今日の買取件数:20件/今月の買取件数:280件/累計買取件数:29,126件

【お歳暮】と【お中元】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「お歳暮」(読み方:おせいぼ)と「お中元」(読み方:おちゅうげん)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「お歳暮」と「お中元」という言葉は、どちらもお世話になった人への贈り物のことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「お歳暮」と「お中元」の違い

「お歳暮」と「お中元」の意味の違い

「お歳暮」と「お中元」の違いを分かりやすく言うと、「お歳暮」とは年末に贈り物をすること、「お中元」とは7月上旬から8月上旬の期間に贈り物をすることという違いです。

「お歳暮」と「お中元」の使い方の違い

一つ目の「お歳暮」を使った分かりやすい例としては、「お歳暮には挨拶の手紙を添えることが大切です」「お世話になった上司にお歳暮を贈る」「お歳暮は日本独自の習慣です」「お歳暮で松坂牛が贈られてきました」などがあります。

二つ目の「お中元」を使った分かりやすい例としては、「お中元の送り状の書き方について勉強しました」「お中元でゼリー詰め合わせが贈られてきました」「お世話になった人にお中元を贈る予定です」などがあります。

「お歳暮」と「お中元」の使い分け方

「お歳暮」と「お中元」はどちらもお世話になった人への贈り物のことを意味する言葉ですが、違いが3つほどあるので間違えないように注意しましょう。

一つ目は贈る時期になります。地域差はあるものの、「お歳暮」は12月上旬から12月20くらいまでの年末に贈るのに対して、「お中元」は7月上旬から8月上旬に贈るというのが違いです。

二つ目は贈る理由になります。「お歳暮」は一年間の感謝を表して贈り物をするのに対して、「お中元」は半年間の感謝を表して贈り物をするというのが違いです。そのため、経済的な問題などで片方しか贈れない場合は、一年間の感謝を込めている「お歳暮」の方を贈るのがいいでしょう。

三つ目は贈る品物の違いになります。「お歳暮」は年末年始は家族や親戚が集まる時期なので、家族団欒を楽しめるおでんセット、お肉や魚介などが一般的と言われています。

一方、「お中元」はお相手の夏の健康を願い、ゼリーや果汁ジュース、ビール、鰻などを贈るのが一般的というのが違いです。

また、「お歳暮」と「お中元」をどちらも贈る場合には、「お歳暮」の方が「お中元」よりも少し高級な品物を贈ることが多いと言われています。

「お歳暮」も「お中元」も日本独自の文化なので、英語表現はないと覚えておきましょう。

「お歳暮」の意味

「お歳暮」とは

「お歳暮」とは、世話になった人などに年末に贈り物をすることを意味しています。

「お歳暮」の読み方

「お歳暮」の読み方は「おせいぼ」です。誤って「おさいぼ」などと読まないようにしましょう。

表現方法は「お歳暮を贈る」「お歳暮を断る」「お歳暮が届く」

「お歳暮を贈る」「お歳暮を断る」「お歳暮が届く」などが、「お歳暮」を使った一般的な言い回しです。

「お歳暮」の使い方

「お歳暮」を使った分かりやすい例としては、「お歳暮の送り状の書き方について勉強している」「お歳暮でコーヒーセットが贈られてきました」「お歳暮はいつもデパートから直接贈ってもらうことにしている」などがあります。

「お歳暮」は世話になった人などに年末に贈り物をすることを意味する言葉です。基本的に目下の人から目上の人に贈り物のことで、上司、取引先、親、親戚などの日頃からお世話になっている方々に贈るのが一般的です。

「お歳暮」には様々な特徴があります。

一つ目の特徴は贈る時期で、12月上旬から12月20くらいまでの年末に贈るのが一般的になっています。

二つ目の特徴は贈る理由で、一年間の感謝を表して贈り物を贈ります。

三つ目の特徴は贈る品物で、年末年始は家族や親戚が集まる時期なので、家族団欒を楽しめるおでんセット、お肉や魚介などを贈るのが一般的です。

また、「お歳暮」お世話になった方々に感謝の気持ちを込めて贈るものなので、基本的にはお返しをする必要はありません。ただし、品物が届いたらお礼状を出したり、電話で連絡するのがいいでしょう。

「お歳暮」の類語

「お歳暮」の類語・類義語としては、献上する品物のことを意味する「貢物」、人に差し上げる品物のことを意味する「ご進物」などがあります。

「お中元」の意味

「お中元」とは

「お中元」とは、世話になった人などに7月月上旬から8月月上旬の期間に品物を贈ることを意味しています。

「お中元」の読み方

「お中元」の読み方は「おちゅうげん」です。誤って「おなかげん」「おちゅうがん」などと読まないようにしましょう。

表現方法は「お中元を贈る」「お中元を断る」「お中元が届く」

「お中元を贈る」「お中元を断る」「お中元が届く」などが、「お中元」を使った一般的な言い回しです。

「お中元」の使い方

「お中元」を使った分かりやすい例としては、「お中元でジュース詰め合わせが贈られてきました」「お中元はいつもインターネット通販を利用しています」「お世話になった部活の顧問にお中元を贈ることにしました」などがあります。

「お中元」は世話になった人などに7月上旬から8月月上旬の期間に品物を贈ることを意味する言葉です。基本的に目下の人から目上の人に贈り物のことで、上司、取引先、親、親戚などの日頃からお世話になっている方々に贈るのが一般的です。

「お中元」には様々な特徴があります。

一つ目の特徴は贈る時期で、7月上旬から8月上旬くらいまでに贈るのが一般的になっています。

二つ目の特徴は贈る理由で、半年間の感謝を表して贈り物を贈ります。

三つ目の特徴は贈る品物で、夏の健康を願い、ゼリーや果汁ジュース、ビール、鰻などを贈るのが一般的です。

また、「お中元」お世話になった方々に感謝の気持ちを込めて贈るものなので、基本的にはお返しをする必要はありません。ただし、品物が届いたらお礼状を出したり、電話で連絡するのがいいでしょう。

「お中元」の類語

「お中元」の類語・類義語としては、暑中に知人などへ安否を尋ねることを意味する「暑中見舞い」、祝意を表すために贈る金銭や品物のことを意味する「祝儀」などがあります。

「お歳暮」の例文

1.年末が近づいてきたので、そろそろお歳暮の準備を始めよう。
2.仕事が忙しくて帰省することができないので、両親にお歳暮を贈りました。
3.百貨店でお歳暮を売り始めたのをみると、年末が近づいてきたことを感じる。
4.お歳暮で何を贈るか迷ったので、カタログギフトを贈ることにしました。
5.事業が成功し経営が軌道に乗ってからは、お世話になった人にお歳暮を贈るようにしています。
6.感謝の気持ちを込めて田舎の両親にお歳暮を送るようにしているが、帰省するとお返しなのかお年玉をくれるのでちょっと申し訳ない。
7.20代の頃、お世話になった人に不慣れながらお歳暮を送ったが、間違えてお中元の熨斗にしたのは今では笑い話だ。
8.今年のお歳暮には、地元の特産品の詰め合わせセットを選びました。遠方の友達にも地元の味を楽しんでほしいからです。
9.デパートのお歳暮のカタログが届いているのに気づくと、今年もあっという間に年末なのかと驚かされる。
10.とある銀座のママは、疎遠になっているお客さんにも、ずっとお歳暮などを送り続けているのだそうですよ。

この言葉がよく使われる場面としては、世話になった人などに年末に贈り物をすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「お歳暮」は感謝を込めて贈り物をする場合に使う言葉です。

「お中元」の例文

1.お中元で何を贈るか迷ったので、通販サイト人気No1のハムセットを贈ることにしました。
2.就職して3年が経ちお金に余裕が出てきたので、お中元を贈ることにしました。
3.実家にお中元を贈ったらとても喜んでくれたので、また来年も贈るようにしよう。
4.とてもお世話になった上司が定年退職してから、お中元を贈るようにしました。
5.7月が近づいてきたので、そろそろお中元の準備を始めようと思います。
6.夏になると取引先から和洋菓子のお中元が届き、自分では買わないような高級品もあるのでちょっとリッチな気分を味わえる。
7.私も夫もあまりビールを飲まないのに、ビール好きの父からは毎年ビールのお中元が届く。
8.お中元というとだいたいゼリーの詰め合わせが定番であったが、今では高級アイスクリームなんてのもあるそうだ。
9.夏といえばお中元の季節なので、ビールの詰め合わせでも送ってくれると嬉しいのだがね。
10.お中元の季節になると、スーパーマーケットの果物コーナーはおしゃれな贈り物コーナーが設置されます。

この言葉がよく使われる場面としては、世話になった人などに7月上旬から8月上旬の期間に品物を贈ることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「お中元」は感謝を込めて贈り物をする場合に使う言葉です。

「お歳暮」と「お中元」はどちらもお世話になった人への贈り物のことを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、年末に贈るのが「お歳暮」、7月上旬から8月上旬の期間に贈るのが「お中元」と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター