては、相手が時間を費やしてくれたことに対して申し訳なく思う気持ちを表わすことを意味する「お忙しいところ」があります。

「ご多忙の中」の意味

「ご多忙の中」とは

「ご多忙の中」とは、とても忙しい最中なのにを意味しています。

表現方法は「ご多忙の中恐れ入りますが」「ご多忙の中申し訳ございません」

「ご多忙の中恐れ入りますが」「ご多忙の中申し訳ございません」「ご多忙の中お手数をおかけして」「ご多忙の中大変恐縮ですが」「ご多忙の中ありがとうございます」などが、「ご多忙の中」を使った一般的な言い回しになります。

「ご多忙の中」の使い方

「ご多忙の中」を使った分かりやすい例としては、「ご多忙の中大変申し訳ありませんがご検討いただければと存じます」「ご多忙の中にもかかわらずご案内していただきありがとうございました」「ご多忙の中大変恐縮ですが確認次第変身をお願いいたします」などがあります。

「ご多忙の中」とは非常に忙しいことを意味する「多忙」に丁寧語の「ご」をつけた「ご多忙」と最中を表わす「の中」が合わさりとても忙しい最中なのにという意味で使われる言葉です。

「ご多忙の中」はビジネスメールなどの前置きのクッション言葉

「ご多忙の中」はビジネスメールなどの前置きでクッション言葉としてよく使用されています。また、上司や取引先などの目上の人に対しても使うことが可能です。

クッション言葉とは「大変恐れ入りますが」「大変申し訳ございませんが」「大変ありがたいお話なのですが」「不本意ではございますが」などのように、伝えたい本題に入る前に一言添えて気遣いを示す言葉のことです。

「ご多忙の中」の類語

「ご多忙の中」の類語・類義語としては、手間をかけますがよろしくお願いしますということを意味する「お手数をおかけましますが」があります。

「ご多忙の折」の例文

1.ご多忙の折ではございますが、メールをご確認の上返信をお願いいたします。
2.ご多忙の折だと存じますが、今週末までにご返信いただけると幸いです。
3.ご多忙の折にもかかわらず迅速な対応をしていただき、誠にありがとうございました。
4.ご多忙の折恐縮ですが、ご参加の程よろしくお願いいたします。
5.本日はご多忙の折、お時間をいただき誠にありがとうございました。

この言葉がよく使われる場面としては、とても忙しい時なのにを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように「ご多忙の折」はビジネスシーンにおいて頻繁に使われている言葉です。

「ご多忙の中」の例文

1.ご多忙の中にもかかわらず、丁寧に対応してくださり誠にありがとうございました。
2.ご多忙の中大変恐縮ではございますが、こちらの用紙にご記入お願いいたします。
3.ご多忙の中恐れ入りますが、明日の会議はご出席のほどよろしくお願いいたします。
4.ご多忙の中にもかかわらず、丁寧に教えてくださり大変ありがとうございました。
5.ご多忙の中お手数をおかけしますが、昨日の行動を教えてください。

この言葉がよく使われる場面としては、とても忙しい最中なのにを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように「ご多忙の折」はビジネスシーンにおいて頻繁に使われている言葉です。

「ご多忙の折」と「ご多忙の中」はどちらの言葉を使うか迷った場合、どちらもとても忙しい時になのにを意味しており、使い方に違いはないので好きな方を使っていいと覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター