今日の買取件数:20件/今月の買取件数:360件/累計買取件数:9,681件

【間髪を入れず】と【間髪を容れず】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

同じ「かんはつをいれず」という読み方の「間髪を入れず」と「間髪を容れず」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「間髪を入れず」と「間髪を容れず」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。




「間髪を入れず」と「間髪を容れず」の違い

「間髪を入れず」と「間髪を容れず」の意味の違い

「間髪を入れず」と「間髪を容れず」の違いを分かりやすく言うと、間髪を入れずは常用漢字表に載っている、間髪を容れずは常用漢字表に載っていないという違いです。

「間髪を入れず」と「間髪を容れず」の使い方の違い

一つ目の「間髪を入れず」を使った分かりやすい例としては、「質問に間髪を入れずに答えました」「間髪を入れずに商品が届きました」「間髪を入れずに大変なことを口にしました」「彼女は間髪を入れずに答えました」などがあります。

二つ目の「間髪を容れず」を使った分かりやすい例としては、「間髪を容れずに突っ込みを言う」「彼は間髪を容れずに正確に答えました」「間髪を容れず持っている武器を振り下ろす」などがあります。

「間髪を入れず」と「間髪を容れず」の使い分け方

結論から言うと、「間髪を入れず」と「間髪を容れず」は漢字が違うだけでどちらも同じ意味を持つ言葉なので、好きな方を使っても問題ありません。

しかし、「容れず」が常用漢字表に載っていない言葉なので、新聞や公的な書類などで使う場合は、常用漢字表に載っている「入れず」や平仮名の「いれず」を使うようにしましょう。

常用漢字とは、現代の国語を書き表す場合の漢字使用の目安として、内閣告示の常用漢字表で示された日本語の漢字のことです。現行の常用漢字表は、2010年11月30日に平成22年内閣告示第2号として告示され、2136字で成り立っています。

「間髪を入れず」と「間髪を容れず」の英語表記の違い

「間髪を入れず」も「間髪を容れず」も英語にすると「without a moment’s」「in no time」「quick as a flash」となり、例えば上記の「彼女は間髪を入れずに答えました」を英語にすると「She answered without a moment’s hesitation」となります。

「間髪を入れず」の意味

「間髪を入れず」とは

「間髪を入れず」とは、少しの時間も置かないことを意味しています。

「間髪を入れず」の読み方

「間髪を入れず」の「間髪」は「かんぱつ」と読むのではなく、「かんはつ」と読むのが正しい読み方です。間違えないように気をつけましょう。また、「間髪」という単語を単体で使うことはなく、「間髪を入れず」という慣用句で使うのが一般的です。

表現方法は「間髪を入れずに話す」「間髪を入れずに答える」

「間髪を入れずに話す」「間髪を入れずに答える」などが、「間髪を入れず」を使った一般的な言い回しになります。

「間髪を入れず」の使い方

「間髪を入れず」を使った分かりやすい例としては、「怪しい症状が出たら間髪を入れずに連絡をください」「呼び鈴を鳴らすと間髪を入れずに門が開きました」「呼ばれてから間髪を入れずに返事をする」などがあります。

「間髪を入れず」の入れるという言葉の意味に「容れる」が含まれているので、「間髪を入れず」と「間髪を容れず」どちらを使って問題ありません。

ただし、「容れず」が常用漢字表に載っていないので、公的な書類などには、常用漢字表に載っている「入れず」や平仮名の「いれず」を使うようにしましょう。

「間髪を入れず」の類語

「間髪を入れず」の類語・類義語としては、一度瞬きをするほどの極めてわずかな時間のことを意味する「一瞬」、極めて短い時間のことを意味する「瞬間」などがあります。

「間髪を容れず」の意味

「間髪を容れず」とは

「間髪を容れず」とは、少しの時間も置かないことを意味しています。

「間髪を容れず」の読み方

「間髪を容れず」の「間髪」は「かんぱつ」と読むのではなく、「かんはつ」と読むのが正しい読み方です。間違えないように気をつけましょう。また、「間髪」という単語を単体で使うことはなく、「間髪を容れず」という慣用句で使うのが一般的です。

表現方法は「間髪を容れずに話す」「間髪を容れずに答える」

「間髪を容れずに話す」「間髪を容れずに答える」などが、「間髪を容れず」を使った一般的な言い回しになります。

「間髪を容れず」の使い方

「間髪を容れず」を使った分かりやすい例としては、「間髪を容れずに質問に答える」「彼は間髪を容れずに反論しました」「間髪を容れずに答えが返ってきました」「学校が終わると間髪を容れずに帰宅しました」「間髪を容れずに文句を言う」などがあります。

「間髪を容れず」の由来

「間髪を容れず」の由来は、中国の口伝集である説苑(読み方:ぜいえん)にある一文「其の出づる出でざるは、間に髪を容れず」になります。

其の出づる出でざるは、間に髪を容れずとは、間に髪の毛1本も入れる余地がないことを意味しており、これが転じて、少しの時間も置かないことの意味で使われるようになりました。

「間髪を容れず」は公用文では使えない

由来からも分かる通り、元々「間髪を容れず」は「容れず」を使っていたのですが、「容れず」が常用漢字表に載っていないため、「入れず」や「いれず」を使うようになりました。

公的な書類でな常用漢字表に載っている「入れず」や平仮名の「いれず」を使うと覚えておきましょう。それ以外では好きな方を使って問題ありません。

「間髪を容れず」の類語

「間髪を容れず」の類語・類義語としては、ほんの僅かな時間のことを意味する「瞬時」、極めて短い時間のことを意味する「刹那」(読み方:せつな)などがあります。

「間髪を入れず」の例文

1.彼は間髪を入れずに再就職したので、辞める前から次の仕事が決まっていたのだろう。
2.この辺りはオフィス街なので、お昼の時間になると間髪を入れずに会社員が来店する。
3.好きな人から予定を聞かれたので、間髪を入れずに空いてると答えました。
4.頼まれた仕事は後回しにしないで、間髪を入れずにやるのが私のモットーです。
5.通勤の時間帯は間髪を入れずに電車がやってくるので、一本くらい乗り過ごしても大丈夫です。

この言葉がよく使われる場面としては、少しの時間も置かないことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように「間髪を入れず」は様々な場面で使うことが可能です。

「間髪を容れず」の例文

1.彼は就業時間が終わると間髪を容れずに帰るので、先輩たちから嫌われています。
2.彼女は願い事を聞かれ、間髪を容れずに「結婚したい」と答えました。
3.首相がこの前のインタビューで、不況を乗り切るために十分な経済政策を間髪を容れずに講じると言っていました。
4.近くの工事現場で落盤事故があったらしく、間髪を容れずに患者が運ばれてくる。
5.私がボケると彼は間髪を容れずにツッコミを入れてくれるので、とても気が合います。

この言葉がよく使われる場面としては、少しの時間も置かないことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように「間髪を容れず」は様々な場面で使うことが可能です。

「間髪を入れず」と「間髪を容れず」どちらの言葉を使うか迷った場合、意味や使い方に違いはないので好きな方を使って問題ありません。ただし、「容れず」が常用漢字ではないので、公的な場面においては「入れず」か平仮名の「いれず」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター