言葉の使い方の例文

言葉の使い方の例文

【明るみになる】と【明るみに出る】の意味の違いと使い方の例文

似た日本語の「明るみになる」(読み方:あかるみになる)と「明るみに出る」(読み方:あかるみにでる)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「明るみになる」と「明るみに出る」という言葉は、間違えやすい日本語なのでご注意下さい。
言葉の使い方の例文

【為政者】と【偽善者】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「為政者」(読み方:いせいしゃ)と「偽善者」(読み方:ぎぜんしゃ)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「為政者」と「偽善者」という言葉は、似ていても意味は大きく異なりますので、ご注意下さい。
言葉の使い方の例文

【心象】と【印象】と【心証】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「心象」(読み方:しんしょう)と「印象」(読み方:いんしょう)と「心証」(読み方:しんしょう)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どの言葉を使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。
言葉の使い方の例文

【貞操】と【貞節】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「貞操」(読み方:ていそう)と「貞節」(読み方:ていせつ)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「貞操」と「貞節」という言葉は、どちらも性的な純潔を守ることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【ご静聴】と【ご清聴】の意味の違いと使い方の例文

同じ「ごせいちょう」という読み方の「ご静聴」と「ご清聴」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「ご静聴」と「ご清聴」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。
言葉の使い方の例文

【詰問】と【尋問】と【質問】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「詰問」(読み方:きつもん)と「尋問」(読み方:じんもん)と「質問」(読み方:しつもん)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どの言葉を使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。
言葉の使い方の例文

【年棒】と【年俸】の意味の違いと使い方の例文

似た日本語の「年棒」(読み方:ねんぼう)と「年俸」(読み方:ねんぽう)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「年棒」と「年俸」という言葉は、間違えやすい日本語なのでご注意下さい。
言葉の使い方の例文

【架電】と【荷電】の意味の違いと使い方の例文

同じ「かでん」という読み方の「架電」と「荷電」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「架電」と「荷電」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。
言葉の使い方の例文

【采配を振るう】と【采配を振る】の意味の違いと使い方の例文

似た日本語の「采配を振るう」(読み方:さいはいをふるう)と「采配を振る」(読み方:さいはいをふる)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「采配を振るう」と「采配を振る」という言葉は、間違えやすい日本語なのでご注意下さい。
言葉の使い方の例文

【暫定】と【恒久】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「暫定」(読み方:ざんてい)と「恒久」(読み方:こうきゅう)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「暫定」と「恒久」という言葉は、似ていても意味は大きく異なりますので、ご注意下さい。