今日の買取件数:20件/今月の買取件数:560件/累計買取件数:28,206件

【コンサルタント】と【アドバイザー】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「コンサルタント」と「アドバイザー」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「コンサルタント」と「アドバイザー」という言葉は、「相手に助言をする職業」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




コンサルタントとアドバイザーの違い

コンサルタントとアドバイザーの意味の違い

コンサルタントとアドバイザーの違いを分かりやすく言うと、コンサルタントは課題分析から指導までのサポートをする人を表現する時に使い、アドバイザーは助言のみのサポートをする人を表現する時に使うという違いです。

コンサルタントとアドバイザーの使い方の違い

一つ目のコンサルタントを使った分かりやすい例としては、「経営コンサルタントをお願いしていなかったと聞いて驚いた」「美容コンサルタントはいわゆる美容部員が該当する」「いずれコンサルタントに進むのも視野に入れている」などがあります。

二つ目のアドバイザーを使った分かりやすい例としては、「インテリアアドバイザーに部屋の中の写真を見せた」「学習アドバイザーと模試の結果を踏まえて話し合うことになった」「アドバイザーになれるほどの知識はまだない」などがあります。

コンサルタントとアドバイザーの使い分け方

コンサルタントとアドバイザーはどちらも、企業に助言をする職業を表す言葉ですが、業務内容が若干異なります。

コンサルタントは、企業から相談を受けて、課題や戦略の分析を行い、助言や提案、指導を行う人や仕事を表す言葉です。上記例文の「経営コンサルタント」「美容コンサルタント」など分野を表す語を伴って使われることが多くあります。

一方のアドバイザーは、経営陣に対して助言をする相談役を表す言葉です。経営への助言だけでなく、上記例文の「インテリアアドバイザー」「学習アドバイザー」などのように、他者へ助言をする人全般をアドバイザーと呼びます。

つまり、コンサルタントは課題分析、助言、指導までのサポートを行う人を指し、アドバイザーは助言のみでサポートを行う人を指すという違いがあります。

コンサルタントとアドバイザーの英語表記の違い

コンサルタントを英語にすると「consultant」となり、例えば上記の「経営コンサルタント」を英語にすると「a management consultant」となります。

一方、アドバイザーを英語にすると「adviser」「advisor」となり、例えば上記の「インテリアアドバイザー」を英語にすると「an interior adviser」となります。

コンサルタントの意味

コンサルタントとは

コンサルタントとは、企業経営などに関する相談を受けて、分析、助言、指導を行う人を意味しています。

コンサルタントの使い方

コンサルタントを使った分かりやすい例としては、「コンサルタント企業に勤めている友人にどんなことをするのかを聞いてみた」「解決策を見出すフローがコンサルタントたちには用意されているのだろうか」などがあります。

その他にも、「優秀なコンサルタントになるためには先輩や上司のもとで多くの経験をする他ないと思っている」「就活中にコンサルタントは仕事がキツいと見た」「コンサルタントに向いている人は仕事上のストレスに耐えられる人だろう」などがあります。

コンサルタントは英語で「consultant」と表記され、「相談する人」「相談相手」「顧問」といった意味を持つ言葉です。日本語でも同じように使われており、「コンサル」と略して呼ばれることもあります。

コンサルタントの語源

20世紀初頭に、工場などの生産現場組織の構造的欠陥を見直すために、フレデリック・テイラーは「科学的管理法」を提唱しましたが、19世紀末にこの方法を様々な工場に導入する支援をしたのが「コンサルティング」の始まりと言われています。

分析や助言、指導をすることを意味する「コンサルティング」という言葉が変化して、助言をする人を指す「コンサルタント」が使われることとなりました。

コンサルタントの類語

コンサルタントの類語・類義語としては、仕事の補佐をする人を意味する「アシスタント」、案内役や進行役を意味する「ナビゲーター」、客の希望に応じて様々な提案や手配などをする係を意味する「コンシェルジュ」などがあります。

アドバイザーの意味

アドバイザーとは

アドバイザーとは、忠告者や助言者を意味しています。

アドバイザーの使い方

アドバイザーを使った分かりやすい例としては、「家電製品アドバイザーのために勉強をしている」「学習アドバイザーは場所によってはチューターと呼ばれることもある」「兄は受験アドバイザーとして私をサポートしてくれた」などがあります。

その他にも、「ファイナンシャル・アドバイザーに相談してマネジメントのサポートをしてもらう」「旅行アドバイザーやアロマテラピーアドバイザーなど普段は触れないような勉強もしてみたい」などがあります。

アドバイザーは英語で「adviser」「advisor」と表記され、「忠告者」「相談相手」といった意味を持つ言葉です。日本語では、アドバイザーの業務のことを「アドバイザリー業務」と呼ぶこともあります。

「家電製品アドバイザー」の意味

上記例文の「家電製品アドバイザー」とは、家電の性能や使い方、リサイクルに関する知識などを学んだ家電の販売や接客の専門家を指す言葉です。「AV情報家電」「生活家電」の二科目の試験で合格する必要があります。

「ファイナンシャル・アドバイザー」の意味

また、上記例文の「ファイナンシャル・アドバイザー」とは、財務や金融全般に関するアドバイザーを指す言葉です。「FA」と省略されることもあり、「フィナンシャル」と表記されることもあります。

アドバイザーの類語

アドバイザーの類語・類義語としては、議決権はないが発言権のある人を意味する「オブザーバー」、優れた指導者、助言者や信頼のおける相談相手を意味する「メンター」、技術に関する指導や助言を行う人を意味する「コーチ」などがあります。

コンサルタントの例文

1.企業で養成されたのだろうビューティーコンサルタントがいる場所で化粧品を購入するようにしている。
2.カラーコンサルタントの資格試験を受けるために日々勉強を重ねてきた。
3.庭付きの家を購入してガーデンコンサルタントに来てもらう暮らしはテレビの中でしか見たことがない。
4.ITの普及により、サイバーセキュリティコンサルタントに対する需要も高まっていると言えるだろう。
5.コンサルタントは他者の問題を解決するためにたくさんの提案をするイメージだ。

この言葉がよく使われる場面としては、企業経営などに関する相談を受けて、分析、助言、指導を行う人を意味する時などが挙げられます。

例文1の「ビューティーコンサルタント」は化粧品販売員を指す言葉で、「BC」と省略して呼ばれることもあります。

アドバイザーの例文

1.キャリアアドバイザーは企業の提案をしてくれるものだと思っていたが、応募代行やスケジュール調整もしてくれるところもあると聞いた。
2.スマートフォンが故障したため近隣店舗のアドバイザーに助けを乞うしかないと急いで外出した。
3.ティーアドバイザーの資格を取得してみたいと思いセミナーに申し込もうと考えている。
4.購入アドバイザーの助けがなかったら今頃変な商品を購入して、使えないからと棚の奥へと仕舞われることになっていただろう。
5.教育アドバイザーは児童や生徒らの相談に乗るためにも、まずは彼らとふれあうなど様々な努力を必要とするだろう。

この言葉がよく使われる場面としては、忠告者や助言者を意味する時などが挙げられます。

どの例文のアドバイザーも、助言や提案を行うのみで、解決までのサポートは含まれていない場合がほとんどです。

コンサルタントとアドバイザーは、どちらも「相手に助言をする職業」を表します。

どちらを使うか迷った場合は、課題分析から指導までのサポートをする人を表す場合は「コンサルタント」を、助言のみのサポートをする人を表す場合は「アドバイザー」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター