メルカリの値下げ依頼を断るコメント例文/出品者側

メルカリの例文
今日の買取件数:20件/今月の買取件数:20件/累計買取件数:2,459件
(例文買取センターでは日本語を売ってくれる人を募集しています)

フリマアプリ「メルカリ」で、購入者さん側からの値下げ依頼を断りたい場合に出品者さん側が送るコメントやメッセージのテンプレート例文です。

メルカリでは、場合によっては商品の値下げ交渉が可能です。しかし、出品者さん側から考えると、最初に決めた金額で即購入をしてもらえるのが一番です。

値下げ依頼に対応したくない場合、購入希望者さんが不愉快な気持ちにならないよう、また購買意欲を削がないように気を付けつつ、上手にお断りすることが大切です。

出品している全ての商品に対して値下げをしたくない場合は、プロフィール欄にはっきりと「値下げ交渉不可」「お値下げは出来ません」などと書いておくのが得策です。

商品によって、値下げが出来るもの、出来ないものがある場合は、個々の商品ページになるべく目立つように「値下げ交渉承ります」「値下げはできません」などの記載をしておきましょう。

また、商品購入後の値下げはメルカリのシステム上できません。購入後に値下げ依頼をされた場合は、購入者さん側とよく相談して、場合によってはメルカリの事務局に「購入者都合」での商品購入キャンセルを依頼しましょう。

購入者さん側からの値下げ依頼を断りたいとき、どのような内容を書けば良いのか分からない方や他の方の内容が気になる方はこのページの情報を参考にしてみてください。



シンプルな例文

はじめまして。コメントをありがとうございます。こちらの商品についてですが、現在提示している金額がお値下げを考慮した金額となります。これ以上のお値下げはできませんので、ご了承ください。

メルカリはフリマアプリなので、値下げ依頼や値下げ交渉は多々あります。商品の状態や、売り上げ状況によっては、値下げ依頼に応じるのもひとつの手段ですが、あくまで出品者さん側の負担にならない程度にとどめておくことが重要です。

送料、手数料なども含めて赤字にならない様に計算しながら商品の値段を決めるようにして、不本意な値下げ依頼はしっかりとお断りするようにしましょう。

値下げ依頼を断る場合、現在の値段がすでに「値下げをした状態の値段」であることを伝える一文を添えると、購入者さん側の購買意欲を削がずにお断りすることができます。

プロフィールに記載してある時の例文

コメントをいただき、ありがとうございます。プロフィール欄はご覧になっていただけましたでしょうか?現在、出品しているどの商品に対してもお値下げ交渉は受け付けておりません。提示している金額でご購入いただきますようお願いいたします。

出品者さん側がプロフィール欄に「お値下げ不可」と書いていても、プロフィールを見逃してしまう購入者さんもいます。その場合は、プロフィール欄を確認してもらうよう促すのが良いでしょう。

また、具体的に「○○円で売ってください」とコメントが来る場合もあります。そういった場合も「そのお値段では厳しいです。現在、お値下げ交渉は受け付けておりません」など、はっきりとお断りのコメントを返すようにします。

商品の値段は、一度下げてしまうと元の金額に戻すことが難しくなります。出品者さん側からすると元の値段に戻しただけでも、購入者さん側からは値上げをしたと勘違いされてしまう場合もあるので、注意しましょう。

単品で値下げ交渉をされた時の例文

コメントをありがとうございます。こちらの商品ですが、単品でのお値下げは難しいです。現在出品しております他の商品と同時に購入をしていただけるようであれば、商品をおまとめして送りますので、送料分のお値下げは可能です。ご検討くださいますよう、お願いいたします。

商品単体での値下げが難しい場合、出品している他の商品も同時に買ってもらえるように誘導するのもひとつの手段です。

まとめて購入してもらうことで、出品者さん側も発送の手間がはぶけます。また、商品をまとめて送ることで、購入者さん側に送料分の値下げをしてあげることが出来るようになる場合もあります。

購入希望者さんとコメント欄でよく相談をして、複数購入であれば値下げ交渉に応じるのも良いでしょう。

値下げを諦めてくれない時の例文

度々コメントをいただき恐縮ですが、こちらの商品に対してのお値下げは考えておりません。現在、こちらの商品に対する「いいね!」の数も多く、即購入を検討してくださっている方もいらっしゃいます。申し訳ありませんが、ご予算に合った値段で出品されている他の方からのご購入をお願いいたします。

出品者さん側が購入者さん側の値下げ依頼に対して「値下げは出来ません」と返信をしても、諦めずに何度も価格の交渉をする購入者さんもいます。良い商品を、ほんの少しでもお得に買いたいと思うのが購入者さん側の素直な気持ちです。

しかし、出品者さん側が赤字になってしまうようでは困ります。お断りをしても、諦めずに値下げ依頼をされた場合は、出品商品についている「いいね!」の数が多いことを説明して、他にも購入を検討している人がいることをアピールしましょう。

また、もっと安い値段で同じような商品を出品している他の出品者さんからの購入を促すのもひとつの手段です。

はっきりとしたお断りの言葉を繰り返しても、それでも値下げ依頼を諦めてくれない場合は、メルカリの事務局に相談しましょう。

メルカリ事務局への連絡は、メルカリアプリの左上にある「三」をクリックすることで出てくるメニュー一覧から、「お問い合わせ」を選択します。連絡の際には、取り引き中の商品IDを添えることも忘れないようにします。

システム上値下げできない時の例文

この度は、商品をご購入いただきまして、ありがとうございます。先ほどメッセージでいただきましたお値下げの依頼ですが、大変申し訳ないのですが、メルカリのシステム上、商品購入後のお値下げは出来ない仕組みになっております。万が一、このお値段でのご購入が難しい場合は、まだ発送をしていないのでキャンセルもできます。もう一度ご検討をいただき、再度ご連絡ください。よろしくお願いいたします。

購入者さんの中には、メルカリの仕組みがよくわかっていない状態でアプリを利用している方もいます。商品購入後のお値下げ交渉についても悪気があるわけではなく、単純にメルカリの初心者さんである可能性があります。

メルカリアプリではシステムの構造上、商品購入後のお値下げは出来ないようになっています。出品者さんは、そのことを購入者さんにしっかりと説明しましょう。まだ商品の発送がされていなかった場合は、購入をキャンセルすることも出来ると伝えましょう。

双方が合意した上でのキャンセルでも、キャンセル理由は「購入者都合」となります。商品購入をキャンセルをする場合は、出品者さん側からメルカリ事務局にキャンセルの連絡をしましょう。

メルカリの事務局への連絡は、メルカリアプリの左上にある「三」をクリックすることで出てくるメニュー一覧から、「お問い合わせ」を選択します。連絡の際には、取り引き中の商品IDを添えることも忘れないようにします。

大幅な値下げ交渉をされた時の例文

はじめまして。コメントをありがとうございます。お値下げについてですが、ご提示いただいた金額まで下げるのは難しいです。ご希望額までとはいきませんが、送料分ほどでしたらお値下げも可能です。ご予算などを踏まえて、もう一度ご検討いただけますよう、お願いいたします。

購入者さんの中には、大幅な値下げを交渉する人もいます。「大幅」がどれくらいの金額になるかについては人それぞれですが、出品者さん側が「大幅だ」と感じたのであれば、お断りするのが良いでしょう。

お断りのコメントを返す際、出品者さん側が値下げ可能な金額を提示するのもひとつの手段です。「送料分なら」「○○円までなら」など具体的な金額を伝えるようにしましょう。

もちろん、値下げ不可能な場合は、はっきりと「値下げはできません」と伝えるようにします。丁寧にお断りをすることで不要なトラブルを防ぐことが出来ます。

メルカリの例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター