【アカデミー賞】と【オスカー】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「アカデミー賞」と「オスカー」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「アカデミー賞」と「オスカー」という言葉は、どちらも栄誉ある映画賞の名称であるという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。



アカデミー賞とオスカーの違い

アカデミー賞とオスカーの違いを分かりやすく言うと、「アカデミー賞」というのが正式な名称であり、「オスカー」というのはアカデミー賞の通称であるという違いです。

アメリカの映画芸術科学アカデミーが毎年1回、優秀な映画作品に贈る映画賞を「アカデミー賞」と呼びます。そこで、受賞者に名誉の証として渡されるのが「オスカー像」と呼ばれる小さな黄金色の彫像です。

そのことから、アカデミー賞は「オスカー賞」「オスカー」などの愛称で呼ばれることもあります。この二つの言葉は同じ意味を持つものです。アカデミー賞が正式な名称であり、オスカー賞、オスカーというのは通称であると覚えておくようにしましょう。

アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーは、1927年設立されたもので、本部はカリフォルニア州ビバリーヒルズにあります。アカデミー賞は、アメリカ映画の健全な発展を目的に作られたもので、映画をつくり上げた人々の功労を称えるものです。

アカデミー賞は、世界三大映画祭の「カンヌ国際映画祭」「ベルリン国際映画祭」「ヴェネツィア国際映画祭」よりも古い歴史を持つ賞です。受賞者には獲得した賞の名称を印したオスカー像と呼ばれる小さな彫像が贈られますが、賞金などは一切ありません。

毎年11月に予備選考があり、翌年の1月にノミネート作品が発表されるのが通例です。その後、映画芸術科学アカデミーの会員による投票が行われ、受賞作品が決定します。

アカデミー賞の授与式は、毎年2月の最終日曜日か3月はじめの日曜日に行われることになっています。授与式では、式典が行われる会場付近に長いレッドカーペットが敷かれるなどして世界各国から注目を浴びます。

アカデミー賞で名誉の証として授与されるのが、オスカー像です。黄金色の小さな彫像で、英語では「Oscar Statuette」と表記されます。彫像は、裸の男性の立像です。アカデミー賞をオスカー賞、オスカーと呼ぶのは、あくまでも通称、愛称です。

授賞式の際に、「Who’s going home with Oscar?」(オスカーと家に帰るのは誰なのでしょうか?)などと司会者が発言することなどが決まり文句となっていることから、だんだんと浸透していった呼び名です。

アカデミー賞の意味

アカデミー賞とは、毎年、アメリカの映画芸術科学アカデミーが最優秀映画作品や優れた俳優、監督などを選んで与える賞のことを意味しています。

アカデミー賞とは、アメリカの映画芸術科学アカデミー、通称「AMPAS」が毎年、最優秀映画作品や優れた俳優、監督などを選んで与える賞のことです。賞の種類は様々で、作品賞、男優賞、女優賞、監督賞、外国優秀映画賞など数多くあります。

アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーは、1927年設立されたもので、本部はカリフォルニア州ビバリーヒルズにあります。

アカデミー賞というのは、アメリカ映画の健全な発展を目的に作られたものであり、映画をつくり上げたキャストやスタッフの功労を称えるためのものです。アメリカ映画の祭典であることから、基本的にはアメリカの映画を対象とした映画賞です。

しかし、近年では日本人の受賞者も増え、国際的な色合いを強めています。アカデミー賞は、世界三大映画祭である「カンヌ国際映画祭」「ベルリン国際映画祭」「ヴェネツィア国際映画祭」よりも古い歴史を持つ賞です。

受賞者には獲得した賞の名称を刻印したオスカー像と呼ばれる小さな彫像が贈られますが、賞金などは一切ありません。毎年11月に予備選考があり、翌年の1月にノミネート作品が発表されるのが通例です。

その後、映画芸術科学アカデミーの会員の投票が行われ、受賞作品が決定します。アカデミー賞の授与式は、毎年2月の最終日曜日か3月はじめの日曜日に行われることになっています。

もともとアカデミー賞は、ロサンゼルスにあるホテルで夕食会の一環として、内輪だけで行われているものでした。現在のようなエンターテインメント性が発生したのは、第二次世界大戦以降です。

大戦で前線にいた兵士達の耳を楽しませるために、アカデミー賞が放送されるようになりました。授賞式の当日は、授賞式会場の一体は通行止めとなり、会場前までの通路は赤い絨毯で装飾されます。これを「レッドカーペット」と呼びます。

出席は招待客のみで、チケットの販売などはありません。アカデミー賞は、そのほとんどが無償で行われるもので、司会者などに支払われる賃金もありません。受賞者にもオスカー像のみが授与され、賞金はありません。

しかし、逆にノミネートだけされて受賞しなかった参加者には、残念賞のようなものが与えられるのが通例となっています。残念賞は、服飾品や旅行券、洗剤などの日用品と、毎年異なるものが用意されます。

また、本賞は逃したけれど、表彰に値する特別な価値があったと判断される作品には「特別賞」が与えられることもあります。特別賞は、毎年その枠があるわけではありません。

オスカーの意味

オスカーとは、オスカー像とも呼ばれるもので、アメリカの映画賞であるアカデミー賞の受賞者に送られる黄金色の小さな彫像のことを意味しています。アカデミー賞をオスカー賞、オスカーと呼ぶのは、あくまでも通称、愛称です。

オスカー像は、英語では「Oscar Statuette」と表記されます。彫像は、裸の男性の立像です。黄金色をしているもので、銅などを加工して作られ、表面には金メッキが施されているものです。

授賞式の際に「Who’s going home with Oscar?」(オスカーと家に帰るのは誰なのでしょうか?)などと司会者が発言することなどが決まり文句となっていることから、だんだんと浸透していった呼び名です。

オスカー像の「オスカー」という名称については、どうしてその名がついたのか、諸説があります。オスカーという名称がはじめて登場したのは、1933年の第6回授賞式であると言われています。

オスカーという名前については、受賞者のおじさんの名前であったという説や、受賞者の夫の名前であったという説など様々です。映画芸術科学アカデミーが公式でオスカーと使い始めたのは1939年であると言われています。

オスカー像のデザインは、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー社という会社で美術監督をしていたセドリック・ギボンズという人物によって描かれたものです。

裸の男性の足元に映画フィルム、手には十字軍の剣を持っていて、そのデザインはアール・デコ様式を採用しています。彫像のモデルとなった男性は、メキシコ人俳優のエミリオ・フェルナンデスという人物であると言われています。

オスカー像は、その制作にあたって粋な計らいがされることが多く、ウォルト・ディズニーが「白雪姫」でアカデミー賞を受賞した際には、オスカー像の足元に7人の小人が付いているものが贈られたと言われています。

アカデミー賞の例文

1.毎年アカデミー賞の発表を楽しみにしている。
2.アカデミー賞は日本のアニメーション監督も受賞しているね。
3.アカデミー賞の授与式は、長いレッドカーペットが印象的だ。
4.アカデミー賞で与えられるのはオスカー像と名誉だけで、賞金はないそうだよ。
5.アカデミー賞を受賞した監督の次回作は、期待の眼差しで見つめられるものだ。

この言葉がよく使われる場面としては、優れた映画作品がアメリカの映画芸術科学アカデミーによって賞を獲得した際などが挙げられます。アカデミー賞の歴史は古く、世界三大映画祭よりも前から存在している賞です。

毎年11月に予備選考があり、翌年の1月にノミネート作品が発表されるのが通例です。その後、映画芸術科学アカデミーの会員の投票が行われ、受賞作品が決定します。

アカデミー賞の授与式は、毎年2月の最終日曜日か3月はじめの日曜日に行われることになっています。

もともとアカデミー賞は、ロサンゼルスにあるホテルで夕食会の一環として、内輪だけで行われているものでした。しかし、現在では、世界的に注目される大きな賞となっています。

オスカーの例文

1.オスカー像というのは、栄誉を示すものである。
2.昔はオスカー像をオークションに出す人もいたそうだけれど、今は売り渡してはいけないと決められているそうだよ。
3.一度でいいから、本物のオスカー像を見てみたいな。
4.オスカー像は全てが金で出来ているわけではなく、像の表面に金をはり付けているんだって。
5.オスカー像は小さいのに3キロ以上あるらしいよ。

この言葉がよく使われる場面としては、アカデミー賞を親しみをもって愛称で呼ぶ時などが挙げられます。アカデミー賞とオスカー賞、オスカーというのは同じ意味の言葉です。

オスカー像の「オスカー」という名称については、どうしてその名がついたのか、諸説があります。デザインはメトロ・ゴールドウィン・メイヤー社の美術監督であったセドリック・ギボンズ氏のものです。

オスカーという名称がはじめて登場したのは、1933年の第6回授賞式であると言われています。映画芸術科学アカデミーが公式でオスカーと使い始めたのは、その6年後の1939年です。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター