【元妻】と【前妻】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「元妻」(読み方:もとつま)と「前妻」(読み方:ぜんさい)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「元妻」と「前妻」という言葉は、どちらも元々は妻だった人という意味を表す共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。

元妻と前妻の違い

元妻と前妻の違いを分かりやすく言うと、元妻というのは現在は離婚をしている元配偶者の女性のことを意味していて、前妻というのは死別または家庭の事情などによって離別した元配偶者の女性のことを意味しているという違いです。

元妻というのは、本人たちの自由や尊厳を重視するために離婚を選択した場合に元々は妻だった人に対して使う言葉です。現在では離婚というのは珍しいものではなく、社会的に見てもそこまで深刻な問題と捉えられないことが多くあります。

そのため、離婚した後にも元の妻との人間関係は継続される場合があります。離婚はしたけれど、友達として今後も付き合っていく、ということも一般的です。「元妻」や「元嫁」という言葉は、そのような時代の流れの中で生まれた言葉です。

離婚後も人間関係を続けていくため、相手を誰かに紹介する際など「この人は僕の元妻です」「彼女は彼の元嫁だよ」というような表現が使用されるようになりました。元妻というのは、あまり重い意味は持たず、気軽に使われる表現であると言えます。

対する前妻というのは、本人たちの思いや考えとは別に、どうしようもない理由から別れなくてはならなくなってしまったような場合に使う表現です。妻が先に亡くなったことによる死別や、家庭の事情による離縁などがこれにあたります。

この前妻という表現は、少し古い言い回しでもあります。昔は離婚をするということは大きな問題であり、特に男性にとっては、家を継がなくてはいけないなどの責任もあったために、離婚は簡単なことではありませんでした。

そのため、妻の方が先に亡くなった場合でも、その後に別の妻を取ることも一般的とされ、前妻に対して後妻などの呼び方で表現されていました。元妻という表現に対して、前妻というのは、重い意味を持つ古めの表現であると覚えておくようにしましょう。

元妻の意味

元妻とは、以前は配偶者の関係にあったけれど、現在は既に離婚をしている女性のことを意味しています。「元々は妻だった人」と考えると言葉の意味が分かりやすくなります。反対語は「今妻」であり、これは現在妻である人を表現しています。

元妻というのは、一度は結婚をして配偶者という関係になったけれど、様々な理由により離婚をした際に相手の女性に対して使用される言葉です。離婚予定の場合には、まだ「元妻」とは言えません。

完全に婚姻関係が解消され、配偶者ではなくなった段階で「元妻」と表現することが出来ます。現代社会では、個々人の自由や尊厳を重視するため、離婚をするという決断も珍しいものではありません。

昔は、離婚をする場合には「離縁」などと呼ばれて、関係を完全に遮断するような大きな出来事とされていましたが、現在では、離婚をした後も、仲良く関係を継続させるようなパターンも多くあります。

このように、離婚をあまり深刻な問題と捉えずに、選択肢のひとつとして考えるような風潮が出てきてから生まれた言葉が「元妻」です。この「元」という言葉は、「今」あるいは「現在」の反対語であり、「今はそうではないこと」を意味しています。

元妻という表現の他にも、元嫁などと呼ばれたりすることもあります。元嫁と使った際には、現在結婚をしている場合、現在の妻のことは今嫁と表現します。

前妻の意味

前妻とは、死別またはどうしようもない事情により離別した元の妻のことを意味しています。前妻と同様の表現として「先妻」(読み方:せんさい)という呼び方もあります。大まかな意味は元妻と同じですが、前妻は死別の意味が強い表現となります。

前妻というのは、婚姻関係にあった妻を先に亡くしてしまい、仕方なく別れてしまった時や、家庭内の事情などにより、本人たちの考えに反して別れなくてはいけなくなってしまった場合などに使われる言葉です。

現代風ではなく、少し古めかしい表現でもあり、堅苦しい印象を持つ言葉です。前妻という言葉と対するものとして、後妻(読み方:ごさい)という表現があります。これは、前の妻の後に妻となった人のことを示す表現です。

昔は、現代よりも離婚という文化が浸透していなかったので、重大な理由がない限り離縁をするケースは少ないものでした。また、男性は結婚をして一家の主となることで一人前になるという考え方もあったので、離縁の後にも妻を持つことが多いものでした。

このようにして、前妻の後に妻となった人を「後妻」または「後添い」(読み方:のちぞい)や「継妻」(読み方:けいさい)と表現しました。

いずれも、女性が男性に寄り添うような表現であり、女性の存在が男性よりも弱いものとして扱われていた時代のものです。

現代では、妻となった人が先に亡くなった場合には、後妻を取らずにそのまま独り身を貫く男性も多くなっています。後妻がない場合にも、死別など、本人たちの思いに反している形で別れた場合には「前妻」という言葉を使うことがあります。

元妻の例文と使い方

1.元妻とは今でも仲良く家族ぐるみの付き合いがあるよ。
2.元妻と今妻どっちが良いか、なんて無粋な質問だよ。
3.離婚はしたけれどケンカ別れではないので、元妻とは今でも会っているよ。
4.僕の母は、なぜか今妻よりも元妻との方が仲が良いんだよなぁ。
5.狙ったわけではないけれど、元妻と今妻の名前が同じで微妙な気分になる。

この言葉がよく使われる場面としては、なにかしらの理由から離婚をしてしまった元々の妻のことを表現したい時などが挙げられます。婚姻関係が完全に解消している場合にのみ使用される表現です。

また、元妻と対する言葉として今妻という言葉があります。これは現在の配偶者のことを意味しています。その他にも元嫁という表現がありますが、その場合には対する言葉は今嫁という表現になります。

現代では、離婚は選択肢のひとつとして一般的に考えられるものです。個人の幸せを優先した結果として別れることになる場合が多いので、離婚後にも妻であった人のことを話題にすることも多く、結果として「元妻」という言葉が生まれたとされています。

前妻の例文と使い方

1.前妻は体が弱く、三年ほどしか連れ添えなかったが、良い人でした。
2.家庭の事情により前妻とは別れましたが、後妻にも良い人が来てくれました。
3.元妻と言われると気楽な感じがするけれど、前妻と言われると重い話に聞こえてくる。
4.離婚ではなく、死別や離別の場合に前妻という言葉を使うらしい。
5.前妻という表現は、少し古臭い雰囲気があるよね。

この言葉がよく使われる場面としては、死別またはやむを得ない事情によって離別した元の妻のことを表現したい時などが挙げられます。これは、本人たちの考えによって別れたのではない場合に使われる言葉です。

昔は今よりも離婚という考え方が一般的ではありませんでした。また、男性は妻を取って家庭を持つことで一人前であるとされるところがありました。そのため、離縁した後に、新しい妻を取ることも一般的でした。

前妻は先妻とも呼ばれ、また、後から来た妻については「後妻」や「後添い」「継妻」という表現を使います。どの表現も現代では少し古めかしい雰囲気を持つ言葉となります。