今日の買取件数:60件/今月の買取件数:560件/累計買取件数:26,446件

【重く受け止める】と【真摯に受け止める】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「重く受け止める」(読み方:おもくうけとめる)と「真摯に受け止める」(読み方:しんしにうけとめる)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「重く受け止める」と「真摯に受け止める」という言葉は、どちらも真面目な問題として認識することを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「重く受け止める」と「真摯に受け止める」の違い

「重く受け止める」と「真摯に受け止める」の意味の違い

「重く受け止める」と「真摯に受け止める」の違いを分かりやすく言うと、「重く受け止める」の方が「真摯に受け止める」よりも重要度の高い問題に使うという違いです。

「重く受け止める」と「真摯に受け止める」の使い方の違い

一つ目の「重く受け止める」を使った分かりやすい例としては、「結果として被害者の男性が亡くなられたことは重く受け止める」「市の主張が受け入れられなかったことを重く受け止める」「この事件を重く受け止める」などがあります。

二つ目の「真摯に受け止める」を使った分かりやすい例としては、「ご指摘していただいた内容について真摯に受け止める」「問題とされていることを真摯に受け止める所存です」「お客様から上がっている声を真摯に受け止める」などがあります。

「重く受け止める」と「真摯に受け止める」の使い分け方

「重く受け止める」と「真摯に受け止める」はどちらも真面目な問題として認識することを意味しており、大きな違いはありません。あえて違いを挙げるならば、「重く受け止める」の方が「真摯に受け止める」よりも重要度の高い問題に使うという点です。

「重く受け止める」と「真摯に受け止める」の英語表記の違い

「重く受け止める」も「真摯に受け止める」も英語にすると「Take sincere care of」「Take seriously」「take something seriously」なります。

「重く受け止める」の意味

「重く受け止める」とは

「重く受け止める」とは、重大なことだと認識することを意味しています。

「重く受け止める」の使い方

「重く受け止める」を使った分かりやすい例としては、「彼の言っていることを重く受け止める」「今回の事態を重く受け止める」「運営側としてはその事実を重く受け止めるしかありませんでした」「政府の判断は重く受け止める必要があります」などがあります。

「重く受け止める」は重大であることを意味する「重く」に、自分の問題として認識することを意味する「受け止める」が合わさり、重大なことだと認識することの意味で使われている言葉です。

「重く受け止める」はビジネスシーン、テレビのニュース、謝罪会見などでよく使われている言葉で、重大な問題が起きてしまった際のネガティブな表現として使うのが一般的になっています。そのため、謝罪のニュアンスも含まれている言葉です。

また、「重く受け止める」は丁寧な表現であるので、目上の人に対しても使うことができると覚えておきましょう。

「重く受け止める」の類語

「重く受け止める」の類語・類義語としては、自分のした事の結果について責めを負うことを意味する「責任を感じる」、容易ならない事態と受けとめて深く思いわずらうことを意味する「深刻に捉える」などがあります。

「真摯に受け止める」の意味

「真摯に受け止める」とは

「真摯に受け止める」とは、真面目に取り組んでいくという意気込みのことを意味しています。

「真摯に受け止める」の使い方

「真摯に受け止める」を使った分かりやすい例としては、「多大なご迷惑をお掛けしたことを真摯に受け止める」「この度の厳しい判決を真摯に受け止めるつもりです」「今回の結果を真摯に受け止める」などがあります。

「真摯に受け止める」は真面目で熱心なことを意味する「真摯」に、自分の問題として認識することを意味する「受け止める」が合わさり、真面目に取り組んでいくという意気込みのことの意味で使われている言葉です。

「真摯に受け止める」はビジネスシーン、テレビのニュース、謝罪会見などでよく使われている言葉で、また、「真摯に受け止める」は丁寧な表現であるので、目上の人に対しても使うことができると覚えておきましょう。

「真摯に受け止める」は何か問題や事件があった際に、これからは真面目に取り組んでいくというニュアンスで使うのが一般的です。また、謝罪の言葉とセットで使うことで、相手に誠意を見せることができます。

さらに言葉を発するだけではなく、その後どう行動していくかがとても重要であると覚えておきましょう。

「真摯に受け止める」の類語

「真摯に受け止める」の類語・類義語としては、非常に厳しいこととして認識することを意味する「厳粛に受け止める」、自分で自分の過ちを責める気持ちのことを意味する「自責の念」を覚える。

「重く受け止める」の例文

1.今回のトラブルは管理不足が原因であったとし、事態を重く受け止める。
2.内閣の不祥事が相次いで明るみになったことに関しては、重く受け止めている。
3.今回の事態を重く受け止めて、水質改善の調査や対策行います。
4.彼らの話を重く受け止めるので、即座位に調査を開始するように言いました。
5.任命責任は私にあるので、今回の事態は重く受け止める所存です。

この言葉がよく使われる場面としては、重大なことだと認識することを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「重く受け止める」はビジネスシーンにおいて使われている言葉です。

「真摯に受け止める」の例文

1.同様のミスが起こらないように真摯に受け止めるつもりです。また、社内でも共有し再発防止に努めます。
2.この度の不祥事につきましては、社内全体で真摯に受け止める。
3.お客様からの要望を真摯に受け止めることで、今後は皆様にご満足いただけるサービスを提供目指していきます。
4.社長の激励を真摯に受け止めることで、今後の成長の糧にしたいです。
5.ご期待に添えることができなかったことを真摯に受け止める所存です。

この言葉がよく使われる場面としては、真面目に取り組んでいくという意気込みのことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「真摯に受け止める」はビジネスシーンにおいて使われている言葉です。

「重く受け止める」と「真摯に受け止める」はどちらも真面目な問題として認識することを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、「重く受け止める」の方が「真摯に受け止める」よりも重要度の高い問題に使うと覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター