今日の買取件数:20件/今月の買取件数:440件/累計買取件数:26,326件

【考慮した上で】と【踏まえた上で】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「考慮した上で」(読み方:こうりょしたうえで)と「踏まえた上で」(読み方:ふまえたうえで)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「考慮した上で」と「踏まえた上で」という言葉は、どちらも色々な要素を含めてよく考ながら伝えることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「考慮した上で」と「踏まえた上で」の違い

「考慮した上で」と「踏まえた上で」の意味の違い

「考慮した上で」と「踏まえた上で」の違いを分かりやすく言うと、「考慮した上で」の方が「踏まえた上で」よりもやや一般的に使われているという違いです。

「考慮した上で」と「踏まえた上で」の使い方の違い

一つ目の「考慮した上で」を使った分かりやすい例としては、「社内で考慮した上で後日ご回答いたします」「とある事項をもとに考慮した上で判断する」「その事実を考慮した上で検討いたします」「手間と時間を考慮した上で業者に依頼することにしました」などがあります。

二つ目の「踏まえた上で」を使った分かりやすい例としては、「経験を踏まえた上で助言しました」「反省を踏まえた上で新しい事に挑戦する」「過去のデータを踏まえた上で今期の売上予測を立てました」などがあります。

「考慮した上で」と「踏まえた上で」の使い分け方

「考慮した上で」と「踏まえた上で」はどちらも色々な要素を含めてよく考ながら伝えることを意味しており、大きな違いはありません。あえて違いを挙げるならば、「考慮した上で」の方が「踏まえた上で」よりもやや一般的に使われているというて点です。

ただし、どちらも正しい日本語で意味に違いはないので、基本的に好きな方を使って問題ないと覚えておきましょう。

「考慮した上で」と「踏まえた上で」の英語表記の違い

「考慮した上で」も「踏まえた上で」も直訳した英語表現はありませんが、近い表現として「and for that reason」「therefor」「with ~ in mind」となります。

「考慮した上で」の意味

「考慮した上で」とは

「考慮した上で」とは、色々な要素を含めてよく考ながら伝えることを意味しています。

表現方法は「考慮した上で検討」「考慮した上でご連絡」

「考慮した上で検討」「考慮した上でご連絡」などが、「考慮した上で」を使った一般的な言い回しになります。

「考慮した上で」の使い方

「考慮した上で」を使った分かりやすい例としては、「渋滞になることを考慮した上で早めに出発することにしました」「社内で考慮した上でご連絡差し上げます」「個人の事情を考慮した上で慎重に判断する」「他の意見も考慮した上で議論を進める」などがあります。

「考慮した上で」は物事を色々な要素を含めてよく考えることを意味する「考慮」に、するの過去形の「した」と、ある事柄と他の事柄とを関係させることを意味する「上で」が合わさり、色々な要素を含めてよく考ながら伝えることの意味で使われている言葉です。

「考慮した上で」はビジネスシーンと日常生活どちらでも使うことができます。ただし、考慮した上でだけでは敬語表現ではないので、目上の人に対して使う場合は、前後の文章を敬語表現にするようにしましょう。

「考慮した上で」の特徴

「考慮した上で」は事実や前提が明確であり、それを基にした意見や計画が必要な場合に使うというのが特徴です。

「考慮した上で」の類語

「考慮した上で」の類語・類義語としては、他人の意見や他の事例や資料などを引き合わせてみて自分の考えを決める手がかりにすることを意味する「参考にした上で」、いろいろ考え合わせて出た結論のことを意味する「勘定する」などがあります。

「踏まえた上で」の意味

「踏まえた上で」とは

「踏まえた上で」とは、色々な要素を含めてよく考ながら伝えることを意味しています。

表現方法は「踏まえた上で検討」「踏まえた上でご連絡」

「踏まえた上で検討」「踏まえた上でご連絡」などが、「踏まえた上で」を使った一般的な言い回しになります。

「踏まえた上で」の使い方

「踏まえた上で」を使った分かりやすい例としては、「昨年度の失敗を踏まえた上で新規商品の開発へ取り組む」「彼女の意見を踏まえた上で旅行先を決めました」「両親のアドバイスを踏まえた上で進学先を決めました」などがあります。

「踏まえた上で」は判断の拠り所にすることを意味する「踏まえる」に、するの過去形の「した」と、ある事柄と他の事柄とを関係させることを意味する「上で」が合わさり、色々な要素を含めてよく考ながら伝えることの意味で使われている言葉です。

「踏まえた上で」はビジネスシーンと日常生活どちらでも使うことができます。ただし、考慮した上でだけでは敬語表現ではないので、目上の人に対して使う場合は、前後の文章を敬語表現にするようにしましょう。

「踏まえた上で」の特徴

「考踏まえた上で」は事実や前提が明確であり、それを基にした意見や計画が必要な場合に使うというのが特徴です。

「踏まえた上で」の類語

「踏まえた上で」の類語・類義語としては、あるものの性質が他に影響して現れることを意味する「反映した上で」があります。

「考慮した上で」の例文

1.来年度の発注数は、今年度の売り上げ実績考慮した上で決めるべきだと思います。
2.パソコンの容量がいっぱいになってしまったので、ファイルの優先度を考慮した上で削除する。
3.社内の事情を考慮した上で、チームを編成することにしました。
4.英語力を考慮した上で、今回の海外出張者を決めることにしています。
5.従業員の意見を考慮した上で、今後の福利厚生を決めたいと思っています。

この言葉がよく使われる場面としては、色々な要素を含めてよく考ながら伝えることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「考慮した上で」はビジネスシーンにおいて使われている言葉です。

「踏まえた上で」の例文

1.市場調査の結果を踏まえた上で、今後の方針を決めることにしました。
2.天気予報を踏まえた上で、室内でのレクリエーションに切り替えることにしました。
3.今回の失敗を踏まえた上で、次回作の作成に取り組むことにする。
4.以上を踏まえた上で、今回の契約のお話はなかったことにさせていただきます。
5.行方不明者の生存の可能を踏まえた上で、捜査範囲を広げた方がいいだろう。

この言葉がよく使われる場面としては、色々な要素を含めてよく考ながら伝えることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「踏まえた上で」はビジネスシーンにおいて使われている言葉です。

「考慮した上で」と「踏まえた上で」はどちらも色々な要素を含めてよく考ながら伝えることを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、基本的に大きな違いはないので、好きな方を使って問題ないと覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター