今日の買取件数:20件/今月の買取件数:406件/累計買取件数:6,489件

【天を仰ぐ】と【空を仰ぐ】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「天を仰ぐ」(読み方:てんをあおぐ)と「空を仰ぐ」(読み方:そらをあおぐ)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「天を仰ぐ」と「空を仰ぐ」という言葉は、どちらも嘆いて神に訴えるように顔を上方へ向けることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「天を仰ぐ」と「空を仰ぐ」の違い

「天を仰ぐ」と「空を仰ぐ」の意味の違い

「天を仰ぐ」と「空を仰ぐ」の違いを分かりやすく言うと、「天を仰ぐ」と「空を仰ぐ」は意味や使い方の違いはなく、どちらを使っても同じです。

「天を仰ぐ」と「空を仰ぐ」の使い方の違い

一つ目の「天を仰ぐ」を使った分かりやすい例としては、「絶好のチャンスを逸して天を仰ぐ」「息子のわがままに振り回されて天を仰ぐ」「額に手を当てて静かに天を仰ぐ」などがあります。

二つ目の「空を仰ぐ」を使った分かりやすい例としては、「あまりの尊さに空を仰ぐオタクたち」「晴れた日の空を仰ぐ」「何故か懐かしい気持ちになり空を仰ぐ」などがあります。

「天を仰ぐ」と「空を仰ぐ」の使い分け方

「天を仰ぐ」と「空を仰ぐ」はどちらも嘆いて神に訴えるように顔を上方へ向けることやただ単純に空を見上げることを意味しており、好きな方を使っても問題ありません。

あえて違いを挙げるならば、「天を仰ぐ」の方が一般的に使われており、「空を仰ぐ」の方は小説や歌詞などで使われることが多いという点です。

「天を仰ぐ」と「空を仰ぐ」の英語表記の違い

「天を仰ぐ」も「空を仰ぐ」も英語にすると「look up at the sky」「look up to heaven」 となります。

「天を仰ぐ」の意味

「天を仰ぐ」とは

「天を仰ぐ」とは、嘆いて神に訴えるように顔を上方へ向けることを意味しています。

表現方法は「天を仰ぐオタク」「天を仰ぐポーズ」

「天を仰ぐオタク」「天を仰ぐポーズ」などが、「天を仰ぐ」を使った一般的な言い回しになります。

「天を仰ぐ」の使い方

「天を仰ぐ」を使った分かりやすい例としては、「あまりのことに天を仰ぐしかできない」「一旦全てを投げ出して天を仰ぐのも悪くないと思う」「天を仰いで涙を流す」「ホームランを打たれて天を仰ぐ」などがあります。

「天を仰ぐ」は一般的に嘆いて神に訴えるように顔を上方へ向けることの意味で使う言葉です。現在はあまり使われていませんが、ただ単純に空を見上げるという意味も持っています。

元々はただ単純に空を見上げることを意味する言葉でしたが、昔から空の上には神がいるという考えが一般的だっため、神に訴えるように空を見上げるという比喩の意味で使われるようになりました。

そのため、嘆くことや悲しいことがあってそれを神に訴えかけるというマイナスやネガティブなイメージでしか使わない言葉になります。

「天を仰ぐ」を嬉しい時に使うのは誤用

「天を仰ぐ」を使う上で注意しなければならいのは、嬉しい時など、プラスやポジティブなイメージで使うのは誤用ということです。「仰ぐ」自体は尊敬するなどのプラスな意味を持つ言葉なので、勘違いしてしまう人が多いのでしょう。

「天を仰ぐ」の類語

「天を仰ぐ」の類語・類義語としては、上方に目を向けて見る「仰ぎ見る」があります。

「空を仰ぐ」の意味

「空を仰ぐ」とは

「空を仰ぐ」とは、嘆いて神に訴えるように顔を上方へ向けることを意味しています。

表現方法は「空を仰ぐオタク」「空を仰ぐポーズ」

「空を仰ぐオタク」「空を仰ぐポーズ」などが、「空を仰ぐ」を使った一般的な言い回しになります。

「空を仰ぐ」の使い方

「空を仰ぐ」を使った分かりやすい例としては、「絶好のチャンスを逸して空を仰ぐ」「娘のわがままに振り回されて空を仰ぐ」「私はふと空を仰ぐ」「彼女は空を仰ぐように呆れている」「逆転のタイムリーヒットを打たれて天を仰ぐ」などがあります。

「空を仰ぐ」は一般的に嘆いて神に訴えるように顔を上方へ向けることの意味で使う言葉です。現在はあまり使われていませんが、ただ単純に空を見上げるという意味も持っています。

元々はただ単純に空を見上げることを意味する言葉でしたが、昔から空の上には神がいるという考えが一般的だっため、神に訴えるように空を見上げるという比喩の意味で使われるようになりました。

そのため、嘆くことや悲しいことがあってそれを神に訴えかけるというマイナスなイメージでしか使わない言葉になります。

「空を仰ぐ」を嬉しい時に使うのは誤用

「空を仰ぐ」を使う上で注意しなければならいのは、嬉しい時など、プラスやポジティブなイメージで使うのは誤用ということです。「仰ぐ」自体は尊敬するなどのプラスな意味を持つ言葉なので、勘違いしてしまう人が多いのでしょう。

「空を仰ぐ」の類語

「空を仰ぐ」の類語・類義語としては、下から上を見ることを意味する「見上げる」があります。

「天を仰ぐ」の例文

1.ワールドカップ決勝の後半30分、千載一遇のチャンスを逃してしまった選手が天を仰ぐ。
2.彼は何かを失敗してしまった時に天を仰ぐタイプの人です。
3.彼女がステージの中央に座り込んで天を仰ぐ姿は感嘆の一言に尽きる。
4.昔おじいちゃんから、人は嘆くとき涙が溢れないように天を仰ぐと教わりました。
5.甲子園行きがかかった試合で逆転負けしてしまい、天を仰ぐ。

この言葉がよく使われる場面としては、嘆いて神に訴えるように顔を上方へ向けることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように「天を仰ぐ」はマイナスなイメージを持って使うのが一般的です。

「空を仰ぐ」の例文

1.自分のミスのせいで高校最後の試合を負けてしまい、悔しくて空を仰ぐ。
2.春の空を仰いだら、最近悩んでいたことを全て忘れることができました。
3.涙が溢れそうになったので、溢れないように必死に空を仰ぐ。
4.大事な場面でゴールを決めることができず、試合終了後空を仰ぐ。
5.悲しい出来事に直面したので、星が降る夜の空を仰ぐ。

この言葉がよく使われる場面としては、嘆いて神に訴えるように顔を上方へ向けることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように「空を仰ぐ」はマイナスなイメージを持って使うのが一般的です。

「天を仰ぐ」と「空を仰ぐ」どちらの言葉を使うか迷った場合、意味や使い方に違いはないので好きな方を使って問題ありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター