今日の買取件数:20件/今月の買取件数:20件/累計買取件数:16,446件

【帰路に着く】と【帰途につく】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た日本語の「帰路に着く」(読み方:きろにつく)と「帰途につく」(読み方:きとにつく)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「帰路に着く」と「帰途につく」という言葉は、間違えやすい日本語なのでご注意下さい。




「帰路に着く」と「帰途につく」の違い

「帰路に着く」は「帰途につく」の間違い

「帰路に着く」と「帰途につく」の違いを分かりやすく言うと、「帰路に着く」とは「帰途につく」の間違った使い方、「帰途につく」とは帰っている途中のことです。

「帰路に着く」は誤字

一般的には「帰路に着く」という言葉は存在しません。漢字の成り立ちや読み方が似ていることから、「帰途につく」のことを間違えて「帰路に着く」を使っている人がほとんどです。

「帰途につく」は正しい日本語

正しい言葉である「帰途につく」を使った分かりやすい例としては、「只今プレゼンが終わりましたので帰途につきます」「残業を終え帰途についた頃には辺りは真っ暗になっていました」「夜になったので私たちは帰途につく」などがあります。

「帰途につく」という言葉はあっても、「帰路に着く」という言葉は存在しません。同時に「帰途につく」という単語の意味について「帰っている途中のこと」と覚えておきましょう。

「帰途につく」の英語表記

「帰途につく」を英語にすると「on my way home」「leave for home」となり、例えば上記の「夜になったので私たちは帰途につく」を英語にすると「With night coming on, we leave for home」となります。

「帰路に着く」の意味

「帰路に着く」とは

「帰路に着く」とは、「帰途につく」の間違った使われ方です。

「帰路に着く」という言葉は存在せず、間違った言葉として広まっています。読み方が似ているため、「帰途につく」と混同してしまう人が多いようですが、間違った言葉なので使わないように気を付けましょう。

「帰路に着く」が間違いである理由

ではなぜ「帰路に着く」が間違った言葉かというと、正しくない漢字を使用しているからです。「帰路につく」という言葉自体は存在しているのですが、「着く」という漢字を使用しているため、間違った日本語になります。

「着く」が間違った漢字の理由は、目的地に到着することを意味しているからです。正し日本語である「帰路につく」は帰っている途中のことを意味しているため、到着することを意味する「着く」を使用してしまうと、矛盾した日本語になってしまいます。

では正しい漢字表記は何かというと、「帰路に就く」になります。「就く」とはある場所にに身を置くことを意味しているため、帰る道に身を置いてるという意味の正しい日本語になるのです。また、ひらがなの「帰路につく」を使用しても問題ありません。

正しい日本語である「帰路に就く」を使った分かりやすい例としては、「今日は娘の誕生日なので早めに帰路に就く」、「残業を終え私が帰路に就く頃には日付が変わっていました」「グループリーグで敗退しワールドカップ洗礼を浴びて母国への帰路に就くことになりました」などがあります。

「帰途につく」の意味

「帰途につく」とは

「帰途につく」とは、帰っている途中のことを意味しています。

「帰途につく」の漢字表記

「帰途につく」を漢字にすると、「帰途に就く」と表記することができます。ただし、「帰途に着く」や「帰途に付く」は間違った漢字表記なので使わないように気を付けましょう。

「帰途につく」の使い方

「帰途につく」を使った分かりやすい例としては、「観たいテレビ番組があるので帰途につく」「試合終了の笛が鳴ると多くの人が帰途につきました」「県外出張を終え帰途についたことをご報告差し上げます」「コンサート終了後は一斉に帰途につくため会場周辺はとても混雑する」などがあります。

「帰途につく」は帰り道のことを意味する「帰途」に、ある場所にに身を置くことを意味する「つく」が合わさり、帰っている途中のことを意味する言葉です。

「帰途につく」はビジネスシーンにおいてよく使われている言葉ですが、この言葉自体は敬語表現ではありません。したがって、目上の人に使う場合は「帰途につきました」「帰途につきます」などのように、前後の文章を敬語表現にする必要があると覚えておきましょう。

「帰りの帰途につく」「帰途を帰る」は二重表現

また、「帰途につく」を使う際に「帰りの帰途につく」「帰途を帰る」などは、二重表現になるので使わないよう注意が必要です。

「帰途につく」の類語

「帰途につく」の類語・類義語としては、家への帰り道の途中のことを意味する「家路につく」、自分の家に帰ることを意味する「帰宅する」などがあります。

「帰路に着く」の例文

1.「帰路に着く」という言葉は存在しないので、おそらく「帰途につく」の言い間違いだろう。
2.「帰途につく」という言葉は帰っている途中のことで、「帰路に着く」という言葉はない。
3.「帰路に着く」という言葉は、今のところ間違いだとされているが、多くの人が使うようになれば馴染んでくるのかもしれない。
4.無事帰路に着いたことをご連絡いたしますという言葉を使う人はいるが、正しくは無事帰途についたことをご連絡いたしますです。
5.今日は嫁さんの誕生日なので急いで帰途についたという言葉はあるが、今日は嫁さんの誕生日なので急いで帰路に着いたという言葉はない。

この言葉がよく使われる場面としては、「帰途につく」という言葉を間違えて「帰路に着く」と表現している時などが挙げられます。

「帰路に着く」という言葉は辞書にも載っていませんし、広く使われている言葉ではなく、「帰途につく」を間違えて使っている可能性が高いです。

「帰路に着く」という言葉の意味を理解した上で、あえて使っている場合以外は、「帰路に着く」ではなく、「帰途につく」と表現するのが正しい使い方になります。

「帰途につく」の例文

1.今日は3年目の結婚記念日なので、急いで帰途につくことにしました。
2.新入社員研修を全行程終了し、全員帰途についたことを社長に報告しました。
3.一日の仕事を終え帰途についたが、残業したためもう外は真っ暗でした。
4.3時間前に帰途についたと連絡があったので、もうそろそろ到着する頃だろう。
5.本日はお忙しい中ご対応ありがとうございました。無事帰途についたことをご報告申し上げます。

この言葉がよく使われる場面としては、帰っている途中のことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「帰途につく」はビジネスシーンにおいてよく使われている言葉です。

「帰路に着く」と「帰途につく」どちらを使うか迷った場合は、「帰路に着く」は間違った日本語なので、正しい日本語である「帰途につく」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター