今日の買取件数:20件/今月の買取件数:440件/累計買取件数:27,486件

【どうしましたか】と【どうかしましたか】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「どうしましたか」と「どうかしましたか」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「どうしましたか」と「どうかしましたか」という言葉は、どちらも相手に何があったか聞くことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「どうしましたか」と「どうかしましたか」の違い

「どうしましたか」と「どうかしましたか」の意味の違い

「どうしましたか」と「どうかしましたか」の違いを分かりやすく言うと、「どうしましたか」は何か通常でないことがありそれが何かを尋ねる場合に使う、「どうかしましたか」は何か通常でないことがあったのかと尋ねる場合に使うという違いです。

「どうしましたか」と「どうかしましたか」の使い方の違い

一つ目の「どうしましたか」を使った分かりやすい例としては、「最近元気がないようですがどうしましたか」「今日の出勤はいつもより遅いようですがどうしましたか」「そんなに慌ててどうしましたか」「時計が気になっているようですがどうしましたか」などがあります。

二つ目の「どうかしましたか」を使った分かりやすい例としては、「足を庇っているようですがどうかしましたか」「食欲があまりないようですがどうかしましたか」「最近顔を見せる頻度が減っている気がしますがどうかしましたか」などがあります。

「どうしましたか」と「どうかしましたか」の使い分け方

「どうしましたか」と「どうかしましたか」はどちらも相手に何があったか聞くことを意味する言葉ですが、使い方に少し違いがあるので注意が必要です。

「どうしましたか」は何か通常でないことがありそれが何かを尋ねる場合に使います。一方、「どうしかしましたか」は何か通常でないことがあったのかと尋ねる場合に使うというのが違いです。

ただし、あくまでも解釈の部分なので、人によっては何か通常でないことがありそれが何かを尋ねる場合に「どうかしましたか」を使うこともあると覚えておきましょう。

「どうしましたか」と「どうかしましたか」の英語表記の違い

「どうしましたか」も「どうかしましたか」も英語にすると「What happened」「Is everything alright」「Are you okay」などとなります。

「どうしましたか」の意味

「どうしましたか」とは

「どうしましたか」とは、相手に何があったか聞くことを意味しています。

「どうしましたか」の使い方

「どうしましたか」を使った分かりやすい例としては、「そのお金はどうしましたか」「今年のゴールデンウィークはどうしましたか」「診察室で今日はどうしましたかと尋ねられました」「何か探し者をしているようですがどうしましたか」などがあります。

「どうしましたか」は様子が分からないことを意味する「どう」に、するの過去形の「しました」、疑問形の「か」が合わさり、相手に何があったか聞くことの意味で使われている言葉です。

「どうしましたか」はただ何があったのか聞くのではなく、何か通常でないことがありそれが何かを尋ねる場合に使うと覚えておきましょう。

例えば、病院へ診察に来るのは何か身体が異変があった場合なので、医者が患者に対して「どうしましたか」という言い回しはよく使われています。

「どうしましたか」は様々な場面で使える

「どうしましたか」は日常生活だけではなく、ビジネスシーンなどの様々な場面で使うことができる言葉です。

「どうしましたか」の類語

「どうしましたか」の類語・類義語としては、何かあった聞くことを意味する「何かありましたか」があります。

「どうかしましたか」の意味

「どうかしましたか」とは

「どうかしましたか」とは、相手に何があったか聞くことを意味しています。

「どうかしましたか」の使い方

「どうかしましたか」を使った分かりやすい例としては、「暗い顔をしていますがどうかしましたか」「本日はどうかしましたか」「困った顔をしていますがどうかしましたか」「あの人はどうかしましたか」などがあります。

「どうかしましたか」は物事が普通とは異なる状態を表すことを意味する「どうか」に、するの過去形の「しました」、疑問形の「か」が合わさり、相手に何があったか聞くことの意味で使われている言葉です。

「どうかしましたか」は相手が普段とは異なる様子なので、何か通常でないことがあったのかと尋ねる場合に使うと覚えておきましょう。そのため、相手に何もなかった可能性がある場合に使うのが一般的です。

ただし、あくまで解釈の一つに過ぎないので、確実に何かあったことがあると知っていても「どうかしましたか」を使うこともあると覚えておきましょう。

「どうかしましたか」は様々な場面で使える

「どうかしましたか」は日常生活だけではなく、ビジネスシーンなどの様々な場面で使うことができる言葉です。

「どうかしましたか」の類語

「どうかしましたか」の類語・類義語としては、相手に状態や意見などを尋ねることを意味する「いかがなさいましたか」があります。

「どうしましたか」の例文

1.約束の期日が過ぎても振り込みがないようなのですが、どうしましたか。
2.体調があまりよくないように見えますが、どうしましたか。
3.先程から何かを探して歩いてるようですが、どうしましたか。
4.肘を庇いながらプレーしてるように見えますが、どうしましたか。
5.昨日何も連絡もなしに集まりに来なかったようですが、どうしましたか。

この言葉がよく使われる場面としては、相手に何があったか聞くことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「どうしましたか」はビジネスシーンにおていも使うことができる言葉です。

「どうかしましたか」の例文

1.腰を庇ってプレーをしているようですが、どうかしましたか。
2.普段なら大盛りを頼むのに今日は全然食べていないようですが、どうかしましたか。
3.あの場所に多くの人が集まってるようですが、どうかしましたか。
4.一緒に来ていた人の姿を最近見かけませんが、どうかしましたか。
5.更新手続きが滞っているようですが、どうかしましたか。

この言葉がよく使われる場面としては、相手に何があったか聞くことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「どうかしましたか」はビジネスシーンにおていも使うことができる言葉です。

「どうしましたか」と「どうかしましたか」はどちらも相手に何があったか聞くことを表します。

どちらの言葉を使うか迷った場合、何か通常でないことがありそれが何かを尋ねる場合に使うのが「どうしましたか」何か通常でないことがあったのかと尋ねる場合に使うのが「どうかしましたか」と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター