今日の買取件数:20件/今月の買取件数:440件/累計買取件数:27,486件

【リバイバル】と【リメイク】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「リバイバル」と「リメイク」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「リバイバル」と「リメイク」という言葉は、「映画を再び上映すること」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




リバイバルとリメイクの違い

リバイバルとリメイクの意味の違い

リバイバルとリメイクの違いを分かりやすく言うと、リバイバルは元の作品に手を加えない時に使い、リメイクは元の作品に手を加える時に使うという違いです。

リバイバルとリメイクの使い方の違い

一つ目のリバイバルを使った分かりやすい例としては、「平成カルチャーのリバイバルブームと聞いた時は複雑な気分だった」「かつてのファンからすればリバイバル上映の決定は奇跡のように思える」「リバイバル作品の公開が出来ない場合もある」などがあります。

二つ目のリメイクを使った分かりやすい例としては、「当時人気だったゲームのリメイクバージョンをファンはいつまでも待ちわびている」「衣服をリメイクして使うのにセンスがない」「アニメのリメイクだからといって原作を蔑ろにしていいわけではない」などがあります。

リバイバルとリメイクの使い分け方

リバイバルとリメイクはどちらも、映画を再び上映することや作品を再び公開することを意味する言葉ですが、対象となるものが異なります。

リバイバルは、一度廃れたものが見直され再び評価されることや、映画や演劇の再上映を指す言葉です。ファッションやその他文化に対しても用いられ、本来のあり方はそのままで人気を集め直す場合に使われます。

一方のリメイクは、作品をもう一度作ることや作り直すことを指す言葉です。初めての公開時のままでは公開できない場合や、より詳細な描写を加える場合など本来の作品から若干変更される場合に使われます。

つまり、リバイバルは元の作品に手を加えずにそのまま公開することを指し、リメイクは元の作品に手を加えて作り直して公開することを指すという違いがあります。

リバイバルとリメイクの英語表記の違い

リバイバルを英語にすると「revival」となり、例えば上記の「リバイバルブーム」を英語にすると「revival boom」となります。

一方、リメイクを英語にすると「remake」となり、例えば上記の「リメイクバージョン」を英語にすると「a remake version」となります。

リバイバルの意味

リバイバルとは

リバイバルとは、一度廃れたものが見直され再び評価されることを意味しています。

その他にも、映画や演劇、テレビ放送が再び上映および放送されることを意味する言葉として使われています。

表現方法は「リバイバルアニメ」「リバイバル上映」「リバイバルする」

「リバイバルアニメ」「リバイバル上映」「リバイバルする」などが、リバイバルを使った一般的な言い回しです。

リバイバルの使い方

「レトロファッションなどファッション業界ではリバイバル現象が起きる頻度が高い」「リバイバルブームは多くの分野に見られて懐かしさと新鮮な気持ちでいっぱいになる」などの文中で使われているリバイバルは、「再評価」の意味で使われています。

一方、「人気映画のリバイバルが応援上映形式でも行われるそうだ」「リバイバルに期待せずに見たいものは見に行くべきだ」「リバイバルを希望する声がSNSで多く見受けられた」などの文中で使われているリバイバルは、「再上映」の意味で使われています。

リバイバルは英語で「revival」と表記され、「復活」「復興」「再上演」といった意味を持つ言葉です。日本語でも同じように使われており、特に人気を集めていたものが再び人気を集める場合に用いられます。

「ゴシック・リバイバル」の意味

リバイバルを使った言葉には「ゴシック・リバイバル」があります。これは、中世ゴシック様式の建築形態の復興運動を指す言葉で、ヨーロッパ各地に広まりました。教会に用いられる要素を住宅の外観デザインに採り入れているのが特徴とされています。

リバイバルの対義語

リバイバルの対義語・反対語としては、製造が行われなくなった作品や商品を意味する「廃盤」、重版しなくなった書物を意味する「絶版」があります。

リバイバルの類語

リバイバルの類語・類義語としては、衰えていたものが再び活力を取り戻すことを意味する「再生」、アナログ化からデジタル化するなど元の作品の品質を向上した上で再現することを意味する「リマスター」などがあります。

リメイクの意味

リメイクとは

リメイクとは、作り直すこと、もう一度作ることを意味しています。

リメイクの使い方

リメイクを使った分かりやすい例としては、「ジーンズの生地を使ったリメイク小物の作成指南動画を最近ずっと見ている」「リメイクシートであれば落書きされても構わない」「リメイクした洋服は自分で気に入っている」などがあります。

その他にも、「ゲームのリメイク作品は初期作品をやってからの方が楽しめる」「リメイクされた音楽作品とオリジナルの聴き比べは楽しい」「リメイク作品が賛否両論の場合もある」「リメイクされた内容に原作者は関わっていないらしい」などがあります。

リメイクは英語で「remake」と表記され、「作り直す」「再映画化する」といった意味を持つ言葉です。既に存在する映画を再度映画化することを指す言葉として多く用いられ、原作が同じであれど既存映画を原案としていないものはリメイク作品に該当しません。

日本語でも同じように使われており、今日では映画だけでなく、ドラマやアニメ、ゲームなど様々な分野で用いられています。ただし、原案とは設定が異なるものの原案に似ていたり、原案からは大幅に変更されているものなど様々です。

「リメイドファッション」の意味

また、ファッション分野で使われる場合には、既存の衣類や小物のサイズを直すことに加えて、長袖シャツを半袖シャツへと変えたり、現在の流行に合わせたデザインへと変更するなど、新しいものに変えることを表し、「リメイドファッション」とも呼ばれています。

リメイクの類語

リメイクの類語・類義語としては、元作品の改変を行い最初からやり直すことを意味する「リブート」、作品を再度編集することを意味する「リミックス」、組み立て直すことを意味する「リビルド」などがあります。

リバイバルの例文

1.リバイバルダンスというものを知ってから祖母と一緒に挑戦してみたが、なかなか楽しそうに取り組んでくれた。
2.以前販売された商品がリバイバル企画として再登場したこともあり、是非期間中に立ち寄りたい。
3.昭和や平成のファッションのリバイバルブームは切なくもあり嬉しくもある。
4.リバイバル上映が決定したと聞いたため次は友人と一緒に見に行きたい。
5.リバイバルするほど人気だった作品は楽しみだが当時のまま再現できるのだろうかと不思議に思う。

この言葉がよく使われる場面としては、一度廃れたものが見直され再び評価されることを意味する時などが挙げられます。

例文1の「リバイバルダンス」とは、昭和や平成のヒット曲にあわせて踊ることを意味する言葉で、脳や身体の活性化や、記憶の再生を目的としています。

リメイクの例文

1.自分自身で家具や小物などを作るDIYが流行りだしてから、リメイクシートなどの便利グッズも増えた。
2.指輪をリメイクして別の装飾品として使うことができるなんて思ってもみなかった。
3.ファイナルファンタジーVIIは大人気タイトルだが、そのリメイクは本来の作品と異なる点が多くあり面白い。
4.リスペクトした上で音楽のリメイクを行なったのが作品から滲み出ておりファンの間でも評判となったそうだ。
5.着物のリメイクをした結果、普段着としても着用できるものができたと思う。

この言葉がよく使われる場面としては、作り直すこと、もう一度作ることを意味する時などが挙げられます。

例文1の「リメイクシート」とは、木目柄などの模様が印刷されているシートを指す言葉で、貼って剥がすことも出来る壁紙であったり、家具の柄を変えてリメイクするためであったりとDIYにおいて多く使われているシートです。

リバイバルとリメイクは、どちらも「映画を再び上映すること」を表します。どちらを使うか迷った場合は、元の作品に手を加えない場合は「リバイバル」を、元の作品に手を加える場合は「リメイク」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター