メルカリの値下げ交渉コメントのテンプレート例文

メルカリの例文
今日の買取件数:20件/今月の買取件数:476件/累計買取件数:2,380件
(例文買取センターでは日本語を売ってくれる人を募集しています)

フリマアプリ「メルカリ」で商品の購入を希望する際、商品の値下げ交渉をしたい場合に出品者さん側に送るコメントやメッセージのテンプレート例文です。

メルカリでは、場合によって商品の値下げ交渉が可能です。例えば、同じ出品者さんから複数の商品を同時に購入する場合などは、商品をまとめて発送してもらうことで送料分の値下げをして貰えたりします。

出品者さん側が不愉快な気持ちにならないよう注意をしながら、上手に値下げ交渉をしてお得に買い物を楽しむのがオススメです。

値下げ交渉は、購入前のコメント欄で行います。出品者さん側との値下げ交渉が成立したら、出品者さん側が商品の値段を変更してくれるまで待機します。出品者さん側の値下げ設定が完了したら、即購入をしましょう。

また、値下げ交渉をしている商品についている「いいね!」の数が多い場合、それだけ多くの人が購入を希望しているということになります。値下げ交渉をしている間に、他の人に元の値段で即購入をされてしまうリスクもあることを覚えておきましょう。

コメント欄に値下げ交渉の書き込みをすると、「いいね!」をつけている他の購入希望者さんにも通知が届きます。コメント欄は他の購入希望者さんも見ることができるので、交渉はなるべく簡潔に行うようにします。

どのような内容を書けば良いのか分からない方や他の方の内容が気になる方はこのページの情報を参考にしてみてください。



シンプルな例文

はじめまして、こちらの商品を購入したいと考えております。プロフィール欄を拝見しましたが、お値下げ不可という表記がありませんでした。こちらの商品を、お気持ち分お値下げしていただくことは可能でしょうか?

値下げ交渉は、商品購入前にしか出来ません。購入後に「やっぱり○○円くらいに値下げをしてもらえますか?」などのメッセージを送ると、出品者さん側が不快感を覚えることが多く、トラブルの原因にもなります。

商品を購入する前に、出品者さん側に丁寧なお願いをして、値下げをしてもらうようにしましょう。出品者さん側にも「値下げして良かったな」と思って貰えるような取り引きにすることが大切です。

取り引きが終了した後にも、きちんと値下げに対するお礼のメッセージを送ると良いでしょう。

複数商品を同時購入する時の例文

はじめまして。こちらの商品の購入を考えております。別ページに出品されています○○も同時に購入したいと検討しているのですが、同時購入を希望した場合、いくらかお値下げをしていただくことは可能でしょうか?

同じ出品者さんが出している別の商品を同時に購入することで、出品者さんが発送の際に商品をひとつにまとめてくれることがあり、その場合、出品者さん側が送料分を値下げしてくれることがあります。

出品者さん側から考えても、発送の手間が減るので、まとめての購入の際は値下げ交渉が成立する可能性が高いです。

しかし、出品者さん側が商品の発送にメルカリ便を選択している場合は、複数商品の同梱が禁止されているため、まとめて発送をしてもらうことは出来ないので注意しましょう。

即購入をする時の例文

こんにちは。こちらの商品の購入を考えているのですが少しお値下げをしていただくことは可能でしょうか?お値下げをしていただけるのであれば、即決で購入させていただきたいと思います。ご検討のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

出品者さん側に値下げの交渉をする際は、値下げ後にその商品を即購入するのが基本です。出品者さん側にも「値下げをしてもらえればすぐに買います」ということを伝えておくのが良いでしょう。

また、即購入後の支払い方法や支払い日程なども詳細に伝えると、値下げ交渉が成立する確率が高いです。

しかし、「〇〇円ならすぐ買います」など購入者さん側がいきなり希望金額を書いてしまうと、出品者さんによっては不快に思う人もいます。

最初のコメントでは、商品の値下げが可能なのかどうかを必ず確認するようにしましょう。

他の出品者さんの値段を提示する時の例文

はじめまして。ご質問がありコメントさせていただきました。こちらの商品を購入したいと思っているのですが、まったく同じ商品を別の方が○○円ほどで出品しております。しかし、今までのお取り引き評価を拝見し、出来ることならば評価の良い○○さんから購入をしたいと思いました。お気持ち分だけでも、お値下げをしていただけませんでしょうか?ご検討のほど、お願いいたします。

メルカリでは、まったく同じ商品をそれぞれの出品者さんが違う値段で出品していることも多くあります。値段の付け方は出品者さん側のさじ加減なので差額が生じるのは当然のことです。

値下げの交渉をする際に、他にも同じ商品を安く出している出品者さんがいることを伝え、それを踏まえた上で「他の購入者さんからの評価が良いあなたから買いたい」「少しだけ高いので安くなりませんか?」と交渉するのもひとつの手段です。

出品者さん側も売れ残るよりは、買ってもらったほうが都合が良いので、交渉成立の可能性が高いです。

商品の掲載日が古いことを伝える時の例文

はじめまして。こちらの商品の購入を考えております。こちらの商品ですが、商品ページの掲載日が少し古いように感じます。大変失礼ですが、現在の商品の状態なども考慮した上で、少しばかりお値下げをしていただくことは可能でしょうか?ご検討いただけますと幸いです。

商品ページの掲載日が古いということは、それだけ長い間その商品が売れ残っているということです。

そういった商品の場合は、出品者さん側も「売れ残るくらいだったら値引きしてでも売りたい」という気持ちが強くある場合が多いです。

「大変失礼ですが」「不躾な質問になりますが」など丁寧な前置きをした上で、商品の現状などを確認しつつ値下げ交渉をするのが良いでしょう。

自分の金銭事情を説明する時の例文

はじめまして。こちらの商品を購入希望です。本当は即購入をしたいのですが、まだ学生のためお小遣いが少なく、予算をオーバーしていて購入を悩んでいます。こちらの商品を、少しお値下げしていただくことはできないでしょうか?お返事をいただけますと幸いです。

出品者さん側に値下げの交渉をする際、購入者さん側の金銭事情を説明するのもひとつの手段です。出品者さんによっては、購入者さん側の状況を考慮して値下げ交渉に対応してくれる人もいます。

その際「そちらが希望する価格を教えて下さい」「いくらくらいなら買えますか?」などの返信をくれる人もいます。その場合は、「○○円から○○円ほど」など具体的な予算をはっきりと伝えるようにしましょう。

また、値下げ対応をしてもらっても購入が難しい場合もあります。そういった場合は「すみません、もう少し検討します」「もう少し考えてみます」などのコメントを入れて、冷やかしだと思われないよう最後まで丁寧に返信をすることが大切です。

メルカリの例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター