今日の買取件数:20件/今月の買取件数:400件/累計買取件数:9,206件

【言葉遣い】と【言葉使い】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

同じ「ことばづかい」という読み方の「言葉遣い」と「言葉使い」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「言葉遣い」と「言葉使い」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。




「言葉遣い」と「言葉使い」の違い

「言葉遣い」と「言葉使い」の意味の違い

「言葉遣い」と「言葉使い」の違いを分かりやすく言うと、「言葉遣い」とは名詞として使用する場合に使う、「言葉使い」とは動詞として使用する場合に使うという違いです。

「言葉遣い」と「言葉使い」の使い方の違い

一つ目の「言葉遣い」を使った分かりやすい例としては、「彼は丁寧な言葉遣いをしている」「正しい言葉遣いをするのは難しい」「上司と話す時は言葉遣いに気をつけよう」「彼女は誰に対しても綺麗な言葉遣いです」「彼は巧みな言葉遣いをする」などがあります。

二つ目の「言葉使い」を使った分かりやすい例としては、「彼は時々変わった言葉を使うことがある」「普段から正しい言葉を使うように心掛けています」「彼女はよく汚い言葉を使う」などがあります。

「言葉遣い」と「言葉使い」の使い分け方

「言葉遣い」と「言葉使い」はどちらも「ことばづかい」と読む同音の言葉で、意味も「言葉の使い方のこと」と同じですが、使い方に少し違いがあります。

「言葉遣い」は名詞として使うのが一般的で、「言葉使い」は動詞として使うのが一般的という点です。ただし、どちらも同じ意味を持つ言葉なので、同じように使っても問題ありません。

また、広く一般的に使われているのは「言葉遣い」の方なので、どちらを使うか迷った場合は「言葉遣い」を使うと間違えることはないでしょう。

「言葉遣い」と「言葉使い」の英語表記の違い

「言葉遣い」も「言葉使い」も英語にすると「wording」「expression」「way of speaking」となり、例えば上記の「彼は巧みな言葉遣いをする」を英語にすると「He is clever at choosing words」となります。

「言葉遣い」の意味

「言葉遣い」とは

「言葉遣い」とは、言葉の使い方のことを意味しています。

表現方法は「言葉遣いに気をつける」「言葉遣いが悪い」「言葉遣いは心遣い」

「言葉遣いに気をつける」「言葉遣いが悪い」「言葉遣いは心遣い」「言葉遣いは人柄を表わす」「子供の言葉遣い」「丁寧な言葉遣い」などが、「言葉遣い」を使った一般的な言い回しになります。

「言葉遣い」の使い方

「言葉遣い」を使った分かりやすい例としては、「上司から言葉遣いが悪いと注意されました」「正しい言葉遣いをするために参考書をいくつか購入した」「彼女は時々おかしな言葉遣いをします」「とても綺麗な言葉遣いをしていると褒められた」などがあります。

その他にも、「彼は言葉遣いは少し生意気だけど純粋で良い子です」「知らない人と話す際には丁寧な言葉遣いを心掛けています」「彼は言葉遣いが立派なので教養のある男性なのだろう」「綺麗な言葉遣いをしたら女性として扱ってもらえるだろうか」などがあります。

「言葉遣い」は言葉の使い方のことを意味しており、明治初期から使われてた言葉です。主に名詞として使用する場合に使いますが、動詞として使っても問題はありません。

「言葉遣い」の類語

「言葉遣い」の類語・類義語としては、言い表し方を意味する「言い回し」、物の言い方のことを意味する「物言い」、口先だけの物言いのことを意味する「口説」(読み方:くぜつ)などがあります。

「言葉使い」の意味

「言葉使い」とは

「言葉使い」とは、言葉の使い方のことを意味しています。

表現方法は「言葉使いのマナー」「丁寧な言葉使い」「言葉の使い方」

「言葉使いのマナー」「丁寧な言葉使い」「言葉の使い方」「言葉を使う」などが、「言葉使い」を使った一般的な言い回しになります。

「言葉使い」の使い方

「言葉使い」を使った分かりやすい例としては、「私は汚い言葉を使うのは好きではありません」「彼女は日本語だけではなく色々な言葉を使います」「もっと上品な言葉使いをしなさいと怒られた」などがあります。

「言葉使い」は言葉の使い方のことを意味しており、主に動詞として使用する場合に使います。ただし、名詞として使っても何も問題はありません。

しかし、「言葉使い」は間違えだという主張をする人もいるので、迷った場合は「言葉遣い」の方を使うと良いでしょう。

「言葉使い」の類語

「言葉使い」の類語・類義語としては、言い表し方のことを意味する「言い様」(読み方:いいよう)、話の仕方のことを意味する「言い方」、物の言い方のことを意味する「口気」(読み方:こうき)などがあります。

「言葉遣い」の例文

1.普段の言葉遣いが汚いので、上司から直すように注意されました。
2.彼女はとても丁寧な言葉遣いをしているので、男性陣から人気があります。
3.取引先に対して相応しくない言葉遣いをしてしまったので、とても反省しています。
4.人となりは言葉遣いで分かると言われているので、普段から気を付けています。
5.彼女はいつも綺麗な言葉遣いをしているが、怒ると物凄い汚い言葉を使う。

この言葉がよく使われる場面としては、言葉の使い方のことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように名詞として使うのが一般的です。

「言葉使い」の例文

1.私は王族に生まれたので、普段から丁寧な言葉を使うように心掛けています。
2.物事を悪い方向に考えてもプラスにはならないので、いつも前向きな言葉を使います。
3.彼は言葉使いが巧みなので、営業成績は毎月トップを取っています。
4.彼女は時々変わった言葉を使うが、あれはどこの方言なのだろうか。
5.第一印象は言葉使いによって判断されるので、毎日正しい言葉使いの勉強をしています。

この言葉がよく使われる場面としては、言葉の使い方のことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように動詞として使うのが一般的ですが、名詞として使っても問題はありません。

「言葉遣い」と「言葉使い」という言葉は、どちらも「ことばづかい」と読みますが使い方が少し違います。名詞として使う場合には「言葉遣い」を、動詞として使う場合には「言葉使い」を使うと覚えておきましょう。

結論を言うとどちらの言葉を使っても問題はありません。ただし、どちらを使うか迷った場合は、広く一般的に使われている「言葉遣い」の方を使えば問題ないでしょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター