今日の買取件数:20件/今月の買取件数:420件/累計買取件数:9,741件

【罵詈雑言】と【悪口雑言】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「罵詈雑言」(読み方:ばりぞうごん)と「悪口雑言」(読み方:あっこうぞうごん)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「罵詈雑言」と「悪口雑言」という言葉は、どちらも悪口を言うことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「罵詈雑言」と「悪口雑言」の違い

「罵詈雑言」と「悪口雑言」の意味の違い

「罵詈雑言」と「悪口雑言」の違いを分かりやすく言うと、「罵詈雑言」よりも「悪口雑言」の方が激しい悪口という違いです。

「罵詈雑言」と「悪口雑言」の使い方の違い

一つ目の「罵詈雑言」を使った分かりやすい例としては、「彼に罵詈雑言を浴びせる」「数々の罵詈雑言によりアイドルを辞めることにした」「罵詈雑言で他人を傷つけるのは良くないことだ」などがあります。

二つ目の「悪口雑言」を使った分かりやすい例としては、「彼女の悪口雑言に傷つけられました」「悪口雑言を浴びせたことはとても反省している」「彼は悪口雑言を並べ立てる」などがあります。

「罵詈雑言」と「悪口雑言」の使い分け方

「罵詈雑言」と「悪口雑言」はどちらも似た意味を持つ言葉ですが、使い方に少し違いがあるので注意が必要です。

「罵詈雑言」はあらん限りの悪口を並べ立てて汚い言葉で罵ることを意味しており、酷い悪口を言って相手を傷つける場合に使います。一方、「悪口雑言」はさんざん悪口を言うことを意味しており、「罵詈雑言」よりも酷い悪口というニュアンスが薄いです。

つまり、「罵詈雑言」の方が「悪口雑言」よりも激しい悪口というのが違いになります。

「罵詈雑言」と「悪口雑言」の英語表記の違い

「罵詈雑言」も「悪口雑言」も英語にすると「abuse」となり、例えば上記の「彼は悪口雑言を並べ立てる」を英語にすると「he let loose with a stream of abuse」となります。

「罵詈雑言」の意味

「罵詈雑言」とは

「罵詈雑言」とは、あらん限りの悪口を並べ立てて汚い言葉で罵ることを意味しています。

表現方法は「罵詈雑言を浴びせられる」「罵詈雑言を吐く」「罵詈雑言の繰り返す」

「罵詈雑言を浴びせられる」「罵詈雑言を吐く」「罵詈雑言の繰り返す」「罵詈雑言の嵐」などが、「罵詈雑言」を使った一般的な言い回しになります。

「罵詈雑言」の使い方

「罵詈雑言」を使った分かりやすい例としては、「どんな時でも罵詈雑言を浴びせることをしてはいけない」「不特定多数の罵詈雑言によりSNSに絵を掲載するのが億劫になる」「酔っ払っていたとしても罵詈雑言を浴びせていい理由にはならない」などがあります。

「罵詈雑言」は口汚くののしることを意味する「罵詈」(読み方:ばり)と、あれこれ悪口を言うことを意味する「雑言」が合わさり、あらん限りの悪口を並べ立てて汚い言葉で罵ることの意味で使われている言葉です。

「罵詈雑言」は相手を傷つける目的で使います。したがって、必ず言う対象が存在する必要があり、その対象に対して陰口として言うのではなく、面と向かって直接言うことが特徴です。

また、「罵詈雑言」は日常生活などではあまり使われていないので、馴染みがない人も多いでしょう。

「罵詈雑言」の類語

「罵詈雑言」の類語・類義語としては、人に憎まれるようなことを言うことを意味する「憎まれ口」、激しい言葉で罵ることを意味する「罵倒」、他人を悪く言うことを意味する「誹謗」(読み方:ひぼう)、他人を悪く言うことを意味する「悪口」などがあります。

「悪口雑言」の意味

「悪口雑言」とは

「悪口雑言」とは、さんざん悪口を言うことを意味しています。

表現方法は「悪口雑言気にしない」「悪口雑言を吐く」「悪口雑言を浴びせる」

「悪口雑言気にしない」「悪口雑言を吐く」「悪口雑言を浴びせる」「悪口雑言を繰り返す」などが、「悪口雑言」を使った一般的な言い回しになります。

「悪口雑言」の使い方

「悪口雑言」を使った分かりやすい例としては、「悪口雑言を繰り返したことを今は反省している」「彼はいつも悪口雑言ばかり吐いてるので正直うんざりします」「私はどんな悪口雑言にも耐えてきました」などがあります。

その他にも、「悪口雑言を言ってたら友人がいなくなってしまった」「課長は悪口雑言ばかりでまともに仕事をしません」「夫の悪口雑言に耐えられなくなったので離婚を決意しました」などがあります。

「悪口雑言」は人を悪く言うことを意味する「悪口」(読み方:あっこう)に、あれこれ悪口を言うことを意味する「雑言」が合わさり、さんざん悪口を言うことというマイナスなイメージで使う言葉です。

また、「悪口雑言」は日常生活などではあまり使われていないので、馴染みがない人も多いでしょう。

「悪口雑言」の類語

「悪口雑言」の類語・類義語としては、ありもしないことを並べ立てて人を罵り謗ることを意味する「罵詈讒謗」(読み方:ばりざんぼう)、見下して名誉などを傷つけることを意味する「侮辱」などがあります。

「罵詈雑言」の例文

1.いかなる理由があったとしても、罵詈雑言を浴びせるのは間違ってると思います。
2.学生時代に数々の罵詈雑言を浴びせられたことにより、他人と接するのに恐怖を感じるようになってしまった。
3.職場の上司から罵詈雑言を吐かれて、仕事のやる気が無くなってしまいました。
4.部長から罵詈雑言の嵐をくらったので、パワハラで訴えることにしました。
5.不特定多数の罵詈雑言に耐えられなくなり、芸能界を引退することにしました。

この言葉がよく使われる場面としては、あらん限りの悪口を並べ立てて汚い言葉で罵ることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように、「罵詈雑言」はマイナスなイメージでしか使わない言葉です。

「悪口雑言」の例文

1.毎日夫から悪口雑言を浴びせられて、心が病んでしまいました。
2.上司の悪口雑言の繰り返しに耐えられなくなったので、労基に訴えて会社を辞めることにしました。
3.酔った勢いで悪口雑言を浴びせてしまったことを、とても反省しています。
4.彼は他人に悪口雑言ばかり吐いているので、周りからどんどん人が離れている。
5.彼女は上司の前ではいつもニコニコしているが、裏では悪口雑言が酷いらしいです。

この言葉がよく使われる場面としては、さんざん悪口を言うことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように、「悪口雑言」はマイナスなイメージでしか使わない言葉です。

「罵詈雑言」と「悪口雑言」はどちらも悪口を言うことを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、「罵詈雑言」の方が「悪口雑言」よりも激しい悪口を言う時に使うと覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター