今日の買取件数:20件/今月の買取件数:360件/累計買取件数:9,681件

【スモールマス】と【ニッチ】と【ブルーオーシャン】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「スモールマス」と「ニッチ」と「ブルーオーシャン」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どの言葉を使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「スモールマス」と「ニッチ」と「ブルーオーシャン」という言葉は、企業が取る戦略という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




スモールマスとニッチとブルーオーシャンの違い

スモールマスとニッチとブルーオーシャンの意味の違い

スモールマスとニッチとブルーオーシャンの違いを分かりやすく言うと、スモールマスは小規模な市場を表現する時に使い、ニッチは需要がある市場での新規開拓を表現する時に使い、ブルーオーシャンは新規開拓を表現する時に使うという違いです。

スモールマスとニッチとブルーオーシャンの使い方の違い

スモールマスという言葉は、「スモールマスが多くの企業で重要視され始める」「スモールマス」などの使い方で、通常の市場よりは縮小されているものの一定以上の規模を持つ市場を意味します。

ニッチという言葉は、「ニッチな商品にはコアなファンがついているようだ」「ニッチ産業として生まれた商品は多くの注目が集まった」などの使い方で、大企業が進出しない小規模な分野を意味します。

ブルーオーシャンという言葉は、「とある企業のブルーオーシャン戦略を模したビジネスが開始された」「ブルーオーシャンとして迎えて貰うために需要の分析は大切だ」などの使い方で、競争相手がいないような理想的な未開拓な市場を意味します。

スモールマスとニッチとブルーオーシャンの使い分け方

スモールマスとニッチは、どちらも大量消費が見込まれる商品やサービスを展開する市場よりも小規模な市場を表しますが、前者は個々のニーズに対応した商品も扱い、後者は多少ニーズがあるだろう相手を対象に市場を展開します。

一方のブルーオーシャンとは、新しく作られたことで競争相手がいない市場を表す言葉で、ニッチも同じような戦略を指します。ただし、ブルーオーシャンは、ニッチと異なり、既存のサービスや商品を参考にすることはなく真っ新な市場でビジネスを行います。

これが、スモールマス、ニッチ、ブルーオーシャンの明確な違いです。

スモールマスの意味

スモールマスとは

スモールマスとは、通常の市場よりは縮小されているものの一定以上の規模を持つ市場を意味しています。

スモールマスは商品会社「花王」の考え方

家族みんなで使えるものの需要が多いと考えられていましたが、今日では家族みんなで同じシャンプーなどを使わないといった世帯も増えていることから、スキンケア商品などを販売する「花王」が需要の再検討を行った考え方です。

消費者の悩み、ニーズや希望に沿うような商品やサービスに合わせて売り出すために、大多数ための市場からターゲットを絞った市場を作り上げる企業が増えてきたことで使われるようになった概念がスモールマスです。

例えば、オーダーメイドでシャンプーやコンディショナーの調合を行ったり、好みの香水を作成したりなどはスモールマスに該当します。

また、オーダーメイドでなくとも、「髪の毛にまとまりがほしい人向け」「乾燥肌の人向け」など対象を絞った商品を売り出すこともスモールマス戦略の一つです。

スモールマスの対義語

スモールマスの対義語・反対語としては、大衆や集団、大多数を意味する「マス」があります。

ニッチの意味

ニッチとは

ニッチとは、大企業が進出しない小規模な分野を意味しています。また、普通には気付きにくいところも意味します。

もとは、建築物の中の壁面に装飾品などを安置するためのすき間やくぼみを意味する言葉で、後に生物学において、環境やその地に適応できるようになった生物などを意味する言葉として使われることとなりました。

表現方法は「ニッチな趣味」「ニッチな情報」「ニッチすぎる」

「ニッチな趣味」「ニッチな情報」「ニッチすぎる」などが、ニッチを使った一般的な言い回しです。

ニッチを使った言葉として、「ニッチ市場」「ニッチ産業」があります。

「ニッチ市場」の意味

一つ目の「ニッチ市場」とは、市場全体の一部を構成する特定の需要を持っている規模の小さい市場を指す言葉です。特定の用途や目的に特化しているためにその商品やサービスを要求する消費者が少ないことが需要の少なさの理由の一つとして挙げられます。

大企業が手を出さない分野であることから、ベンチャー企業などの中小企業が取り扱うことも多い市場です。しかし、金銭的な負担が大きく、ニッチ市場向けの企業の資金調達が難しいものの政府も支援策を導入しています。

「ニッチ産業」の意味

二つ目の「ニッチ産業」とは、大企業などが進出しないような専門的で小規模な市場であったり、これまで注目されることのなかった分野で進出するなどして生み出された産業を指す言葉で、「すき間産業」とも言われます。

ニッチの類語

ニッチの類語・類義語としては、あまり重要ではないことを意味する「マイナー」、特別に他と違っていることを意味する「特異」、限られた範囲のものにしか当てはまらないことを意味する「特殊」などがあります。

ブルーオーシャンの意味

ブルーオーシャンとは

ブルーオーシャンとは、競争相手がいないような理想的な未開拓な市場を意味しています。

ブルーオーシャンの由来

戦う相手がおらず、赤い血が流れないことが由来となって、青い海のままであることを示すブルーオーシャンという名前が付けられました。

既存の市場では、競争相手に勝つためにどう差別化するかや、どうコストを抑えるかなどが試行錯誤されることとなりますが、ブルーオーシャンは新しい市場であるためそういった差別化などは他の企業が模倣し始めてから考えられます。

ブルーオーシャン戦略の成功事例

例えば、ヘアカット専門店である「QBハウス」は、本来美容室や理容室で行うようなシャンプーやカラーを行わず、カットのみを行うことで回転率も上がるため、安価なサービスを提供することができており、ブルーオーシャン戦略の成功例とされています。

また、任天堂はゲーム機の「Wii」から他社のゲーム機との差別化を図るために、従来両手で持ってボタン操作を行うコントローラーを、それぞれ取り外してリモコンとして使用できるようにすることで、老若男女問わずに楽しんでもらえるようになりました。

ブルーオーシャンの対義語

ブルーオーシャンの対義語・反対語としては、競争の激しい既存市場を意味する「レッドオーシャン」があります。

スモールマスの例文

1.スモールマス戦略を取る企業が増えたからか、商品バリエーションが増えたブランドも多く、一消費者としては助かっている。
2.需要量に応じた生産を行うことで、企業としても多くの在庫を抱えることも少なくなったためスモールマスの分析が進んでいる。
3.今日では大多数であるマスの需要を考えるのではなくターゲットをが絞られたスモールマスを意識して開発が行われる方が多い。
4.スモールマス戦略の一環として、女性のつぶやきを調べてそこで浮かび上がった新たなニーズを汲み取りメッセージの発信をした。
5.我が社もスモールマス戦略をやることになったので、まずはインターネットで情報収集を行った。
6.ネットユーザーに様々なエピソードを募集してそれらのスモールマス情報を収集して活かすことで販促につながる。
7.スモールマスは小さい需要を見つけるだけでなく、消費者に寄り添った発信の仕方を心掛けなければならない。
8.同じ市民であっても意識や求めていることは違うのだから行政もスモールマスの考え方を取り入れるべきだろう。

この言葉がよく使われる場面としては、通常の市場よりは縮小されているものの一定以上の規模を持つ市場を意味する時などが挙げられます。

ニッチの例文

1.その分野でのニッチ市場は需要がないと思われていたが、考えられていた需要量を上回る結果となった。
2.どうやら後輩はニッチな趣味を楽しんでいるらしいが、話を聞くと楽しそうに趣味について語ってくれた。
3.マスマーケティングとニッチマーケティング、どちらが優れているなどではなく、どう有効的に使うかが重要である。
4.近年は顧客のニーズの細分化が進んでいるので、一昔前までなら「そんなニッチな商品は売れない」と一蹴されていたようなものが売れたりすることがあります。
5.私どものビジネスは、20年前から、ニッチなマーケットにアクセスすることで先端的な商品を生み出し、独自のマーケットを創出してきたという自負がある。
6.わが社は大手が見向きもしないニッチな分野で細く長くやっていくことで生き残りを図ろうとしていた。
7.プレゼンを聞いてたしかにその分野にニーズがあるのは分かったが、まだ市場がニッチすぎて収益率が低いのが課題だろう。
8.わが社は他と比べたらニッチな産業であるが、シェアは世界一なので、社員もそれを誇りに思っている。

この言葉がよく使われる場面としては、大企業が進出しない小規模な分野を意味する時などが挙げられます。

例文2の「ニッチ」という言葉は、コアという言葉に置き換えて使うことができます。

ブルーオーシャンの例文

1.ブルーオーシャン戦略の一環で行われることとなったサービスは、低価格であることも多く非常に親しまれやすいイメージがある。
2.レッドオーシャンでの反省を生かしてブルーオーシャンの開拓を図るための商品開発が始まった。
3.いくら未開拓とはいえ需要が出なければブルーオーシャンになりえないため客観的な意見が必要とされる。
4.新規事業はブルーオーシャンを意識して狙ってみたが、何も需要がないからブルーオーシャンであることも思い知らされた。
5.ブレストなどのアイデア出しというのはブルーオーシャンの市場を発見するためには必要なプロセスである。
6.彼らの世代は組織の論理に染まっており、独立してブルーオーシャンを探すようなモチベーションは皆無であろう。
7.ブルーオーシャン戦略は一時は功を奏したが、すぐに競合他社が模倣してきたので、すぐにレッドオーシャンとなった。
8.ブルーオーシャンを創造して天下を取ったと思っても、またその裏では別のブルーオーシャンが創造されていくことが繰り返される。

この言葉がよく使われる場面としては、競争相手がいないような理想的な未開拓な市場を意味する時などが挙げられます。

例文2の「レッドオーシャン」とは競争の激しい既存市場を意味する言葉で、「ブルーオーシャン」の対義語にあたる言葉です。

スモールマスとニッチとブルーオーシャンどれを使うか迷った場合は、小規模市場を表す場合は「スモールマス」を、需要がある市場での新規開拓を表す場合は「ニッチ」を、新規開拓を表す場合は「ブルーオーシャン」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター