今日の買取件数:20件/今月の買取件数:440件/累計買取件数:26,326件

【ありましたら】と【ございましたら】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「ありましたら」と「ございましたら」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「ありましたら」と「ございましたら」という言葉は、どちらも要求や提案を伝えることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「ありましたら」と「ございましたら」の違い

「ありましたら」と「ございましたら」の意味の違い

「ありましたら」と「ございましたら」の違いを分かりやすく言うと、「ありましたら」よりも「ございましたら」の方が丁寧な表現という違いです。

「ありましたら」と「ございましたら」の使い方の違い

一つ目の「ありましたら」を使った分かりやすい例としては、「何かお困りのことがありましたらお気軽にご連絡ください」「資料に不備がありましたら遠慮なくお伝えください」「必要な物がありましたらお持ちいたします」などがあります。

二つ目の「ございましたら」を使った分かりやすい例としては、「ご不明な点がございましたらお気軽にお声がけください」「分からないことがございましたらご質問ください」「ご指摘等ございましたらよろしくお願いいたします」などがあります。

「ありましたら」と「ございましたら」の使い分け方

「ありましたら」と「ございましたら」はどちらも要求や提案を伝えることを意味しており、大きな違いはありません。あえて違いを挙げるならば、「ありましたら」よりも「ございましたら」の方が丁寧な表現という点です。

したがって、よりかしこまった場面では、より丁寧な表現である「ございましたら」を使うのがいいでしょう。

また、「ありましたら」と「ございましたら」には、明確な使い分けの基準はありませんので、個々の判断でその場にあった言葉を選択するのが大切です。

「ありましたら」と「ございましたら」の英語表記の違い

「ありましたら」も「ございましたら」も直訳した英語表現はありませんが、近い表現として「if you need anything」「Should you need any hel」などがあります。

「ありましたら」の意味

「ありましたら」とは

「ありましたら」とは、要求や提案を伝えることを意味しています。

表現方法は「ありましたらご連絡ください」「ありましたらよろしくお願いします」

「ありましたらご連絡ください」「ありましたらよろしくお願いします」「何かありましたら」「ご質問ありましたら」「お困りのことがありましたら」「またの機会がありましたら」などが、「ありましたら」を使った一般的な言い回しになります。

「ありましたら」の使い方

「ありましたら」を使った分かりやすい例としては、「ご興味がありましたら是非ご参加ください」「ご都合の良い時間がありましたらご連絡ください」「何かありましたら遠慮なくおっしゃってください」「分からない点がありましたらお気軽にお尋ねください」などがあります。

「ありましたら」は要求や提案を伝えることを意味する言葉で、相手の円滑なコミュニケーションを行なうためのフレーズとして、様々な場面で使われています。

「ありましたら」はビジネスシーンと日常生活のどちらでも使用可能で、とても幅広い範囲で活用することができる言葉です。

「ありましたら」はとても丁寧な表現なので、ビジネスシーンにおいて目上の人に対しても使うことができますが、社外の人や位の離れた上司などのよりかしこまった場面では、さらに丁寧な表現である「何かございましたら」を使うのがいいでしょう。

「ありましたら」の特徴

「ありましたら」はは口頭や会話などの話し言葉だけではなく、手紙やメールなどの書き言葉としても使うことができるというのが特徴です。

「ございましたら」の意味

「ございましたら」とは

「ございましたら」とは、要求や提案を伝えることを意味しています。

表現方法は「ございましたらご連絡ください」「ございましたらお知らせください」

「ございましたらご連絡ください」「ございましたらお知らせください」「何かございましたら」「ご質問ございましたら」「お困りのことがございましたら」「またの機会がございましたら」などが、「ございましたら」を使った一般的な言い回しになります。

「ございましたら」の使い方

「ございましたら」を使った分かりやすい例としては、「また機会がございましたら是非ご一緒してください」「ご興味がございましたら奮ってご参加ください」「お探しの商品がございましたらお気軽にお声がけください」などがあります。

「ございましたら」は要求や提案を伝えることを意味する言葉で、相手の円滑なコミュニケーションを行なうためのフレーズとして、様々な場面で使われています。

「ございましたら」はビジネスシーンと日常生活のどちらでも使用可能で、とても幅広い範囲で活用することができる言葉です。

「ございましたら」はとても丁寧な表現なので、ビジネスシーンにおいて目上の人に対して使うことができます。また、同じ意味を持つ「ありましたら」よりもさらに丁寧な表現なので、取引先や位の離れた上司などのよりかしこまった場面でも使うことができると覚えておきましょう。

「ございましたら」の特徴

「ございましたら」は口頭や会話などの話し言葉だけではなく、手紙やメールなどの書き言葉としても使うことができるというのが特徴です。

「ありましたら」の例文

1.ご縁がありましたら、またの機会によろしくお願い申し上げます。
2.何かご不明な点がありましたら、遠慮なくお申し付けください。
3.もし機会がありましたら、オススメのレストランがあるのでご一緒しませんか。
4.何かお力になれることがありましたら、お気軽に仰ってください。
5.何かお困りのことがありましたら、お気軽にスタッフまでお尋ねください。

この言葉がよく使われる場面としては、要求や提案を伝えることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「ありましたら」はビジネスシーンにおいても使うことができる言葉です。

「ございましたら」の例文

1.ご用命がございましたら、お気軽にお申し付けください。
2.お忙しいとは存じますが、お時間がございましたらご参加いただければ幸いです。
3.本イベントについてご意見やご感想などございましたら、ご自由にご記入ください。
4.忘年会についてご質問がございましたら、こちらの番号までお願いいたします。
5.また機会がございましたら、何卒ご検討のほどよろしくお願い申し上げます。

この言葉がよく使われる場面としては、要求や提案を伝えることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「ございましたら」はビジネスシーンにおいても使うことができる言葉です。

「ありましたら」と「ございましたら」はどちらも要求や提案を伝えることを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、かしこまった場面においては、より丁寧な表現である「ございましたら」を使うのがいいでしょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター