今日の買取件数:20件/今月の買取件数:20件/累計買取件数:16,446件

【オファー】と【スカウト】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「オファー」と「スカウト」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「オファー」と「スカウト」という言葉は、「他者を勧誘すること」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




オファーとスカウトの違い

オファーとスカウトの意味の違い

オファーとスカウトの違いを分かりやすく言うと、オファーは提案を表現する時に使い、スカウトは勧誘を表現する時に使うという違いです。

オファーとスカウトの使い方の違い

一つ目のオファーを使った分かりやすい例としては、「熱意あるオファーを受けることに決めた」「オファーを受けた時には非常に喜んだ」「イラストのオファーが来るとは思っていなかった」などがあります。

二つ目のスカウトを使った分かりやすい例としては、「新入生歓迎会ではチームのためにスカウトするのが慣習となっている」「友人がスカウトされモデルになることを決めたと聞いた」「スカウトマンは本当にいるのだろうか」などがあります。

オファーとスカウトの使い分け方

オファーとスカウトはどちらも、他者を勧誘することを意味する言葉として使われていますが、意味合いが若干異なります。

オファーは、申し出や提示を意味する言葉で、特に金銭周りなどの待遇や条件を提示を表す時に使われています。

一方のスカウトは、有望な人材を探し出したり引き抜いたりすることやそれを行う人を表し、特にスポーツ選手や芸能人などの引き抜きに対して使われています。

つまり、スカウトで人材発掘や勧誘を行い、オファーはより良い待遇を提示することや条件を提案することを指します。そのため、スカウトとオファーの二つが揃って契約が成立する流れになります。

ただし今日では、スカウトやオファーという言葉のみで契約成立となったことを表すことがほとんどであるため、どちらも同じタイミングで使われることはあまりありません。

オファーとスカウトの英語表記の違い

オファーを英語にすると「offer」となり、例えば上記の「オファーを受ける」を英語にすると「accept one’s offer」となります。

一方、スカウトを英語にすると「scout」となり、例えば上記の「チームのためにスカウトする」を英語にすると「scout for a team」となります。

オファーの意味

オファーとは

オファーとは、申し出や提示を意味しています。

表現方法は「オファーがくる」「オファーする」「オファーを受ける」

「オファーがくる」「オファーする」「オファーを受ける」などが、オファーを使った一般的な言い回しです。

オファーの使い方

オファーを使った分かりやすい例としては、「トライアル・オファーのおかげで事前に使用感を確かめることができる」「オファー面談の日程に関する連絡が届いた」「求人サイトでオファーを受けた仕事の詳細を見てみる」などがあります。

その他にも、「好きな俳優にオファーが来たらしい作品は原作を読んだことがあった」「オファーが届いたとしても適当に送られてくるメールだと思っている」「新しい仕事のオファーへの返事を待ってもらっている」などがあります。

オファーは英語で「offer」と表記され、提供や申し出、差し出すことを意味します。その他にも、申し込む際の値段も意味することから、日本語では価格や数量などを取引条件として提示する時やその上で申し込みをする時に使われています。

「オファー面談」の意味

上記例文の「オファー面談」とは、企業からの内定が出た後に労働条件などのすり合わせを行うための面談を指す言葉です。条件面談や処遇面談、内定者面談とも呼ばれています。

「トライアル・オファー」の意味

また、上記例文の「トライアル・オファー」は、該当商品を購入したことがない消費者が購入などを決定する前に短期間使用することを許可する販売テクニックで、特別割引価格やその他特別な付属品などの提供も行う場合もあります。

オファーの対義語

オファーの対義語・反対語としては、買い手が品物に付ける値段を意味する「付け値」があります。

オファーの類語

オファーの類語・類義語としては、議案や意見を提出することを意味する「提案」、売り手の言う通りの値段を意味する「言い値」、あるものから他のものに積極的に作用したり行動を促すことを意味する「働きかけ」などがあります。

スカウトの意味

スカウトとは

スカウトとは、有望な人材を探し出したり引き抜いたりすることを意味しています。

その他にも、情報収集をするための偵察する人やその行為も意味します。

表現方法は「スカウトする」「スカウトを断る」「スカウトを受ける」

「スカウトする」「スカウトを断る」「スカウトを受ける」などが、スカウトを使った一般的な言い回しです。

スカウトの使い方

スカウトを使った分かりやすい例としては、「タレントスカウトはやはり容姿で声を掛ける人を決めているのだろうか」「スカウトマンのやり口は違法となる場合もある」「求人サイトからのスカウトを受けてみることにした」などがあります。

その他にも、「推し球団のスカウト陣が選んだ選手は高校野球で一番活躍していたと言われている選手だった」「スカウトサービスに登録だけしておこうと思う」「スカウトメールを確認したが魅力的に感じなかった」などがあります。

スカウトは英語で「scout」と表記され、斥候や偵察兵を意味する言葉として使われていますが、今日この意味で使われることはあまりありません。スカウトという言葉だけでボーイスカウトを意味することもあります。

今日では、ビジネスシーンにおいて優れた技量や能力を持つ人や、芸能やスポーツにおいて才を持つ人の引き抜きや勧誘をすることを意味する言葉として使われることが多い言葉です。

「ボーイスカウト」の意味

また、上記の「ボーイスカウト」とは、少年らの心身を鍛えて健全な子どもたちを育成する教育運動やその団体を指す言葉です。少女を対象としたガールスカウトも存在します。

スカウトの類語

スカウトの類語・類義語としては、知られていない優れたものを探し出して世に出すことを意味する「発掘」、多くの人の中から選び出して役目を言い渡すことを意味する「抜擢」、他社の人材を引き抜くことを意味する「ヘッドハンティング」などがあります。

オファーの例文と使い方

1.オファーがあるとは思っておらず、最近開設したホームページやSNSの効果は凄まじいものだと実感した。
2.父はラジオへの出演オファーを受けたらしく、何について話すのかを尋ねたら仕事の宣伝をするだけと言われた。
3.思いがけないオファーを受けることができてから、その後着実と仕事を増やすことができている。
4.何十件ものオファーが殺到するような物件はすぐさま売れてしまう話を聞いて、激戦だと人ごとのように感じた。
5.特別オファーは使われるサイトなどで定義が異なるが大体は利用者に働きかけてくるものだろう。

この言葉がよく使われる場面としては、申し出や提示を意味する時などが挙げられます。

例文5の「特別オファー」は、例えばショッピングサイトにおける割引や還元であったり、求人サイトにおける求人紹介であるなど様々な場面で使われています。

スカウトの例文と使い方

1.友人がスカウトマンに名刺を貰ったと話してくれたが、芸能事務所ではない業界であった場合不安である。
2.スカウトサービスに任せるのではなく、自分から気になった職種に応募していくのが吉だと思っている。
3.取引先の人事担当から直接スカウトを受けるとは思ってもみなかったが、条件や待遇によっては前向きに考えてもいいかもしれない。
4.アイドルやスポーツ選手などを育成するゲームでは、キャラを集めるためのシステムをスカウトと呼ぶものもある。
5.各球団のスカウト陣は有望な選手を獲得するためにもドラフト会議へ向けて候補を絞り込むらしい。

この言葉がよく使われる場面としては、有望な人材を探し出したり引き抜いたりすることを意味する時などが挙げられます。

その他にも、偵察などの意味で使われることもありますが、今日では上記例文のように有望な人材を引き抜くことを意味する場合に使われています。

オファーとスカウトは、どちらも「他者を勧誘すること」を表します。どちらを使うか迷った場合は、提案を表す場合は「オファー」を、勧誘を表す場合は「スカウト」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター