言葉の使い方の例文

言葉の使い方の例文

【瑞々しい】と【水水しい】の意味の違いと使い方の例文

同じ「みずみずしい」という読み方の「瑞々しい」と「水水しい」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「瑞々しい」と「水水しい」という言葉は同義語で、どちらも「光沢があって若々しい」という同じ意味を持ちますが、それぞれの言葉の使い方には少し違いがあります。
言葉の使い方の例文

【捉える】と【捕らえる】の意味の違いと使い方の例文

同じ「とらえる」という読み方の「捉える」と「捕らえる」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「捉える」と「捕らえる」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。
言葉の使い方の例文

【朗報】と【吉報】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「朗報」(読み方:ろうほう)と「吉報」(読み方:きっぽう)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。
言葉の使い方の例文

【忍びない】と【偲びない】の意味の違いと使い方の例文

同じ「しのびない」という読み方の「忍びない」と「偲びない」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「忍びない」と「偲びない」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。
言葉の使い方の例文

【隷属】と【服従】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「隷属」(読み方:れいぞく)と「服従」(読み方:ふくじゅう)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。
言葉の使い方の例文

【消耗】と【摩耗】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「消耗」(読み方:しょうもう)と「摩耗」(読み方:まもう)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「消耗」と「摩耗」という言葉は、どちらも「減ること」を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【資する】と【寄与する】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「資する」(読み方:しする)と「寄与する」(読み方:寄与する)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「資する」と「寄与する」という言葉は、どちらも役に立つことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【天井】と【天上】の意味の違いと使い方の例文

同じ「てんじょう」という読み方の「天井」と「天上」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「天井」と「天上」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。
言葉の使い方の例文

【下剋上】と【下克上】の意味の違いと使い方の例文

同じ「げこくじょう」という読み方の「下剋上」と「下克上」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「下剋上」と「下克上」という言葉は同義語で、どちらも「下の者が上の者に打ち勝って権力を手に入れること」という同じ意味を持ちますが、それぞれの言葉の使い方には少し違いがあります。
言葉の使い方の例文

【風潮】と【風習】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「風潮」(読み方:ふうちょう)と「風習」(読み方:ふうしゅう)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「風潮」と「風習」という言葉は、似ていても意味は大きく異なりますので、ご注意下さい。