今日の買取件数:20件/今月の買取件数:540件/累計買取件数:17,586件

【最適解】と【正解】と【正答】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「最適解」(読み方:さいてきかい)と「正解」(読み方:せいかい)と「正答」(読み方:せいとう)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どの言葉を使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「最適解」と「正解」と「正答」という言葉は、正しい答えという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




最適解と正解と正答の違い

最適解と正解と正答の意味の違い

最適解と正解と正答の違いを分かりやすく言うと、最適解は最も適した考え方を表現する時に使い、正解は正しい考え方を表現する時に使い、正答は正しい答えを表現する時に使うという違いです。

最適解と正解と正答の使い方の違い

最適解という言葉は、「この問題を解決するための方法の中ではこれが最適解だった」「最適解を求めるよりもニーズに沿った結果を残していきたい」などの使い方で、最も適していると考えられる答えを意味します。

正解という言葉は、「この会場に正解者は数人しかいなかった」「クイズ番組の正解発表までの時間は非常に長く感じる」などの使い方で、正しく解釈することを意味します。

正答という言葉は、「正答しているか否かの確認作業が一番緊張する」「正答率が5割に達しなければ不合格と言われている」などの使い方で、正しい答えを意味します。

最適解と正解と正答の使い分け方

正解と正答は、どちらも正しい答えを意味する言葉で違いもほとんどありませんが、後者よりも前者のほうが口語的であるため様々な場面で使われています。

強いて異なる点を挙げるのであれば、正解は解釈が正しければ答えは一つとは限りませんが、正答は計算問題など明確に一つ答えが出るようなものに対して使われます。

一方の最適解という言葉は、その状況に最も適した答えを意味します。そのため、正解という言葉に近いと言えますが、正解よりも更に適している場合に使われます。

これが、最適解、正解、正答の明確な違いです。

最適解の意味

最適解とは

最適解とは、最も適していると考えられる答えを意味しています。

最適解の語源

最適解は、一番適していることを意味する「最適」に、解き明かすことや解釈、問題に対する答えを意味する「解」を組み合わせた言葉です。「適解」という言葉は存在しません。

また、最適解は、特定の条件のもとで関数の最大値や最小値について調べる問題を指す数理計画問題にて算出された最もよい結果を指す言葉でもあります。

表現方法は「最適解を導く」「最適解を求める」「最適解を見つける」

「最適解を導く」「最適解を求める」「最適解を見つける」などが、最適解を使った一般的な言い回しです。

最適解の対義語

最適解の対義語・反対語としては、性質や状態などに相応しくないことを意味する「不適当」があります。

最適解の類語

最適解の類語・類義語としては、医療分野において使われる最適な状態を意味する「至適」、一番良いことを意味する「最良」、できる限りのことを意味する「最善」、条件などに合致していて都合が良いことを意味する「好都合」などがあります。

正解の意味

正解とは

正解とは、正しく解釈することを意味しています。

表現方法は「正解率」「正解者」「連続正解」

正解を使った表現として、「この問題に正解するまで宿題が片付かない」「正解率をいくら確認しても4割程度だった」「正解者の人数は片手で数えられた」「連続正解の記録が更新された」などがあります。

また、「ここでこの話をするのは正解だったようだ」「この店を選んでもらって正解だった」「正解のない議論を今進めることに意味はない」などもあります。

これらのように、特定の問題に対する解答が存在しないものであっても、それが最もよい結果をもたらしたことを表すためにも使われます。

正解の対義語

正解の対義語・反対語としては、問題に正解しなかったことを意味する「不正解」、物事や相手の言動などを捻じ曲げて解釈することを意味する「曲解」があります。

正解の類語

正解の類語・類義語としては、質問や要求などに対する答えを意味する「回答」、優れた答えを意味する「名答」、上手いやり方を意味する「得策」、見習うべき手本を意味する「模範」、事情などがわかることを意味する「合点」などがあります。

正答の意味

正答とは

正答とは、正しい答えを意味しています。

表現方法は「正答する」「正答率」「正答数」

正答を使った表現として、「その設問の正答数が少なかったため難易度を下げた」「好きなミステリー小説の犯人を当てる企画では正答率が1割にも満たなかった」「小学生でもわかる問題を大学生が正答できないのは由々しき問題だ」などがあります。

正解という言葉などよりも日常会話などにおいて使われることは多くなく、硬い表現として扱われています。そのため、大勢を対象にして行われる試験などの答えなどに正答と使われることがほとんどです。

正答の対義語

正答の対義語・反対語としては、間違った答えを意味する「誤答」があります。

正答の類語

正答の類語・類義語としては、問題を解いて答えを出すことを意味する「解答」、出された問題に対して導き出して書いた答えを意味する「答案」、はっきりと答えることを意味する「確答」などがあります。

最適解の例文

1.自分の言動が受験前の弟にとっての最適解だったのか、彼の自信にも繋がって当日は一番手ごたえがあったと教えてくれた。
2.彼女の生活リズムは人間として最適解と言えるほど規則正しく、日付が変わる前には必ず眠りにつき、朝早くに目を覚ましてジョギングをするそうだ。
3.上司に対する言葉の最適解をいつも探してから返事をするため遅いと思われているかもしれないが、そんな自分の言葉をいつも待ってくれる上司は優しさの塊だと思う。
4.いろいろな意見があると思うが、これが今の時点での最適解だと思いオフィスを縮小し移転することにした。
5.結婚生活においては、お互いの最適解を探す努力をするのが、夫婦円満の秘訣です。
6.会社が成長して社員が増えるにつれて、組織をどうしていけばいいのか、その最適解を模索している。
7.共働き世帯の場合、家事をどうやって分担していくのかは、その都度夫婦が話し合って最適解を見つけるしかないだろう。
8.わたしはいろいろな勉強方法を試したが、結局いつも通りの勉強方法が最適解ではないかと結論付けた。

この言葉がよく使われる場面としては、最も適していると考えられる答えを意味する時などが挙げられます。

どの例文も、問題解決のための手段がいくつか用意できるなかで、その一つが最もよい結果をもたらすことを表すために最適解という言葉が使われているため、正解や正答という言葉に置き換えて使うことはできません。

正解の例文

1.テレビでクイズ番組がやっていたが、悩んで出した答えが正解だと単なる視聴者であっても嬉しくなる。
2.国語の記述式問題は正解が一つではない場合があるため点を取りやすいはずだが、明確な答えがないからこそ苦手意識がある生徒もいる。
3.だんだんと曇ってきて雨が降りそうだと思ったため、早めに一度どこかで休憩していこうと言ったのは正解だった。
4.朝は晴れていたが帰るころには雨になった。朝の天気予報で午後は雨が降ると言っていたので傘を持って出て正解だった。
5.クイズ番組なんかの正解VTRに行く時は、かならずコマーシャルになるので、とてももどかしいのだ。
6.きみは人生には正解があると思っているようだが、そんなものはどこにもないのだから、自由に生きるべきだ。
7.この問題に全問正解しないと、居残り勉強をさせられるので、生徒たちは必死に解いていた。
8.正解がない時代だからこそ、失敗を許容するべきなのに、多くの人は人が失敗をするのを許せないようだ。

この言葉がよく使われる場面としては、正しく解釈することを意味する時などが挙げられます。

例文3の正解のように、予め誰かが用意した答えが存在しない場合には、正解を正答という言葉に置き換えて使うことはできません。

正答の例文

1.先日行われた模擬試験で、正答率が非常に低い設問がいくつかあったことから、解説授業が行われることとなった。
2.試験が終わった後自分がどの程度正答できたのかをすぐに確認するすべがないため、試験中に答えを控えておく必要がある。
3.学力テストの結果と生活習慣を紐づけるための調査が行われるが、本や新聞を普段から読む児童はどの分野でも正答が多かったようだ。
4.記述問題はどのように点数がつくのか不安だったが、入試要項に正答例と同意であれば正答とするという注釈があったので、まずは設問の意図を理解することに努めようと思った。
5.資格試験のためにためしに過去問を解いてみたが、正答率が80%の設問に答えられなかったので一から勉強することにした。
6.小学生レベルの問題もまともに正答できない大学生がいるとするなら、そもそも大学に行く資格すらないと思うがね。
7.わたしの資格試験の必勝法は過去問の9割を正答できるまで繰り返しやることだ。きみも騙されたと思ってやってみるといいよ!
8.誤答数が多い単語は毎日復習をして、正答数が多い単語は5日おきに復習することで学習効率を上げることに成功した。

この言葉がよく使われる場面としては、正しい答えを意味する時などが挙げられます。

どの例文の正答という言葉も、正解という言葉に置き換えて使うことができます。

最適解と正解と正答どれを使うか迷った場合は、最も適した考え方を表す場合は「最適解」を、正しい考え方を表す場合は「正解」を、正しい答えを表す場合は「正答」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター