今日の買取件数:20件/今月の買取件数:480件/累計買取件数:9,801件

【お越しください】と【おいでください】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「お越しください」(読み方:おこしください)と「おいでください」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「お越しください」と「おいでください」という言葉は、どちらも来てくださいを表す敬語を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「お越しください」と「おいでください」の違い

「お越しください」と「おいでください」の意味の違い

「お越しください」と「おいでください」の違いを分かりやすく言うと、「お越しください」と「おいでください」は意味や使い方の違いはなく、どちらを使っても同じです。

「お越しください」と「おいでください」の使い方の違い

一つ目の「お越しください」を使った分かりやすい例としては、「当日は17時までにお越しください」「ご来院の際は出来るだけ余裕を持ってお越しください」「ぜひまたお越しくださいませ」「受付カウンターまでお越しください」などがあります。

二つ目の「おいでください」を使った分かりやすい例としては、「当日は余裕を持っておいでください」「来年新居が建つのでぜひおいでください」「明日の発表会にご参加の方々は12時までに会場においでください」などがあります。

「お越しください」と「おいでください」の使い分け方

「お越しください」と「おいでください」はどちらも来てくださいを表す敬語を意味しており、使い方に違いはないので好きな方を使っても問題ありません。

余談ですが、京都の料亭では予約なしで来たお客さんには「おいでやす」を、事前に予約した来たお客さんには「お越しやす」を使って迎えるそうです。

「お越しください」と「おいでください」の英語表記の違い

「お越しください」も「おいでください」も英語にすると「please come」となり、例えば上記の「受付カウンターまでお越しください」を英語にすると「Please come to the reception counter」となります。

「お越しください」の意味

「お越しください」とは

「お越しください」とは、来てくださいを表す敬語を意味しています。

表現方法は「お気をつけてお越しください」「手ぶらでお越しください」

「お気をつけてお越しください」「手ぶらでお越しください」「宛てにお越しください」などが、「お越しください」を使った一般的な言い回しになります。

「お越しください」の使い方

「お越しください」を使った分かりやすい例としては、「明日は雪の予報がありますのでお気をつけてお越しください」「夜になると店内は込み合いますのでゆっくりしたい方はお早めにお越しください」「せっかくの連休なので家族みんなでお越しください」などがあります。

「お越しください」は「来てください」の敬語表現

「お越しください」は「来てください」を敬語表現にした言葉です。「お越し」は行くや来るの尊敬語で、「ください」は「する」の尊敬語になります。

「お越しください」は同じ種類の敬語を重ねているので、二重敬語だと勘違いしやすいですが、正しい敬語になります。二重敬語とは「ご覧になられる」「お帰りになられる」などのように、一つの単語に同じ種類の敬語を重ねた場合を指します。

「お越しください」は正しい敬語表現であるため、ビジネスシーンで使うのことが可能です。また、目上の人に対しても使っても問題ありません。

「お越しください」の類語

「お越しください」の類語・類義語としては、来てくださいの敬語表現を意味する「いらっしゃってください」、来てくれたら嬉しいことを意味する「お立ち寄りください」、わざわざ来てくれたことに感謝すること意味する「ご足労をかけます」などがあります。

「おいでください」の意味

「おいでください」とは

「おいでください」とは、来てくださいを表す敬語を意味しています。

表現方法は「おいでくださいました」「ようこそおいでくださいました」

「おいでくださいました」「ようこそおいでくださいました」などが、「おいでください」を使った一般的な言い回しになります。

「おいでください」の使い方

「おいでください」を使った分かりやすい例としては、「本日はようこそおいでくださいました」「いつでもお気軽においでください」「面接は明日15時に行いますので時間厳守の上おいでください」「遠方からよくおいでくださいました」などがあります。

「おいでください」は「来てください」を敬語表現

「おいでください」は「来てください」を敬語表現にした言葉です。「おいで」は行くや来るの尊敬語で、「ください」は「する」の尊敬語になります。

「おいでください」は同じ種類の敬語を重ねているので、二重敬語だと勘違いしやすいですが、正しい敬語になります。二重敬語とは「ご覧になられる」「お帰りになられる」などのように、一つの単語に同じ種類の敬語を重ねた場合を指します。

「おいでください」は正しい敬語表現であるため、ビジネスシーンで使うのことが可能です。また、目上の人に対しても使っても問題ありません。

「おいでください」の漢字表記

「おいでください」を漢字にすると「御出でください」と表記することができますが、あまり一般的ではありません。

「おいでください」の類語

「おいでください」の類語・類義語としては、相手がこちらに来ることを敬う表現のことを意味する「いらしてください」、来てくださいをさらに丁寧にした表現のことを意味する「ご来訪ください」などがあります。

「お越しください」の例文

1.当日は雨天決行ですので、お手数をお掛けしますが、雨具を持参してお越しください。
2.当日のご予約状況によってはお待たせする可能性ございますので、お時間に余裕を持ってお越しください。
3.明日11時より開店記念セールを実施いたしますので、ぜひお越しくださいませ。
4.会場にはご料理も用意しているので、手ぶらでお気軽にお越しください。
5.明日は猛暑で35度を超える予報ですので、熱中症に気をつけてお越しください。

この言葉がよく使われる場面としては、来てくださいを表す敬語を表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように「お越しください」は敬語なので目上の人に対しても使うことが可能です。

「おいでください」の例文

1.来月絵画の個展を開催することになったので、よろしければおいでください。
2.来週イベントを開催する予定です、ぜひ友人も誘っておいでください。
3.私たちはいつでも歓迎なので、お近くにお越しの際にはぜひおいでください。
4.料理や催しものはこちらで用意していますので、お気軽に手ぶらでおいでください。
5.来週から大型連休というせっかくの機会なので、友人達も連れて大勢でおいでください。

この言葉がよく使われる場面としては、来てくださいを表す敬語を表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように「おいでください」は敬語なので目上の人に対しても使うことが可能です。

「お越しください」と「おいでください」はどちらの言葉を使うか迷った場合、来てくださいを表す敬語を意味しており、使い方に違いはないので好きな方を使っていいと覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター