【退席】と【離席】と【中座】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文
今日の買取件数:20件/今月の買取件数:20件/累計買取件数:5,477件

似た意味を持つ「退席」(読み方:たいせき)と「離席」(読み方:りせき)と「中座」(読み方:ちゅうざ)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どの言葉を使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「退席」と「離席」と「中座」という言葉は、席を外すことという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。



退席と離席と中座の違い

退席と離席と中座の意味の違い

退席と離席と中座の違いを分かりやすく言うと、退席は席を外して戻らないことを表現する時に使い、離席は一時的に席を外し必ず戻ることを表現する時に使い、中座は席を外して戻るかは定かではないことを表現する時に使うという違いです。

退席と離席と中座の使い方の違い

退席という言葉は、「所用のため退席させて頂きます」「大事なパーティを退席しなければならず残念な気持ちだ」などの使い方で、席かた立ち去ることを意味します。

離席という言葉は、「離席している間に電話が掛かってきたようだ」「離席をしらせるために卓上のカレンダーに付箋を貼る」などの使い方で、一時的に席を外すことを意味します。

中座という言葉は、「新郎新婦の中座の時間にゲストもお手洗いなどを済ます」「中座させて頂きたく思います」などの使い方で、会合や談話などの途中で席を外すことを意味します。

退席と離席と中座の使い分け方

どれも席を外すことを意味しますが、退席という言葉は立ち去り戻ってこないことを表し、離席は席を一時的に離れて戻ってくることを表します。

一方、中座は席を外して戻ってくるか否かという意味合いは含んでいません。そのため、席を外して戻ってくる確証が高い順に並べると、離席>中座>退席となります。

また、ビジネス用語として他の業務のために席を外す時には離席を使い、それ以外で席を外す時や、会合や会食時に席を外す時には中座を使うとされています。

これらが、退席、離席、中座の明確な違いです。

退席の意味

退席とは

退席とは、その席から立ち去ることを意味しています。

本来は席を外して戻ってこないことを意味する言葉ですが、今日では、音声通話やビデオ通話アプリにあるステータス表示で、一時的な離席を「退席中」と表すアプリがあることから、退席という言葉に一時的離席を含む扱いがされていることがあります。

表現方法は「途中退席頂いても構いません」「ご退席をお願いします」

退席を使った表現として、「途中退席頂いても構いません」「ご退席をお願いします」「退席とさせて頂きます」などがあります。これらの表現はビジネス上で使われるだけでなく、接客業において使われることがあります。

退席の対義語

退席の対義語・反対語としては、会合や学校の授業などに出ることを意味する「出席」があります。

退席の類語

退席の類語・類義語としては、今までいた場所から退いて出ることを意味する「退出」、その集まりなどの席から去ることを意味する「退座」、許しを得て貴人のもとから退去することを意味する「罷る」(読み方:まかる)があります。

離席の意味

離席とは

離席とは、自分の席を離れることを意味しています。

ビジネス用語として使われる時には、他の業務のために一時的に席を外すことを意味しますが、今日ではネット用語としてビジネス以外の作業やゲームなどの途中に席を少し外すことにも使われています。

表現方法は「離席いたします」「離席率を下げる」「離席しております」

離席を使った表現として、「離席いたします」「離席率を下げる」「離席しております」「離席中に先輩が対応してくれた」「離席時、周囲にその旨を伝える」などがあります。

どれもビジネス上で使われる表現ですが、「席を外しております」などの言葉が使われることも多いです。

また、離席率は、パソコンの前に向かっていない時間を指す言葉です。テレワークではそういった離席などの状況を可視化するために、ビデオ通話を繋ぎながら仕事をする企業もあります。

「離席中です」は電話対応で使わない方がいい

電話対応で「離席中です」という表現を使う方がいますが、この表現もビジネスシーンで使用するのは微妙な表現とされており、「席を外しております」と表現した方が良いでしょう。

離席の対義語

離席の対義語・反対語としては、席に着くことや座ることを意味する「着席」、職場の自分の席についていることを意味する「在席」があります。

離席の類語

離席の類語・類義語としては、本来いるべき場所にいないことを意味する「不在」があります。

中座の意味

中座とは

中座とは、会合や談話などの途中で席を外すことを意味しています。

中座の読み方

中座は「ちゅうざ」という読み方をしますが、「なかざ」という読み方をすると大阪市にあった劇場や、落語などで始めの方に行う前座と最後に行う真打の間に位置する階級を指します。

表現方法は「中座することを許された」「中座させて頂きます」「ご両親と中座して頂く」

中座を使った表現として、「中座することを許された」「中座させて頂きます」「ご両親と中座して頂く」「中座して外に出る」があります。

中座は結婚式で使われることが多い

今日では、会議や会談などの話し合いの場から席を外すことを表すビジネス用語として使われるよりも、結婚式でのお色直しのように新郎新婦の一時的退場を指して使われることが多い言葉です。

中座の対義語

中座の対義語・反対語としては、決められた時間に遅れることを意味する「遅参」があります。

退席の例文

1.映画を最後まで見ることなく退席をした人は、エンドロール後の映像を見ることはないのだろう。
2.会議が長引いているが、交通の面から退席せざるを得なかった。
3.一定時間パソコンやチャットツールを動かしていないと退席中というステータス表示になる。
4.裁判中に傍聴席からヤジが飛んできたため裁判長は男に退席を命じたが、男が頑として動かなかったために半ば強引に警備の人間に引きずり出されていた。
5.わたしは他の人たちに話しかけられるのが嫌だったので、スカイプの状態を退席中と表示を変えて、恋人とひさびさのビデオチャットを楽しんだ。
6.日本の重鎮たちもそろそろいい年なのですから去り時を見極めトップの座から退席してもらえないだろうかと国民の大半は思っているだろうね。

この言葉がよく使われる場面としては、その席から立ち去ることを意味する時などが挙げられます。

例文3は、リモートワークの増加に伴い使用者が増えている、音声通話やビデオ通話をすることが出来る通話アプリに搭載されている機能です。

離席の例文

1.今では離席中であることをを知らせる離席札と呼ばれるものがあり、ユーモアに富んだグッズだと感じる。
2.パソコンを起動したまま離席する際には、必ず画面ロックを掛けるよう先輩に言われた。
3.図書館内の席を使っていた人が長時間離席しているようで、使いたいのに使えない人にとって迷惑となっている。
4.わたしがちょっと離席している間にこんなにたくさんの書類が山積みにされているともはやわざと嫌がらせしたとしか思えないでしょうよ。
5.通常の教室の授業ではトイレは休み時間に済ますが、遠隔授業ではちゃちゃっと離席したいときは離席できてしまうのでそれはメリットがあるなと思ったのだ。
6.離席中にクライアントの情報の画面を見られないようにするためにスクリーンセーバーを起動させるようにしているががさすがにアニメの画像はまずいかな。

この言葉がよく使われる場面としては、一時的に席を外すことを意味する時などが挙げられます。

席を外して戻ってくることを前提に話す場合に使われるため、戻ってこない意味を含む退席に置き換えて使うことはできません。

中座の例文

1.新郎新婦が中座する時、司会から両者にとって馴染みの深い参列者が一人ずつ呼ばれ、手を借りながら控室へと向かっていった。
2.酒に弱い先輩が食事会を中座した後、無事に帰宅できたか心配になって携帯に連絡を入れてしまった。
3.食事中の中座はマナー違反であるため、友人と居酒屋で飲む方が気楽で心地がいい。
4.新郎新婦が中座している間に友達は新婦側の女性たちと知り合っておきたかったのでへこへこ挨拶しに回っていたが、わたしにはそんな勇気はなかった。
5.中座している間に、商談がまとまっていたのでわたしは驚いて同僚に一体どんな手を使ったのかと聞いたのだがなかなか教えてはくれなかった。
6.参考人のひとりは取り調べによると電車の時間の都合があったために中座して帰宅したと言っていたが、それを証明する人物は誰もいなかったのだ。

この言葉がよく使われる場面としては、途中で席を外すことを意味する時などが挙げられます。

例文2のように、席を外した場合戻ってこない場合も中座を使うことが出来ます。

退席と離席と中座どれを使うか迷った場合は、席を外して戻らないことを表す場合は「退席」を、一時的に席を外し必ず戻ることを表す場合は「離席」を、席を外して戻るかは定かではないことを表す場合は「中座」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター