今日の買取件数:20件/今月の買取件数:100件/累計買取件数:17,746件

【ブラフ】と【はったり】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「ブラフ」と「はったり」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「ブラフ」と「はったり」という言葉は、どちらも相手を威圧するために大げさな言動をしたり強気な態度をとったりすることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「ブラフ」と「はったり」の違い

「ブラフ」と「はったり」の意味の違い

「ブラフ」と「はったり」の違いを分かりやすく言うと、「ブラフ」は外国語、「はったり」は日本語という違いです。

「ブラフ」と「はったり」の使い方の違い

一つ目の「ブラフ」を使った分かりやすい例としては、「彼はポーカーでブラフをかけるのがとても上手です」「商談においてブラフをかけるのが大事な場合もあります」「見事なブラフでこの一戦に勝利することができました」などがあります。

二つ目の「はったり」を使った分かりやすい例としては、「彼が言っていることはいつものはったりだろう」「この脅しは単なるはったりに違いない」「そんなはったりは私に通用しませんよ」「彼女の脅しは単なるはったりです」などがあります。

「ブラフ」と「はったり」の使い分け方

「ブラフ」と「はったり」はどちらも相手を威圧するために大げさな言動をしたり強気な態度をとったりすることを意味しており、大きな違いはありません。あえて違いを挙げるならば、「ブラフ」は外国語なのに対して、「はったり」は日本語という点です。

したがって、意味は同じ言葉なので、基本的に好きな方を使って問題ないと覚えておきましょう。

「ブラフ」と「はったり」の英語表記の違い

「ブラフ」も「はったり」も英語にすると「bluff」となり、例えば上記の「彼女の脅しは単なるはったりです」を英語にすると「Her threat is no more than bluff」となります。

「ブラフ」の意味

「ブラフ」とは

「ブラフ」とは、相手を威圧するために大げさな言動をしたり強気な態度をとったりすることを意味しています。

表現方法は「ブラフを張る」「ブラフをかける」「ブラフをかます」

「ブラフを張る」「ブラフをかける」「ブラフをかます」などが、「ブラフ」を使った一般的な言い回しになります。

「ブラフ」の使い方

「ブラフ」を使った分かりやすい例としては、「彼はブラフをかけるのがとても上手です」「ブラフを張ったことがバレてしまいました」「彼女の発言はブラフだったのかとても気になるところです」などがあります。

「ブラフ」は相手を威圧するために大げさな言動をしたり強気な態度をとったりすることを意味する外国語で、日本語で表すと「はったり」や「虚勢」となります。人に対して虚勢を張ることで自分を優位な立場にしようとする言葉と覚えておきましょう。

「ブラフ」をよく使う場面としては、ポーカーや麻雀などのテーブルゲームです。相手に勝つための秘策として、欠かせないテクニックとなっています。また、ビジネスシーンにおいても商談や交渉の際の手段として使うことが可能です。

「ブラフ」の語源

「ブラフ」の語源はオランダ語の「bluffen」です。「bluffen」は元々自慢するという意味しており、自慢する際に脚色を加えるという意味でも使われていました。これが転じて、虚勢を張ることを「ブラフ」と言うようになったのです。

「ブラフ」の類語

「ブラフ」の類語・類義語としては、見せかけは立派だが中身のないことを意味する「こけおどし」、実力がない威勢のことを意味する「虚勢」、外観を繕うことを意味する「見栄を張る」などがあります。

「はったり」の意味

「はったり」とは

「はったり」とは、相手を威圧するために大げさな言動をしたり強気な態度をとったりすることを意味しています。

表現方法は「はったりをかます」「はったりをかける」「はったりをきかせる」

「はったりをかます」「はったりをかける」「はったりをきかせる」などが、「はったり」を使った一般的な言い回しになります。

「はったり」の使い方

「はったり」を使った分かりやすい例としては、「10%の力しかない手札もはったりで130%にできる」「そんなのははったりだと軽く流す」「ちょっとはったりをかけてみることにしました」「彼のはったりに見事騙されました」などがあります。

「はったり」は相手を威圧するために大げさな言動をしたり強気な態度をとったりすることを意味する言葉です。決して悪い言葉ではないのですが、マイナスな印象を持ちやすい言葉になっています。

「はったり」をよく使う場面としては、ポーカーや麻雀などのテーブルゲームです。相手に勝つための秘策として、欠かせないテクニックとなっています。また、ビジネスシーンにおいても商談や交渉の際の手段として使うことが可能です。

「はったり」の語源

「はったり」の語源は賭場での掛け声です。昔の賭場では、客に勝負を促すためにまくし立てることがあり、その際の掛け声として「はったり、はったり」と言っていました。

これが転じて、相手を威圧するために大げさな言動をしたり強気な態度をとったりすることを「はったり」と言うようになったのです。

「はったり」の類語

「はったり」の類語・類義語としては、いかにも本当らしく見せかけることを意味する「イカサマ」、大げさなことを言うことを意味する「大口」、本当は知らないのにいかにも知っているようなそぶりをすることを意味する「知ったかぶり」などがあります。

「ブラフ」の例文

1.彼はブラフに動じることがないので、冷静に物事を進めることができます。
2.ブラフを張ったことが功を奏して、大型契約を勝ち取ることができました。
3.ポーカーや麻雀などにおいては、ブラフはとても重要なスキルだと思っています。
4.彼女はトランプのゲームで強気の姿勢を見せているが、きっとブラフに違いありません。
5.彼は生真面目な性格なので、ブラフをかけることはとても苦手である。

この言葉がよく使われる場面としては、相手を威圧するために大げさな言動をしたり強気な態度をとったりすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「ブラフ」はビジネスシーンにおいても使うことができる言葉です。

「はったり」の例文

1.ポーカーにおいてはったりがとても大事だと思う。相手をビビらせたら勝ちだ。
2.彼はいつもはったりばかりなので、あまり信用しない方がいいだろう。
3.このことを先生に言いつけると言っているが、ただのはったりだと思っています。
4.この場の混乱を収めるために、はったりだがみんなを安心させる言葉を言いました。
5.彼の発言ははったりだったかもしれないが、そのおかげで契約を勝ち取ることができました。

この言葉がよく使われる場面としては、相手を威圧するために大げさな言動をしたり強気な態度をとったりすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「はったり」はビジネスシーンにおいても使うことがえきる言葉です。

「ブラフ」と「はったり」はどちらも相手を威圧するために大げさな言動をしたり強気な態度をとったりすることを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、「ブラフ」は外国語、「はったり」は日本語と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター