【お世話になっております】と【お世話になります】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「お世話になっております」と「お世話になります」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「お世話になっております」と「お世話になります」という言葉は、どちらも他者から援助を受けたり厄介になったりしていることを表現するという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。



「お世話になっております」と「お世話になります」の違い

「お世話になっております」と「お世話になります」の違いを分かりやすく言うと、現在進行形でお世話になっているのか、未来形でこれからお世話になるのかの違いです。世話という言葉は、人から援助を受けたり、厄介になることを意味するものです。

「お世話になっております」というのは、現在進行形で誰かから援助を受けていることを意味する言葉です。世話という言葉に、謙譲語の「お」を付けることで「お世話」とし、「お世話になっている」の「いる」を謙譲語の「おる」とします。

そこに丁寧語である「です」「ます」の「ます」を付け加えることで「お世話になっております」という言葉が出来上がっています。これは現在進行形の表現であり、前からお世話になっていて、今もお世話になっていることを示すものです。

しかし、ビジネスシーンなどで使用される場合には、会社と会社の付き合いであるという観点から、初対面の相手に対しても「お世話になっております」という表現を使用する場合があります。

一方の「お世話になります」という表現は、未来形で今後、誰かから援助を受ける状態になることを示すものです。世話という言葉に、謙譲語の「お」を付け、「なる」という言葉に丁寧語の「ます」を付けた形が「お世話になります」です。

この先、いろいろと厄介になるというような状態にある場合に、相手に対して先に「お世話になります」と申し伝えておくという表現であると覚えておくようにしましょう。ビジネスシーンなどでも使用される表現で、初対面の時などに使われる挨拶です。

このように、「お世話になっております」と「お世話になります」は、現在進行形であるか、未来形であるかの違いであることがわかります。なお、ビジネスの場で挨拶として使用する場合には、どちらを使っても間違いではないと覚えておきましょう。

「お世話になっております」の意味

「お世話になっております」とは、世話という言葉に謙譲語の「お」を付けて丁寧にした形を現在進行形で表現している言葉を意味しています。「世話」という言葉は、人から援助を受ける、その人に厄介になるという意味です。

つまり、「お世話になっております」という言葉は、他者から受けている援助に対して敬意を払って、現在進行形で厄介になっていることについてのお礼の気持ちを表現している言葉であると言えます。

この「お世話になっております」という言葉は、ビジネスシーンなどでよく使用されるものであり、取引先などに対してメールで連絡をする際や、名刺交換などの場で挨拶を交わす際に使用されます。

例えば「いつもお世話になっております、私は○○という者です」などのように使用されます。ビジネスシーンにおいては、初対面の相手に対しても「お世話になっております」という現在進行形の表現を使用する場合があります。

これは、自分自身にとっては初対面であるけれど、会社同士の関係としては、付き合いが長い場合もあるからです。仕事の場での挨拶というのは、個人の挨拶ではなく、勤める会社の一員としてのものです。

その他にも、会社同士の付き合いもなく、全く初めて会う相手に対しても「お世話になっております」という表現を使用することが出来ます。それは、相手会社の製品などが社会的に貢献を果たしていて、その成果を私生活で受けている可能性があるからです。

例えば、Aというガス会社のBさんに初めて会うとします。会社としても個人としても初対面であったとしても、A社の事業であるガスというのはライフラインとして日常生活で使用するものです。

実際には自宅ではAガス会社ではなく別のガス会社と契約をしていたとしても、Aガス会社が社会貢献していることには変わりありません。それらのことを踏まえた上で「いつも(私生活含めて)お世話になっております」という表現を使用することが出来ます。

「お世話になります」の意味

「お世話になります」とは、世話という言葉に謙譲語の「お」を付けて丁寧にした形を未来形で表現している言葉を意味しています。「世話」という言葉は、前述の通り、人から援助を受ける、その人に厄介になるという意味です。

つまり、「お世話になります」という言葉は、他者から今後受けるであろう援助に対して敬意を払って、先に今後厄介になることに対するお礼の気持ちを表現している言葉であると言えます。

今までお世話になったことはなかったけれど、これからお世話になります、という意味の言葉であると考えると分かりやすいでしょう。「お世話になります」というのは、未来形の言葉であると覚えておくようにします。

この「お世話になります」という言葉は、ビジネスシーンなどでもよく使用されるものです。例えば、新しい取引先などと挨拶を交わす際などに「今後、お世話になります」などのように使用されるものです。

また、ビジネスシーンだけでなく、人の家にお邪魔する際や、ホテルに宿泊する時などにも「お世話になります」という言葉を使うことが出来ます。今まではお世話になったことがなかったけれど、今後お世話になりますという言葉の省略形だと考えましょう。

現代では、ビジネスシーンで使用する言葉を「お世話になっております」とするか「お世話になります」とするかで悩む人が多いものです。実際には、どちらも間違いではなく、その時の相手との関係性を考えた上で使い分けるのが良いでしょう。

「お世話になっております」の例文

1.いつもお世話になっております、私○○という者です。今後ともよろしくお願いいたします。
2.お世話になっております、はじめてお目にかかります。前任の○○より引継ぎました△△です。
3.いつも大変お世話になっております。先日の会議でご質問を頂きました件について、ご報告いたします。
4.いつもお世話になっております。本日も預かり保育をお願いいたします。
5.お世話になっております。お忙しいところお時間を頂戴し、ありがとうございます。

この言葉がよく使われる場面としては、現在進行形で援助を受けていることや、厄介になっていることについて感謝の気持ちを込めて丁寧に表現したい時などが挙げられます。「お世話になっております」とは、今、お世話になっていることを意味します。

就職活動などでも初めての挨拶の際には、「お世話になっております」という表現で正しいものか悩むところです。実際にはまだ世話になっていない場合でも、企業の社会貢献などを考慮して「お世話になっております」と使って間違いではありません。

また、面接などで一度でも会社側の人と会ったことがある場合には「お世話になっております」とするのが印象としても良いでしょう。ビジネスシーンなどでも大変よく使用される表現なので覚えておくようにしましょう。

「お世話になります」の例文

1.今日からこちらの下宿でお世話になります。よろしくお願いします。
2.お初にお目にかかります、私○○と申します。お世話になります。
3.来週よりこちらのお稽古場で、息子がお世話になります。
4.面接予定の○○です。お忙しい中、お時間を取っていただきありがとうございます。お世話になります。
5.今日からこちらの宿で一泊、お世話になります。

この言葉がよく使われる場面としては、未来形で援助を受けることや、厄介になることについて感謝の気持ちを込めて丁寧に表現したい時などが挙げられます。「お世話になります」とは、今後、お世話になることを意味します。

ビジネスシーンなどでもよく使用される表現ですが、日常生活でも使用されます。初めて会う相手や、今後関係を築いていく予定の相手に対して「お世話になります」という表現を使うのだと覚えておくようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター