今日の買取件数:20件/今月の買取件数:440件/累計買取件数:27,486件

【愚考】と【愚行】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

同じ「ぐこう」という読み方の「愚考」と「愚行」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「愚考」と「愚行」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。




愚考と愚行の違い

愚考と愚行の意味の違い

愚考と愚行の違いを分かりやすく言うと、愚考とは愚かな考えを表し、愚行とは愚かな行為を表すという違いです。

愚考と愚行の使い方の違い

一つ目の愚考を使った分かりやすい例としては、「それは彼の愚考に過ぎなかった」「少し私の愚考を示させていただきます」「世界の平和について愚考を巡らせる」「ビジネスチャンスが到来したと愚考しております」などがあります。

二つ目の愚行を使った分かりやすい例としては、「彼は呆れるほどの愚行を繰り返している」「判断を誤り愚行をおかす」「法は愚行権の行使を認めています」「夜中にスイーツを貪るという愚行をおかす」などがあります。

愚考と愚行の使い分け方

愚考と愚行という言葉は、どちらも「ぐこう」と読みますが、意味や使い方には大きな違いがあります。

愚考とは、愚かな考えを意味し、「彼の愚考に過ぎない」のような使い方で、考えが足りないさまを表します。多くは「私の愚考を示す」のように、自分の考えをへりくだっていう場合に用いられ、その考えが実際に愚かであるかどうかに関わらず、謙遜の意味で使用されています。

愚行とは、愚かな行いを意味し、馬鹿げている言動や、悪と見なされるような振る舞いなどに対して使用されます。ネガティブな意味合いを持つ言葉であり、愚考のように謙遜の意味で用いられることはありません。

つまり、愚考とは愚かでつまらない考えを表し、愚行とは愚かでバカバカしい行為を表す言葉です。愚考と愚行という言葉は、意味が全く異なる同音異義語のため、互いに置き換えて使うことはできません。

愚考と愚行の英語表記の違い

愚考を英語にすると「foolish thought」「foolish idea」「idea」となり、例えば上記の「それは愚考に過ぎない」を英語にすると「It’s just a foolish idea」となります。

一方、愚行を英語にすると「act of folly」「foolish act」「stupidity」となり、例えば上記の「呆れるほどの愚行」を英語にすると「breathtaking stupidity」となります。

愚考の意味

愚考とは

愚考とは、愚かな考え、また、自分の考えをへりくだっていう語を意味しています。

愚考の読み方

愚考の読み方は「ぐこう」です。同じ読み方をする熟語に「愚行」や「愚公」がありますが、意味が異なるので書き間違いに注意しましょう。

表現方法は「愚考いたします」「愚考する」

「愚考いたします」「愚考する」などが、愚考を使った一般的な言い回しです。

愚考の使い方

愚考を使った分かりやすい例としては、「心の中であれこれ愚考を働かせる」「彼は一攫千金という愚考にとらわれている」「そんな愚考は今すぐやめるべきだ」「お金さえあれば幸せになれるなんて愚考だろう」などがあります。

その他にも、「僻地医療の在り方について愚考する」「信頼を得たものと勝手に愚考しております」「効率的な時間の使い方を愚考しています」「ブログに愚考愚見や活動記録を書いています」などがあります。

愚考とは、文字通り「愚かな考え」を意味し、取るに足らない考えや短絡的な思考などを表します。多くは自分の考えをへりくだっていう語として用いられ、「愚考する」の形で、自分の考えるという動作をへりくだっていうこともあります。

愚考はビジネスシーンで使う

愚考という言葉は、日常会話で使用されることはあまりなく、主として文章を書くときに使われる書き言葉です。改まった印象を与える言葉であり、ビジネスシーンにおいて自分の考えを示す際に、「愚考しております」「愚考いたしました」などと用いられています。

愚考の対義語

愚考の対義語・反対語としては、賢明な考えや他人の思慮を敬っていう語を意味する「賢慮」などがあります。

愚考の類語

愚考の類語・類義語としては、愚かな考えや馬鹿げた意見を意味する「愚案」、愚かな意見や自分の意見をへりくだっていう語を意味する「愚見」、あさはかな考えを意味する「浅知恵」、こざかしい知恵を意味する「猿知恵」などがあります。

愚行の意味

愚行とは

愚行とは、考えの足りない、ばかげた行いを意味しています。

愚行の読み方

愚行の読み方は「ぐこう」です。誤って「ぐぎょう」「ぐあん」などと読まないようにしましょう。

表現方法は「愚行をおかす」「愚行の極み」

「愚行をおかす」「愚行の極み」などが、愚行を使った一般的な言い回しです。

愚行の使い方

愚行を使った分かりやすい例としては、「人はお金が絡むと愚行に走るものです」「彼女の前で愚行をおかすわけにはいかない」「禁煙エリアで喫煙するという愚行をはたらいた」「愚行録とも言える犯罪者のドキュメンタリー映画です」などがあります。

その他にも、「患者の愚行権はどこまで認めるべきか」「幸福追求のために愚行権を行使する」「人の眼をくらますために愚行を演じる」「自分の能力以上の事をなす愚行であった」「注意されても同じことを何回も行うなんて愚行の極みだ」などがあります。

愚行とは、字面通り「愚かな行い」を意味します。思慮の足りない馬鹿げた行為、分別のない振る舞い、非難されるべき行為などを指していう言葉です。望ましくない行いを表現し、ネガティブな意味合いを持ちます。

「愚行権」の意味

愚行を用いた日本語には「愚行権」があります。愚行権とは、たとえ他人から愚かでつまらないと評価される行為であっても、第三者に危害を及ぼさない限りは邪魔をされない権利のことです。医療拒否あるいは飲酒や喫煙などがこれにあたります。

愚行の対義語

愚行の対義語・反対語としては、胸のすくような素晴らしい行為を意味する「快挙」、よい行いや道徳にかなった行為を意味する「善行」などがあります。

愚行の類語

愚行の類語・類義語としては、ばかげた行いや愚かな企てを意味する「愚挙」、乱暴な行為や不正な行いを意味する「暴行」、道義にはずれた行為や不正行為を意味する「非行」、恥ずべき行為を意味する「醜行」などがあります。

愚考の例文

1.自分は唯一無二の賢者であると考えているのであれば、そのような愚考は捨てて謙虚に生きるべきです。
2.私は英語を学習していくうちに、グローバルとは何であるのかを愚考するようになりました。
3.いま子供たちに何を伝えるべきか、私なりに色々と愚考いたしました。
4.ビジネスはコミュニケーションが成功の鍵ではないかと愚考いたします。
5.戦略コンサルタントとして、今回のケースはプランBが最適かと愚考しております。

この言葉がよく使われる場面としては、愚かな考え、 自分の考えを謙遜した語を表現したい時などが挙げられます。

例文1にある「愚考」は、愚かな考えの意味で用いられています。例文2から例文5の「愚考」は、自分の考えを謙遜した語として用いられています。

愚行の例文

1.取り返しがつかない愚行をおかす前に、何事も立ち止まって熟考するべきです。
2.地震列島に原発を設置するという行為は、効率を追求して行き着いた愚行の極みではないだろうか。
3.被爆者の体験を聞き、戦争という愚行や蛮行を繰り返してはいけないと強く感じました。
4.暴徒化したサポーターの愚行に対し、サッカー協会は入場禁止を含む強い措置を行うつもりです。
5.なぜ人は集団になると愚行に走るのか、社会心理学の観点からご説明いたします。

この言葉がよく使われる場面としては、愚かな行いや馬鹿げた行為を表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、愚行の慣用的な言い回しには「愚行をおかす」「愚行の極み」「愚行に走る」などがあります。「愚行に走る」とは、愚かな行為を急にし始めることを意味します。「走る」は、ある方向は状況へ急激に傾くことです。

愚考と愚行という言葉は、どちらも「ぐこう」と読む同音同義語です。どちらの言葉を使うか迷った場合、愚かな考えを表現したい時は「愚考」を、愚かな行為を表現したい時は「愚行」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター