今日の買取件数:20件/今月の買取件数:320件/累計買取件数:7,330件

【恩恵にあやかる】と【恩恵にあずかる】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た日本語の「恩恵にあやかる」(読み方:おんけいにあやかる)と「恩恵にあずかる」(読み方:おんけいにあずかる)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「恩恵にあやかる」と「恩恵にあずかる」という言葉は、間違えやすい日本語なのでご注意下さい。




「恩恵にあやかる」と「恩恵にあずかる」の違い

「恩恵にあやかる」は「恩恵にあずかる」の間違い

「恩恵にあやかる」と「恩恵にあずかる」の違いを分かりやすく言うと、「恩恵にあやかる」とは「恩恵にあずかる」の間違った使い方、「恩恵にあずかる」とは他人や他の存在から恵みを受けることです。

「恩恵にあやかる」は誤字

一般的には「恩恵にあやかる」という言葉は存在しません。読み方が似ていることから、「恩恵にあずかる」のことを間違えて「恩恵にあやかる」を使っている人がほとんどです。

「恩恵にあずかる」は正しい日本語

正しい言葉である「恩恵にあずかる」を使った分かりやすい例としては、「事業に成功した先輩の恩恵にあずかることで新しい事業を始める」「タピオカブームの恩恵にあずかり飲食関連企業の業績が伸びいてる」「私は父親の恩恵にあずかることで有名企業に就職できました」などがあります。

「恩恵にあずかる」という言葉はあっても、「恩恵にあやかる」という言葉は存在しません。同時に「恩恵にあずかる」という単語の意味について「他人や他の存在から恵みを受けること」と覚えておきましょう。

「恩恵にあずかる」の英語表記

「恩恵にあずかる」を英語にすると「benefit from」となり、例えば上記の「私は父親の恩恵をあずかる」を英語にすると「I have benefit from my father」となります。

「恩恵にあやかる」の意味

「恩恵にあやかる」とは

「恩恵にあやかる」とは、「恩恵にあずかる」の間違った使われ方です。

「恩恵にあやかる」という言葉は存在せず、間違った言葉として広まっています。読み方が似ているため、「恩恵にあずかる」と混同してしまう人が多いようですが、間違った言葉なので使わないように気を付けましょう。

「恩恵にあやかる」と間違えやすい理由

「恩恵にあやかる」と「恩恵にあずかる」を間違えやすい理由としては、「あやかる」と「あずかる」の言葉が似ているからです。ただし、「あやかる」と「あずかる」は意味が異なっている言葉なので、間違えないように注意が必要です。正しい日本語は「恩恵にあずかる」になります。

「恩恵にあやかる」の漢字表記

「あやかる」は漢字にすると「肖る」と表記し、影響を受けて同様の状態になることや感化されてそれと同じようになることを意味しています。

一方、「あずかる」は漢字にすると「与る」と表記し、物事に関りを持つことや主に目上から好意の表れとしてあることを受けるという意味を持つ言葉です。

「あやかる」の正しい使い方

間違った言葉である「あやかる」を使った分かりやすい例としては、「彼の幸運にあやかりたいです」「この社名は歴史的人物の名前にあやかり付けられました」「成績トップの先輩にあやかり同じボールペンを使うことにしました」などがあります。

「恩恵にあずかる」の意味

「恩恵にあずかる」とは

「恩恵にあずかる」とは、他人や他の存在から恵みを受けることを意味しています。

「恩恵にあずかる」の使い方

「恩恵にあずかる」を使った分かりやすい例としては、「政府の政策の恩恵にあずかり普段よりも安く旅行するこができました」「スマホアプリブームの恩恵にあずかりゲーム業界の業績が伸びている」などがあります。

「恩恵に与る」は主に、目上の人や政府、制度、ブームなどの巨大な存在から恵みを受けた場合に使うことが多いです。

「恩恵にあずかる」の漢字表記

「恩恵にあずかる」を漢字にすると、「恩恵に与る」と表記することができます。同じ読み方である「預かる」と表記するのは誤用なので、間違えないように気をつけましょう。

「恩恵にあずかる」は、恵みやいつくしみを意味する「恩恵」と、物事に関りを持つことや主に目上から好意の表れとしてあることを受けるという意味を持つ「与る」が合わさり、他人や他の存在から恵みを受けることの意味で使われている言葉になります。

「恩恵にあずかる」の類語

「恩恵にあずかる」の類語・類義語としては、神や主君から恵みを受けることを意味する「恩寵を受ける」、得になることを意味する「利益を得る」、特別な計らいを受けることを意味する「便宜を受ける」などがあります。

「恩恵にあやかる」の例文

1.「恩恵にあやかる」という言葉は存在しないので、おそらく「恩恵にあずかる」の言い間違いだろう。
2.「恩恵にあずかる」という言葉は他人や他の存在から恵みを受けることで、「恩恵にあやかる」という言葉はない。
3.「恩恵にあやかる」という言葉は、今のところ間違いだとされているが、多くの人が使うようになれば馴染んでくるのかもしれない。
4.新しい制度の恩恵にあやかることはできなかったという言葉を使う人はいるが、正しくは新しい制度の恩恵にあずかることはできなかったです。
5.この場にいるみんなが先生の恩恵にあずかるという言葉はあるが、この場にいるみんなが先生の恩恵にあやかるという言葉はない。

この言葉がよく使われる場面としては、「恩恵にあずかる」という言葉を間違えて「恩恵にあやかる」と表現している時などが挙げられます。

「恩恵にあやかる」という言葉は辞書にも載っていませんし、広く使われている言葉ではなく、「恩恵にあずかる」を間違えて使っている可能性が高いです。

「恩恵にあやかる」という言葉の意味を理解した上で、あえて使っている場合以外は、「恩恵にあやかる」ではなく、「恩恵にあずかる」と表現するのが正しい使い方になります。

「恩恵にあずかる」の例文

1.冬のボーナスがいつもより多い恩恵にあずかり、妻からお小遣いをいつもよりたくさん貰いました。
2.係長が出世した恩恵にあずかり、私は昇進することができました。
3.政府の新政策の恩恵にあずかり、とてもお得なお食事券を購入することができました。
4.日本のサッカーブームの恩恵にあずかり、サッカー選手たちの給料が増えました。
5.政府の新しい政策の恩恵にあずかることが出来ない人々の不満が募り、クーデターを起こす。
6.あの時代はバブル経済の恩恵にあずかり、直接関係のないところにいたわたしの給料まで上がっていたのだから、いい時代だったと思うよ。
7.世の中ではデジタルトランスフォーメーションなどと叫ばれているが、現場の仕事の人々はテレワークの恩恵にもあずかることができないのだ。
8.わたしは東京都出身とはいっても山間部なので都会的なおしゃれな文化の恩恵にあずかることもなく、あくまで自然体に育ったのでした。
9.一般の国民は補助金の利権の恩恵にあずかるのはほとんどいないので、ただただ税金の負担だけが増大するという憂き目に遭っているのだ。
10.政府による携帯料金値下げ攻勢のおかげで、通信料金が下がり、その恩恵にあずかることができている人も多いのだろう。

この言葉がよく使われる場面としては、他人や他の存在から恵みを受けることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように「恩恵にあずかる」は、目上の人や巨大な存在から恵みを受けた場合に使われることが多いです。

「恩恵にあやかる」と「恩恵にあずかる」どちらを使うか迷った場合は、「恩恵にあやかる」は辞書にない言葉なので、辞書に載っている言葉の「恩恵にあずかる」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター