言葉の使い方の例文

言葉の使い方の例文

【会議】と【打ち合わせ】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「会議」(読み方:かいぎ)と「打ち合わせ」(読み方:うちあわせ)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「会議」と「打ち合わせ」という言葉は、どちらもどのようにするか決めるために話し合うことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【繁栄】と【繁盛】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「繁栄」(読み方:はんえい)と「繁盛」(読み方:はんじょう)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「繁栄」と「繁盛」という言葉は、どちらも「勢いが盛んになること」を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【毎度】と【毎回】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「毎度」(読み方:まいど)と「毎回」(読み方:まいかい)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「毎度」と「毎回」という言葉は、どちらも「そのたびごと」を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【取り継ぐ】と【取り次ぐ】の意味の違いと使い方の例文

同じ「とりつぐ」という読み方の「取り継ぐ」と「取り次ぐ」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「取り継ぐ」と「取り次ぐ」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。
言葉の使い方の例文

【実習】と【研修】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「実習」(読み方:じっしゅう)と「研修」(読み方:けんしゅう)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「実習」と「研修」という言葉は、どちらも「知識や技術を学ぶこと」を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【理念】と【ビジョン】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「理念」(読み方:りねん)と「ビジョン」(読み方:びじょん)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「理念」と「ビジョン」という言葉は、という言葉は、似ていても意味は少し異なりますので、ご注意下さい。
言葉の使い方の例文

【コングロマリット】と【コンツェルン】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「コングロマリット」と「コンツェルン」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「コングロマリット」と「コンツェルン」という言葉は、「複合企業」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【資料】と【書類】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「資料」(読み方:しりょう)と「書類」(読み方:しょるい)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「資料」と「書類」という言葉は、似ていても意味は大きく異なりますので、ご注意下さい。
言葉の使い方の例文

【円のはるばる】と【遠路はるばる】の意味の違いと使い方の例文

似た日本語の「円のはるばる」(読み方:えんのはるばる)と「遠路はるばる」(読み方:えんろはるばる)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「円のはるばる」と「遠路はるばる」という言葉は、間違えやすい日本語なのでご注意下さい。
言葉の使い方の例文

【後任】と【後釜】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「後任」(読み方:こうにん)と「後釜」(読み方:あとがま)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「後任」と「後釜」という言葉は、どちらも「前の人に代わってその地位に就くこと」を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。