今日の買取件数:60件/今月の買取件数:520件/累計買取件数:26,406件

【可能な限り】と【できる限り】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「可能な限り」(読み方:かのうなかぎり)と「できる限り」(読み方:できるかぎり)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「可能な限り」と「できる限り」という言葉は、どちらもやれる範囲で最大限にやることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「可能な限り」と「できる限り」の違い

「可能な限り」と「できる限り」の意味の違い

「可能な限り」と「できる限り」の違いを分かりやすく言うと、「可能な限り」の方が「できる限り」よりも丁寧な表現という違いです。

「可能な限り」と「できる限り」の使い方の違い

一つ目の「可能な限り」を使った分かりやすい例としては、「これらは可能な限り早期に売却したいです」「この質問に可能な限りすぐに答えてください」「可能な限り協力させていただきます」「可能な限り努力してみる所存です」などがあります。

二つ目の「できる限り」を使った分かりやすい例としては、「できる限りのことはしたいと思っています」「健康を維持するためできる限り運動をするようにしている」「本日はできる限り質問に答えますよ」「できる限りあなたに予定を合わせます」などがあります。

「可能な限り」と「できる限り」の使い分け方

「可能な限り」と「できる限り」はどちらもやれる範囲で最大限にやることを意味しており、大きな違いはありません。あえて違いを挙げるならば、「可能な限り」の方が「できる限り」よりも丁寧な表現という点です。

したがって、よりかしこまった場面では、丁寧な表現である「可能な限り」の方を使うようにしましょう。

「可能な限り」と「できる限り」の英語表記の違い

「可能な限り」も「できる限り」も英語にすると「as much as possible」「as much as humanly possible」となります。

「可能な限り」の意味

「可能な限り」とは

「可能な限り」とは、やれる範囲で最大限にやることを意味しています。

表現方法は「可能な限りで構いません」「可能な限りでお願いします」

「可能な限りで構いません」「可能な限りでお願いします」などが、「可能な限り」を使った一般的な言い回しになります。

「可能な限り」の使い方

「可能な限り」を使った分かりやすい例としては、「プレゼンの資料は可能な限り早く提出してください」「可能な限りで構いませんので事故の詳細を教えていただけませんか」「可能な限り早急な対応をお願いいたします」などがあります。

「可能な限り」はある物事ができる見込みがあることを意味する「可能」に、そのことの限度いっぱいのことを意味する「限り」が合わさり、やれる範囲で最大限にやることの意味で使われている言葉です。

「可能な限り」は目上の人に使える

「可能な限り」は改まった言い方ではあるので、ビジネスシーンにおいて目上の人に対して使うこともできます。ただし、「可能な限り」自体は敬語表現ではないので、前後の文章に敬語表現を用いる必要があるのです。

「可能な限り」は間違った使い方をしてしまうと相手に失礼な印象を与えることもあるので、使用する際には十分に注意が必要と覚えておきましょう。

「可能な限り」の特徴

「可能な限り」はビジネスメールやビジネス文書などの書き言葉としてだけではなく、会話や口頭などの話し言葉としても使うことができるというのが特徴です。

「可能な限り」の類語

「可能な限り」の類語・類義語としては、力の限りを尽くすことを意味する「極力」、できるだけのことを意味する「成る丈」、限度いっぱいであることを意味する「目一杯」などがあります。

「できる限り」の意味

「できる限り」とは

「できる限り」とは、やれる範囲で最大限にやることを意味しています。

「できる限り」の漢字表記

「できる限り」を漢字にすると、「出来る限り」と表記することができます。

表現方法は「できる限りのことをする」「できる限りで構いません」

「できる限りのことをする」「できる限りで構いません」などが、「できる限り」を使った一般的な言い回しになります。

「できる限り」の使い方

「できる限り」を使った分かりやすい例としては、「雨が降りそうなのでできる限り早く帰ることにしました」「妻からできる限り早く家に帰ってきてとお願いされました」「彼女に追いつくためにできる限り走ることにしました」などがあります。

「できる限り」はそうする能力や可能性があることを意味する「できる」に、そのことの限度いっぱいのことを意味する「限り」が合わさり、やれる範囲で最大限にやることの意味で使われている言葉です。

「できる限り」はビジネスシーンにおいて使える言葉ではあるものの、ややカジュアルな表現なので、目上の人などのかしこまった場面で使うのはあまり適していません。

もし、目上の人に対して使いたいのであれば、「できる限り」よりも丁寧な表現である「可能な限り」の方を使うようにしましょう。

「できる限り」の特徴

「できる限り」はビジネスメールやビジネス文書などの書き言葉としてだけではなく、会話や口頭などの話し言葉としても使うことができるというのが特徴です。

「できる限り」の類語

「できる限り」の類語・類義語としては、できるだけのことを意味する「なるべく」、可能であるならばのことを意味する「できれば」などがあります。

「可能な限り」の例文

1.月末の忘年会は会費は一切いらないので、可能な限り参加してほしいです。
2.将来も健康な体を維持したいので、可能な限り運動するようにしています。
3.このままだと大きな損害が出てしまうので、可能な限り早く問題を解決してください。
4.経済学者たちは、デフレから脱却する方法を可能な限り調べ上げました。
5.新たな依頼が入ってしまったので、私たちは可能な限りスケジュールを短縮しなければなりません。

この言葉がよく使われる場面としては、やれる範囲で最大限にやることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「可能な限り」はビジネスシーンにおいても使うことができる言葉です。

「できる限り」の例文

1.再来月にイベントを行う予定なので、できる限り力を貸していただけれると嬉しいです。
2.記者会見の場では、質問に対してできる限りお答えする所存です。
3.他の人にはできる限り迷惑をかけたくないので、この会社を辞めることにしました。
4.私は夜型人間なので、できる限り出社が遅くても問題ない会社を探すことにしました。
5.将来なりたい職業があるので、できる限り勉強はしようと思っています。

この言葉がよく使われる場面としては、やれる範囲で最大限にやることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「できる限り」はビジネスシーンにおいても使うことができる言葉です。

「可能な限り」と「できる限り」はどちらもやれる範囲で最大限にやることを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、「可能な限り」の方が「できる限り」よりも丁寧な表現と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター