今日の買取件数:20件/今月の買取件数:500件/累計買取件数:16,346件

【袖の下】と【賄賂】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「袖の下」(読み方:そでのした)と「賄賂」(読み方:わいろ)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「袖の下」と「賄賂」という言葉は、どちらも不正な目的で人に金品を贈ることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「袖の下」と「賄賂」の違い

「袖の下」と「賄賂」の意味の違い

「袖の下」と「賄賂」の違いを分かりやすく言うと、「袖の下」とは俗な言い方、「賄賂」とは一般的な言い方という違いです。

「袖の下」と「賄賂」の使い方の違い

一つ目の「袖の下」を使った分かりやすい例としては、「取引先と契約を結ぶために袖の下を使う」「袖の下を握らせて出世を狙う」「袖の下を使うような人間にはなりたくありません」「彼女は袖の下を受け取ったことを認めた」などがあります。

二つ目の「賄賂」を使った分かりやすい例としては、「今話題の政治家は賄賂を受け取ったとして逮捕されました」「重役に賄賂を渡したものの聞き入れてもらえませんでした」「私は賄賂を受け取ることは絶対にありません」などがあります。

「袖の下」と「賄賂」の使い分け方

「袖の下」と「賄賂」はどちらも不正な目的で人に金品を贈ることを意味しており、大きな違いはありません。あえて違いを挙げるならば、「袖の下」は俗な言い方なのに対して、「賄賂」は一般的な言い方という点です。

俗な言い方とは隠語に近いもので、隠語とは特定の社会や集団内でだけ通用する特殊な言い方のことを意味しています。現代社会において「賄賂」と直接言ってしまうと問題があるため、「袖の下」という俗な言い方をするようになりました。

また、「袖の下」の他に、「山吹色のお菓子」「黄金のお菓子」「鼻薬」なども「賄賂」を表す言葉です。

「袖の下」と「賄賂」の英語表記の違い

「袖の下」も「賄賂」も英語にすると「bribery」「bribe」「graft」となり、例えば上記の「彼女は袖の下を受け取ったことを認めた」を英語にすると「She admitted he had taken bribes」となります。

「袖の下」の意味

「袖の下」とは

「袖の下」とは、人目につかないように袖の下から品物や金銭を贈ることを意味しています。

「袖の下」の読み方

「袖の下」の読み方は「そでのした」です。誤って「そでのもと」などと読まないようにしましょう。

表現方法は「袖の下をつかませる」「袖の下を送る」「袖の下を受け取る」

「袖の下をつかませる」「袖の下を送る」「袖の下を受け取る」「袖の下を使う」などが、「袖の下」を使った一般的な言い回しになります。

「袖の下」の使い方

「袖の下」を使った分かりやすい例としては、「彼は袖の下を使っていたことがバレて警察に逮捕されました」「彼女の袖の下を握らせようとしたが乗ってきませんでした」「彼は袖の下を使って口封じしようとしました」などがあります。

「袖の下」は人目につかないように袖の下から不正な品物や金銭を贈る場合に使う言葉です。そのため、マイナスなイメージでのみ使う言葉になります。

「袖の下」の由来

「袖の下」の由来は着物を着た時の袖です。着物は現代の洋服とは違い、袖下の部分に袂と呼ばれるゆったり袋上で物を入れることができます。その袂の中に金銭などを隠して、自分の袂の中から相手の袂の中にこっそりと入れていました。

この動作が転じて、人目につかないように袖の下から品物や金銭を贈ることを「袖の下」と言うようになったのです。

「袖の下」の類語

「袖の下」の類語・類義語としては、神への捧げ物や人に贈る金品のことを意味する「まいない」、ちょっとした賄賂のことを意味する「鼻薬」、取引などで事を上手く運ぶため表に出さないで支払う金銭のことを意味する「裏金」などがあります。

「賄賂」の意味

「賄賂」とは

「賄賂」とは、自分の利益になるよう取り計らってもらうなどの不正な目的で贈る金品のことを意味しています。その他にも、公務員または仲裁人の職務に関して授受される不法な報酬のことの意味も持っています。

表現方法は「賄賂を渡す」「賄賂を贈る」「賄賂を受け取る」

「賄賂を渡す」「賄賂を贈る」「賄賂を受け取る」「賄賂を使う」などが、「賄賂」を使った一般的な言い回しになります。

「賄賂」の使い方

「賄賂」を使った分かりやすい例としては、「賄賂を使って人を買収することを企む」「この件は賄賂を使って口止めすることにしました」「私が賄賂を受け取ることは絶対にありません」「賄賂を使って裏口入学するなんて絶対に許せません」などがあります。

「賄賂」は自分の利益になるよう取り計らってもらうなどの不正な目的で贈る金品のことと、公務員または仲裁人の職務に関して授受される不法な報酬のことの二つの意味を持つ言葉です。また、金品に限らず、遊興飲食の供応や名誉や地位の供与なども含んでいます。

したがって、「賄賂」はマイナスなイメージでしか使いません。

ではなぜ「賄賂」が悪いのかと言うと、公平性が失われるからです。選挙を例に挙げると、候補者がお金を差し上げますので私に投票してくださいと言っても問題ない世界だった場合、お金をたくさん渡すことができる候補者が当選します。

本来、議員は所属する党や候補者の公約や人物としての魅力などで選ぶはずですが、賄賂が合法となっている場合は、お金持ちが当選する世の中になってしまうのです。そうなると、社会とその全体の為に奉仕しなくてはならない公務員の定義から逸脱してしまいます。

「賄賂」の類語

「賄賂」の類語・類義語としては、賄賂のことを意味する「リベート」、賄賂を贈ることを意味する「贈賄」、賄賂を受け取ることを意味する「収賄」などがあります。

「袖の下」の例文

1.取引先から袖の下を受け取った上司は、それがバレて懲戒解雇となりました。
2.安易に袖の下を受け取ってしまったことで、先方の言いなりになるしかありませんでした。
3.私は袖の下や賄賂と言われるものは一切やっておりません。身の潔白を証明します。
4.袖の下を使っている政治家のたちを、許すことは絶対にできません。
5.成績の悪かった彼女が卒業試験に合格できたのは、教授に袖の下を渡したからだと言われている。
6.学校内で暴力事件を起こした生徒のうち退学になった者とお咎めなしだった者がいるが、そいつはどうやら社長をしている母親が理事長に袖の下を渡したらしいよ。
7.外国に行った際、何もしてないのに警察官に絡まれたが、それはきっと袖の下が欲しいからあんな無理な取り締まりをしてくるのだろう。
8.営業成績No.1の社員は多くの契約を獲得するために袖の下を使っていたことがバレて懲戒免職処分を食らってしまいました。
9.大学の理事長に袖の下を持たせて入学試験をパスしようとしたなんて、今時そんなことまでして大学に入る必要はないと思うがね。
10.補助金政策というのは与党にとって一部の業界に対する合法的な袖の下みたいなものだから、絶対に手放さないのだろうな。

この言葉がよく使われる場面としては、人目につかないように袖の下から品物や金銭を贈ることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「袖の下」はマイナスなイメージでのみ使う言葉です。

「賄賂」の例文

1.賄賂を受け取っていたことが会社にバレて、すぐに懲戒解雇となりました。
2.とある企業から賄賂を受け取った政治家が、収賄容疑で逮捕されました。
3.賄賂を受け取ると法律で罰せられるので、絶対にやってはいけません。
4.賄賂は送った側も受け取った側も処罰されるが、政治家の汚職事件は耐えることがありません。
5.彼は賄賂を受け取った容疑で逮捕されたが、そのような事実は一切ないと主張しています。
6.民主活動家のリーダーは金塊および賄賂を受け取ったと言う罪で禁固5年の刑が確定したが、独裁政権による不当逮捕なのは明らかだ。
7.収益の大半は海外企業に持っていかれて、そのうえで手引きをする政治家が賄賂もらえるだけなので、我々には何の恩恵もないだろう。
8.外国の工作員グループは政治家や経営者にハニートラップや賄賂、脅しなどを巧妙に仕掛けて情報提供者に仕立て上げると言います。
9.大物政治家が政府の役人連中に賄賂をばらまいておいたおかげで実刑を免れたと言う話が今でもまことしやかに語られている。
10.あの業者は公共事業の入札を優位に進めるために、市の職員に金券や旅行費を工面したりして事実上の賄賂を送っていたそうだ。

この言葉がよく使われる場面としては、自分の利益になるよう取り計らってもらうなどの不正な目的で贈る金品のことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように「賄賂」はマイナスなイメージでのみ使う言葉です。

「袖の下」と「賄賂」はどちらも不正な目的で人に金品を贈ることを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、俗な言い方であるのが「袖の下」、一般的な言い方であるのが「賄賂」と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター