【VTuber】と【YouTuber】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「VTuber」と「YouTuber」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「VTuber」と「YouTuber」という言葉は、どちらも主にYouTube上で動画を配信しているという共通点はありますが、それぞれの意味や使い方はまったく違っており、同義語ではありません。

VTuberとYouTuberの違い

VTuberとYouTuberの違いを分かりやすく言うと、動画配信を行うのがキャラクターか人かの違いです。

VTuberがYouTube上で動画配信を行うキャラクター、YouTuberはYouTube上で動画配信を行う人を指します。

VTuberの意味

VTuberとは、YouTube上で動画配信を行うCGやイラストのキャラクターを意味し、Virtual YouTuber(バーチャルユーチューバー)の略で、読み方は「ぶいちゅーばー」「ばーちゃるゆーちゅーばー」です。

VTuberの類義語には「バーチャルライバー」があります。

VTuberの代表格として多くの人に知られているのが、美少女系のキャラクターのVTuber「キズナアイ」、親しみやすいキャラクターのVTuber「ミライアカリ」、超ハイテンションキャラクターのVTuber「輝夜月」などです。

YouTuberの意味

YouTuberとは、顔出ししている人・顔出ししていない人に限らずYouTube上で動画配信を行う人を意味し、読み方は「ゆーちゅーばー」です。

YouTuberの類義語には「動画投稿者」や「動画制作者」があり、反対語には「視聴者」「リスナー」があります。

YouTuberの代表格として多くの人に知られているのが、「ブンブン、ハローYouTube、どうもHIKAKINです」の挨拶でお馴染みのYouTuber「ヒカキン」、甘いルックスで女性ファンも多いYouTuber「はじめしゃちょー」、大食いで有名なYouTuber「木下ゆうか」などです。

VTuberの例文と使い方

1.今日のVTuber人気は「動画制作者」「ゲームクリエイター」「イラストレーター」といったクリエイター系の人々にとっての新しい表現方法となっている。
2.チャンネル登録者数が100万人を超える大物VTuberは、動画に力を入れるよりも新規ファンを取り入れるために動画外で様々な活動を行なっている。
3.私は、中身が40代のおじさんにも関わらず、女性キャラクターとして活動しているVTuberが嫌いだ。
4.VTuberブームによって、手軽に3Dアバターを作れるスマートフォンアプリが増えてきた。
5.ある大学の研究で複数の声を用意すれば発音してない言葉も自然に喋らせる技術が既にある事が紹介されたが、VTuberのキズナアイのようにテンションやリアクションの声を自然に作る事はまず不可能である。

VTuberは、YouTube上で動画配信を行うキャラクターを意味しますので、言葉や文章として使うときは上記の通り主語や名詞として使用します。

VTuberという言葉は、まだまだ登場したばかりで、若者を中心に使われている言葉であるため、目上の方や親など世代が上の方にVTuberの話をするときは、「YouTube上で動画配信を行うキャラクター」という言葉を併せて使うと上手く伝わるはずです。

YouTuberの例文と使い方

1.私には将来の夢があります。それは大物YouTuberになることです。決して軽い気持ちで発言しているわけではなく、本気で大物YouTuberになりたいと思っています。
2.将来子供がなりたい職業にYouTuberが含まれていますが、お子さんやお孫さんがYouTuberになりたいと言ったらみなさんは全力で応援できますか?
3.好きなYouTuberにファンレターを渡そうと思っています。その中に返信用の封筒を入れたら返事をもらえるのではないかと期待をしています。
4.YouTuberの収入の仕組みはYouTube動画の広告収入と企業案件の2つがある。企業案件の相場はYouTubeのチャンネル登録者数で決まり、チャンネル登録者数が多ければ多いほど収入は多くなる。
5.あのYouTuberはチャンネル登録者は多いのに、Twitterのフォロワー数が少ない。

YouTuberは、YouTube上で動画配信を行う人を意味しますので、VTuberと同じように言葉や文章として使うときは上記の通り主語や名詞として使用します。

VTuberと比較するとYouTuberという言葉の方が知名度は高いのですが、類義語である「動画投稿者」や「動画制作者」という言葉を併せて使うと上手く伝わるはずです。

また、人の名前やキャラクターを表す固有名詞を英語で記載する場合は「Vtuber」や「Youtuber」のように先頭の頭文字のみを大文字で他は小文字にするのが一般的です。

今回のVTuberやYouTuberは、固有名詞ではありますが、YouTubeという配信サービスをモジった言葉であるため、「VTuber」や「YouTuber」という英語が使われることが多いです。