今日の買取件数:20件/今月の買取件数:100件/累計買取件数:17,746件

【アビリティ】と【スキル】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「アビリティ」と「スキル」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「アビリティ」と「スキル」という言葉は、「技量や能力」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




アビリティとスキルの違い

アビリティとスキルの意味の違い

アビリティとスキルの違いを分かりやすく言うと、アビリティは先天的な能力を表現する時に使い、スキルは後天的な能力を表現する時に使うという違いです。

アビリティとスキルの使い方の違い

一つ目のアビリティを使った分かりやすい例としては、「プレイアビリティにユーザーの多くは注目している」「アビリティによっては別の仕事が割り振られるだろう」「ゲームのアビリティは最初から覚えているものもある」などがあります。

二つ目のスキルを使った分かりやすい例としては、「スキルアップをするために多くの事に挑戦していきたい」「コミュニケーションスキルを養うためのディベートが行われる」「必要なITスキルは最低限でよさそうだ」などがあります。

アビリティとスキルの使い分け方

アビリティとスキルはどちらも技量や能力を意味する言葉ですが、ニュアンスが若干異なります。

アビリティは、生まれ持った才能や努力して得た能力を表す言葉で、できることを表すことが多い言葉です。また、「プレイアビリティ」「トレーサビリティ」「ユーザビリティ」のように他の言葉と組み合わせて使われることが多くあります。

一方のスキルは、経験を積んで身に付けた技術や手腕を表す言葉ですが、生まれつきの能力に対して使うことはできません。

つまり、アビリティは先天的かつ後天的な能力どちらに対しても使えますが、スキルは経験を積んで得た後天的な能力に対して使うという違いがあります。

そのため、実際に何度も経験して身に付けた能力であればスキルだけでなくアビリティという言葉に置き換えて使うこともできますが、生まれ持った才能であればスキルという言葉に置き換えて使うことはできません。

アビリティとスキルの英語表記の違い

アビリティを英語にすると「ability」となり、例えば上記の「プレイアビリティ」を英語にすると「playability」となります。一方、スキルを英語にすると「skill」となり、例えば上記の「スキルアップする」を英語にすると「improve skills」となります。

アビリティの意味

アビリティとは

アビリティとは、能力や技量を意味しています。

アビリティの使い方

アビリティを使った分かりやすい例としては、「プレイアビリティには満足度や効率性も含まれる」「デザインアビリティではなくデザイアビリティという表記が一般的だ」「ビューアビリティが高ければ広告はより多くの人の目に付く」などがあります。

その他にも、「自分のアビリティを考えて履歴書に記入していく」「キャラクターが習得できるアビリティには上限がある」「職業アビリティは転職した際にも役立つことを祈っている」「現実におけるアビリティは特殊効果ほどのものではない」などがあります。

アビリティは英語で「ability」と表記され、できることや能力、力量や才能を意味する言葉です。日本語でも同じように使われていますが、「アビリティー」と表記されることもあります。

「プレイアビリティ」の意味

上記例文の「プレイアビリティ」とは、ゲームがプレイできる量や時間、ゲームの質を測るための尺度を意味する言葉です。その他にも、楽器の演奏のしやすさを表す言葉として使われることもあります。

また、アビリティは他の言葉と組み合わせて使われることが多く、文字の見やすさや理解のしやすさを意味する「リーダビリティ」、ソフトウェアなどの使いやすさを意味する「ユーザビリティ」、可能性や将来性を意味する「ケーパビリティ」などがあります。

アビリティの対義語

アビリティの対義語・反対語としては、能力のないことやその人を意味する「無能」、頭の働きが鈍く物事の見通しがきかない人を意味する「ぼんくら」があります。

アビリティの類語

アビリティの類語・類義語としては、生まれつき持っている性質を意味する「素質」、そのものだけが持っている特別な性質を意味する「特質」、素早く頭を働かせて物事に対応する能力を意味する「才覚」などがあります。

スキルの意味

スキルとは

スキルとは、手腕や技量を意味しています。

表現方法は「スキルを身につける」「スキルを高める」「スキルアップ」

「スキルを身につける」「スキルを高める」「スキルアップ」などが、スキルを使った一般的な言い回しです。

スキルの使い方

スキルを使った分かりやすい例としては、「外国人がスキルドワーカーとして採用されることも今では増えてきた」「対人スキルだけでなく言語スキルも身に付けていきたい」「相手のスキルを羨ましいと思うこともある」などがあります。

その他にも、「スキルシェアサービスでイラストの描き方を教わっている」「今よりもスキルアップできたらいいと思っている」「ITスキルは今後も当たり前のスキルになるだろう」「ヒューマンスキルはコミュニケーション以外の能力も含む」などがあります。

スキルは英語で「skill」と表記され、手腕や腕前、技量や技能を意味する言葉です。上記例文の熟練工を意味する「スキルドワーカー」のように、特に訓練や経験を重ねて得た特別な技能や技術を指す言葉として、日本語でも同じように使われています。

「スキルシェアサービス」の意味

上記例文の「スキルシェアサービス」とは、自身のスキルを他者に提供することで金銭を得る仕組みで、経験や知識などを手軽に売買できるようになっています。すき間時間での副業として利用されるため、スキルシェアサービスを提供する企業も増加しています。

スキルの対義語

スキルの対義語・反対語としては、頭のはたらきが鈍いことを意味する「鈍才」、才能のないことを意味する「無才」があります。

スキルの類語

スキルの類語・類義語としては、巧みに物事をなす能力や技術を意味する「腕前」、優れた腕前を意味する「妙手」、物事の巧みに処理することを意味する「手際」、よく慣れていて上手な手並みを意味する「手練」などがあります。

アビリティの例文と使い方

1.自身のアビリティを生かせるような仕事に就くために、まずは自分には何ができるのかを分析し、見つめ直す必要があるかもしれない。
2.エンプロイアビリティを鑑みて誰を雇うかを決める場合が多いこともあり、その分野に関連することはできるだけ身に付けておきたかった。
3.ゲームの中では職種によってアビリティが異なったり、レベルを上げて習得に至るなどの仕組みが見受けられるが現実世界でも同じだろう。
4.本人のアビリティは問わないと記載があり、初心者でも挑戦することができそうで安心している。
5.いくら興味を惹かれる広告であったとしてもビューアビリティが低い状態であれば、閲覧される状態ではない割合の方が高いため効果が薄くなるだろう。

この言葉がよく使われる場面としては、能力や技量を意味する時などが挙げられます。

例文2の「エンプロイアビリティ」とは、雇用されうる能力を意味する言葉です。

スキルの例文と使い方

1.コミュニケーションスキルはどんな時代でも必要とされてきたが、実際話しやすい人とは一緒に仕事をしていて面白いと思える。
2.ポーダブルスキルとして自分が持っているのは何だろうと考えた時、少しパソコンを使える程度しか思いつかなかった。
3.スキルアップ研修を受けた後、活用できることが多く、仕事が少し楽しくなった気がした。
4.スキルマーケットは市場としてどんどん拡大し、今では英会話などの講義ではなく、相談などの時間を販売している人もいる。
5.同僚とスキルを高め合うために、経験してきたことを共有することも必要だと感じた。

この言葉がよく使われる場面としては、手腕や技量を意味する時などが挙げられます。

例文2の「ポーダブルスキル」とは、業種や職種を越えてどんな職場や仕事でも活用できるような高いスキルを指す言葉です。

アビリティとスキルは、どちらも「技量や能力」を表します。どちらを使うか迷った場合は、先天的な能力を表す場合は「アビリティ」を、後天的な能力を表す場合は「スキル」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター